ここは屋久島

アクセスカウンタ

zoom RSS 豆太の本能

<<   作成日時 : 2016/01/23 06:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4


我が家の愛犬豆太、今年の夏で7歳になる。雑種で柴犬の血が入っているのではないかと思われる大きさと毛並みである。
そんな豆太の本能を見せつけられた。血統のどこかに狩猟犬の類がいたのかもしれないと思わせる行動であった。
散歩をするために目の前の空き地に出た時のことである。やけにリードを引っ張るので、私も走ってリードが離れないようにした。豆太は空き地の隅の薮に向かって猛烈に突っ込んだと思ったら、次の瞬間口に何かを咥えて出てきた。ん?
鳥である。シロハラ、この時期屋久島で一番多く見られる鳥で、高いところを飛ぶのが苦手で地面スレスレを飛ぶ事が多い。また、車や人が数メートルのところまで近付いても逃げない暖気というかアホな鳥である(失礼)。家の大きな窓ガラスにもぶつかって死んでしまうくらいだから、注意緩慢な鳥なのだろう。
画像

画像



見よ、この得意げな顔。短いリードが付いていても生きている鳥を捕獲するすばしこい豆太である。本能丸出しだ。
画像



豆太は一度咥えると頭を叩こうがどうしようがなかなか離さない。
暫く噛んでいたが口の中が羽でいっぱいになってしまい苦しくなったのか、ようやく離した。ゲーゲーしている。
気の毒なことにシロハラはもう動かない。とんだ災難だったね。
画像

画像


この後、かあさんがこのシロハラを埋めてあげたが、まだ体が暖かかったという。
豆太は散歩の途中でよく小鳥を咥えるがそれは死んでいる鳥である。今回のように生きた鳥を捕まえるのを見た初めての経験である。リードを離したらいったいどれだけの鳥を襲うか分らない。本能とはいえシロハラには気の毒なことをした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪
以前、飼っていた猫は、小鳥・カエル・ゴキブリ等などを捕まえてきては、母の前に置いて、
お母さんホメテチョウダイ !でしたよ。
豆太ちゃんは、自然がいっぱいの屋久島で、狩猟犬の血が騒ぐのでしょうね〜 (=^ェ^=)
くるりんねこ
2016/01/23 21:37
そうですか、猫ちゃんはそんなに色々なものを捕獲するんですね。お母さんもびっくりぽんですね。
豆太もリードを放したら、猫ちゃんのように捕った獲物を私の前に持ってきますかね、くるりんねこさん(笑)。
屋久島ジージ
2016/01/24 06:18
こんにちは。
やはり犬、狩猟本能があったのですね。
りっぱです
たしかに鳥さんには気の毒をしました。
行き当たりばったり
2016/01/24 12:28
本能というものは抑えられないものなのでしょうね。
生きるために必要不可欠なもで、きっとDNAに組み込まれているのでしょうかね、行き当たりばったりさん。
屋久島ジージ
2016/01/24 14:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
豆太の本能 ここは屋久島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる