ここは屋久島

アクセスカウンタ

zoom RSS ツワブキの季節

<<   作成日時 : 2016/02/23 06:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


最近農道を歩いていて突然雑木林の中から人が出てきてビックリすることが度々あります。手には必ずツワブキを抱えています。今はツワブキの新芽が出る時期なのです。
屋久島はいたるところにツワブキが自生しています。特に私が住む屋久島南部の海よりの場所では早春の今いち早く茎の柔らかなツワの新芽が出るのです。その新芽を狙って屋久島の他の集落からも人がやって来るのです。
我が家の裏にある雑木林にもツワブキがいっぱい自生しています。
画像

画像

画像



白っぽい茎が新芽の茎です。地元の人はこれを採って色々な料理にして食べます。普通の蕗と同じように甘辛いキャラブキにもします。
画像

画像

画像



葉っぱもまだ完全に開き着る前です。こんなツワを沢山抱えて雑木林から人が突然現れるのです。
画像



日のあたる場所では花が終わったツワブキが綿帽子を付けています。
画像

画像



ツワを料理に使うには皮を剥いてアク取りをしなければなりません。手が真っ黒になってしまいます。採るのは簡単ですが食べるまでは時間がかかります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
たくさん生えています。自然の恵み。
飢餓時代が長かったから、大昔から食べることに、かなりの苦労をしたのでしょうね。
いろいろ工夫して、食べることに--。
その御蔭で、今こうして美味しいツワブキを食べられる--。
皮剥の苦労もいずれ解消されるのでは---
行き当たりばったり
2016/02/23 08:31
自然の恵みですかね、行き当たりばったりさん。
ツワは海の近くで群生しますから、きっと離島では昔から食べられていたのでしょうね。
春の到来を感じさせる風物詩でもありますね。
屋久島ジージ
2016/02/23 08:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツワブキの季節 ここは屋久島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる