ここは屋久島

アクセスカウンタ

zoom RSS 県道沿いの木々の伐採

<<   作成日時 : 2017/01/31 06:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


先日来小島集落あたりの県道沿いで木を切るチェーンソーの音が鳴り響いていた。農協が重機をトラックで運んできて大きな木から小さな木まで伐採したのだ。県道沿いの木々が育ち、電線に届くくらいになったため送電に支障をきたすからだなのだが、何で農協?と思われるでしょう。
実は屋久島南部の電気供給は農協がやっているのです。ですから私たちは電気の使用料金を農協に払っているのです。ですから農協が電気供給を安定させるための処置なのです。台風などで大風が吹くと木が揺れて電線を切ってしまう恐れがあるからです。1週間ほどかかったでしょうか今まで木で被われていた県道沿いがサッパリしました。
画像

画像

画像


伐採した後の写真です。かなり大きな木も切ってありました。
画像

画像

画像


これなんか大きいですよね。
画像


この木はもともと腐っていたのでしょうか折れたようです。こんなのが道路に倒れてきたら大変なことでしたね。
伐採された木々は薪にするのでしょうか、車で拾いに来る人がいてあらかたなくなりましたが、これは重すぎて持てなかったのでしょうかね。
画像


屋久島の電気供給は複雑で、一部の地域は九州電力が担っていますが他は全て屋久島電工という会社が作り出す電気を利用しています。それを農協が買い取り各家庭に供給するという仕組みです。屋久島では電気の自由化による競争原理はまったく意味がありません。生活インフラは国民が等しく受けられる権利なのですが、ここでは昔からのローカルルールがあるのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
なるほど--です。
そういえば、太陽光発電の話は、なかったような
どうなんでしょう?
メンテナンスが大変?雨風、台風などで--
行き当たりばったり
2017/01/31 07:42
電力販売について屋久島は特別な場所なのです。たぶん法律の枠の外でしょうね。
我が家ではソーラーパネルで発電していましたが今は故障してしまいました(><)太陽光発電で元を取るのはなかなか大変ですよ、行き当たりばったりさん。
屋久島ジージ
2017/01/31 10:22
こんばんは♪
雑木が大きく育ち、道の上に枝葉を広げ、夏なら良い木陰を作ってくれます。しかし、台風が来れば電線・電話線の断線の原因となりますね〜
チェンソーでバッサリ切って、見た目も気持ち良いですね!
日頃からの維持管理を感謝ですね〜 (=^ェ^=)♪
くるりんねこ
2017/01/31 22:01
床屋さんに行ったようにサッパリして気持ちが良いですよね、くるりんねこさん。
でもチェーンソーは取り扱い注意ですよね。
屋久島ジージ
2017/02/01 07:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
県道沿いの木々の伐採 ここは屋久島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる