ここは屋久島

アクセスカウンタ

zoom RSS ケタンキの花

<<   作成日時 : 2017/01/10 07:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


屋久島では垣根のほとんどがケタンキである。ハマヒサカキのことを屋久島ではケタンキと呼ぶ。
潮風や寒さに強く、防風林としての役割も担っている。成長が早く切っても切っても延びてくるので毎年のように切っている家もある。
我が家も例外ではなく南側以外はすべてこのケタンキを垣根としている。ただ、切らないのでどんどん伸びてしまった。
写真は我が家の東側、両サイドにケタンキが植えられている。
画像


そんなケタンキから冬になるとちょっと独特の香りが漂う。香りと書くと良い匂いのように感じるが最初にこの匂いを嗅いだときは異臭に感じたくらい良い匂いとは言えない。
匂いの原因はこの時期に咲く花だと思う。枝にビッシリと小さな花が無数に咲く。
画像

画像

画像


花の後は実になる。真っ黒い実が花の数だけ生るのだから凄い量である。今の時期は花と実が混在している。もしかしたらこの実も匂うのかもしれない。
画像

画像

画像


この記事を書くのでネットでちょっと調べたら、ハマヒサカキの花の匂いをガス臭と間違える人が結構いるようで、中にはガス会社の人を呼んでしまったケースもあるようです(笑)
そう言われれば確かにガスの匂いですね。今まで何で気がつかなかったのでしょうか。我が家にはガス設備がないので思いつかなかったのでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
ケタンキですか!
異臭とか---ガスのにおい---イメージわきませんが、一度嗅げば、けっして忘れないでしょうね。
花も実も−−見た目、いいのに
行き当たりばったり
2017/01/10 08:24
屋久島に移住して最初の冬この匂いを嗅いだときは何だろうかといろいろ探しましたよ、行き当たりばったりさん。
普通花の匂いは良い香りがするものですけれど、なんでこんな匂いを吐き出すのでしょうかね(><)
屋久島ジージ
2017/01/10 09:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
ケタンキの花 ここは屋久島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる