ここは屋久島

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年も子供たちが「祝い申そう」

<<   作成日時 : 2017/01/11 06:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ちょっと日にちが経ってしまいましたが、1月7日はいろいろな行事が屋久島の各集落ごとに行われます。
「鬼火焚き」と呼ばれる鬼を火で燃やす神事や子供たちが各家庭を回り1年間の家内安全を祈念した甚句?を歌う「祝い申そう」という行事があります。いずれも東京やその近郊ではなかった正月の行事で移住した当初は何をどうしたらよいのか分からず戸惑ったものです。
夕方我が家にも「祝い申そう」の子供たちがやって来ました。今年も15人ほどの子供たちが玄関で家内安全の甚句(歌)と奇声?を上げてくれましたよ。
残念ながら歌の歌詞は私にはまったく分からないのですが、おめでたい言葉や厄を払う言葉が含まれているのでしょうね。
画像

画像


祝い申そうの行事、昔は各家庭でおもてなしをしたそうです。子供にはお菓子、青年にはお酒などを振舞ったと聞いています。現代はそれに変わるおもてなしとして子供たちのためにお菓子類、青年団のために一升瓶や金一封を用意します。
実はこの日うっかり祝い申そうがあることを忘れていて、地域放送で知りあわててスーパーにお菓子を買いに出かけました。何とか間に合って子供たちにはお菓子をいっぱい、青年団には金一封を渡すことが出来ホッとしました。
これで今年も1年間無事に過ごせることでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
恒例の行事、子供たちも大人も、そして祝いを受ける地域の方も、みな季節の節目として楽しみにしているのでしょうね。特に子供たちにとっては最高のイベント
行き当たりばったり
2017/01/11 07:54
そうですね、特に子供たちはこの日を楽しみにしているでしょうね、行き当たりばったりさん。お菓子がいっぱいもらえて幸せいっぱいです(^^)
屋久島ジージ
2017/01/11 14:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年も子供たちが「祝い申そう」 ここは屋久島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる