ここは屋久島

アクセスカウンタ

zoom RSS メジロのとんだ災難

<<   作成日時 : 2015/11/18 06:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


散歩から帰ってきたらベランダに1羽の小鳥が転がっていました。「あ〜、またやったな」と瞬間的に理解した。居間の引き戸のガラスに体当たりしてしまったのだ。
年に何回か鳥がこのガラス戸にぶつかり脳震盪を起こしたり死んでしまったりするのだ。鳥は目が悪いのだろう、透明ガラスの存在に気がつかないのだ。
見ると目の周りの白さが無くなっていたがどうやらメジロらしい。既に死んでいるようだ。
画像



ちなみに、居間からガラス戸越しに外を撮るとこんな感じ。少し大きめの引戸だがもちろん人間はぶつかったりしない(笑)
画像



可哀想に思いかあさんが手で持つとまだ体が暖かいと言う。衝突して間もないようであった。
「ちょっと動いたよ」と言ったが間違いであった。確かにまだ生きているようにも見えた。
画像

画像



このメジロにとってはとんだ(飛んだ?)災難であった。おそらく全速で飛んできてガラスに体当りしてしまったのであろう。
この後、かあさんがこのメジロを前の空き地に埋めてあげました。生まれ変わったら今度は注意しなさいとでも言ったのでしょうか。
屋久島には多くのメジロが生息しています。これからポンカンやタンカンが熟してくるとヒヨドリと共にこれらを啄み穴を開けてしまうので嫌われ者になります。
でもヒヨドリと違いメジロの方は体が小さいので可愛いと思うのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
透明なのでガラス戸にぶつかる---。
よくあります。
町中でも、時にぶつかってビックリすることもメジロには、災難でした。
行き当たりばったり
2015/11/18 07:50
可哀想なことをしましたが、仕様がないですよね、行き当たりばったりさん。鳥目とはよく言ったものです。
屋久島ジージ
2015/11/18 09:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
メジロのとんだ災難 ここは屋久島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる