ここは屋久島

アクセスカウンタ

zoom RSS 自然の描く絵

<<   作成日時 : 2015/11/30 06:17   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2


散歩道の途中にコンクリートの塀があり、そこに植物の蔦がへばり付いています。それが見ようによっては誰かが描いた絵画のように見えるから不思議です。
この植物の名前は何だか分かりませんが屋久島ではよく見掛けます。場所によってはもっと全体に広がり大きなカンバスに絵が描かれています。
この場所は年月が浅いのかまだ全体に広がってはいません。
斜めから見ると何だか分かりませんが、
画像



正面から見ると壁に木の絵が掛かれているかのようです。
画像



コンクリートの壁にピッタリとくっ付きながら成長している植物です。
画像

画像



間近で見るとこんな細かな葉がびっしり。毎日少しずつ伸びているのでしょう。
画像

画像



またひかりのかげんによってはこんな風に見えます。2本の木が壁に描かれています。
画像



この植物、伸び方によって色々な絵を見せてくれます。この絵はまだビギナーですかね。
年月が経てばまた違った形に見えるかもしれません。
何れにしても自然が創り出す芸術品ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
塀を這う植物を絵に見立てるとは---
発想が素晴らしい
さて、何に見えるでしょう??
やはり---木
行き当たりばったり
2015/11/30 07:37
そうですね、これは明らかに木の絵です。
屋久島の北部見たのはもっと大きくて動物の絵になっていたような気がします。
自然が描く絵ですから何になるか分らないところが面白いですよ、行き当たりばったりさん。
屋久島ジージ
2015/11/30 13:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
自然の描く絵 ここは屋久島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる