アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「自然」のブログ記事

みんなの「自然」ブログ

タイトル 日 時
もう直咲きそう、野アザミの花
もう直咲きそう、野アザミの花 2月22日の記事でアザミの葉っぱについて書きましたが、あれから3週間、再び覘いて見ると中央から茎が伸びてきていました。いつの間にこんなに大きくなったのであろうか。自然の力って凄いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/12 06:18
早くもイチゴの花が
早くもイチゴの花が 農道を散歩していたら白い花が目に入った。イチゴの花だ。もちろんイチゴと言っても野いちごだ。もう咲き始めたのか、春が近づいていることが実感できる。 雑木林の手前で真っ白な花が数厘咲いている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/17 06:58
自然に見る色々な種
自然に見る色々な種 今の時期農道を散歩すると植物は花よりも種が目に付きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/16 06:16
屋久島にも寒波到来
屋久島にも寒波到来 屋久島もこのところ寒い日が続いています。2月11日建国記念の日は朝から雨模様で猛烈な?寒さでした。時折パラパラと音がしたのは霰(あられ)でした。寒いはずです。この日は一日中暖房を入れっぱなし、電気代もだいぶ嵩んだことでしょうね(><) 私の住んでいる屋久島南部の前岳(里に面した山々)も薄っすらと雪化粧でした。奥岳では相当に雪が降ったことでしょう。 いつもは長閑な感じのするこの場所からの風景も寒々しい感じがしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/12 06:26
サツマサンキライ(山帰来)の花
サツマサンキライ(山帰来)の花 雑木林で可憐な花を見つけた。サンキライ(山帰来)の花だ。サンキライで調べると蔓性の落葉樹とあるが屋久島ではあまり落葉はしない。 サンキライは別名サルトリイバラ(猿捕茨)と呼ばれ、棘が猿を捕らえるほどだとのこと。本当かな。 ただし屋久島に自生しているサンキライは正確に言うと同種のサツマサンキライという植物で日本では宮崎以南に自生しているとのこと。 写真は全体像、蔓性だということが分かる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/02/09 06:33
霞む空PM2.5か
霞む空PM2.5か 昨日6日、かあさんが無事に帰ってきた。実はこの日屋久島の北東部では強風が吹いていて屋久島空港の近くではおそらく15m以上あったのではないか。従って大阪からかあさんを乗せた飛行機も条件付の飛行で、着陸できない場合は引き返すこともあるという条件で飛んだ。まあ屋久島便の場合条件付の飛行は珍しいことではないが少し心配した。しかしプロペラ機は風下から滑走路にしっかりと着陸した。ホッ。 そんな強風が中国から大気汚染の空気を運んできたのか快晴なのに空が霞んでいた。 海も強風で波が高くこの日はフェリーも... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/07 06:36
屋久島はハゼノキの当たり年
屋久島はハゼノキの当たり年 本ブログでも度々取り上げているハゼノキだが、1月半ばを過ぎてから益々その赤さが目立つようになってきた。移住してから12年、こんなにハゼノキが目立った年はなかった。何故だろうか。 私が住む屋久島南部ではどこを歩いても真っ赤に紅葉したハゼノキばかりが目に入ってくる。まるで花が咲いたかのように鮮やかである。昨年までもハゼノキは同じくらいあったはずなのだがこんなに赤さが目立つことはなかったのに。 何箇所かで写真を撮ってきたので載せておきます。ただ写真に撮ると部分的になってしまい、いその見事さが伝... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/02/05 06:42
盛りを過ぎたサキシマフヨウ
盛りを過ぎたサキシマフヨウ 9月の終わりから10月初旬にかけて咲き始めた屋久島のサキシマフヨウ、11月も中旬を過ぎてそろそろ盛りが終わった感じです。 サキシマフヨウは南西諸島では自然の中でどこでも見られる繁殖力の高い植物です。花はピンク色、薄いピンクそして白があります。私の住む屋久島の南部では薄いピンクか白が多いですね。 場所を選ばずこぼれ種で増えていきます。 何箇所かで写真を撮ってきました。 白い花です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/21 06:18
屋久島のスーパームーン
屋久島のスーパームーン 11月14日は満月で、しかもスーパームーン(普段の満月より大きく見える)中のスーパームーンで何と68年振りだったそうですね。月と地球の距離がかなり近づいているからだそうです。次に見られるのは18年後だそうですから、私はもう見られないかもしれません。どうしても見たかったのですが・・・ 残念ながらスーパームーンの当日屋久島は雨でした。お月様はまったく見えませんでした (><) 月が見えたのはその翌日、11月15日(昨日)でした。満月の翌日ですから16夜、まあほぼ満月ですよ。それに地球との距... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/11/17 06:17
珍鳥ハシブトゴイ屋久島で発見か
珍鳥ハシブトゴイ屋久島で発見か 10月5日の南日本新聞社会面に面白い記事が載っていましたのでご紹介しておきます。たまたま私の知っているガイドさんが最初に発見したとのことで余計に興味がわきました。 屋久島の安房川で非常に珍しい鳥が観察されたとのニュースでした。その名前は「ハシブトゴイ(嘴太五位)」と言います。私ももちろん初めて聞いた名前です。まだハシブトゴイと確定したわけではない(専門家の判断を待つ)とのことですが、本当なら大発見です。 切り取った新聞記事です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/09 06:16
見事な鱗雲、鰯雲
見事な鱗雲、鰯雲 テニスをしていて休憩時に空を見上げたら変わった雲の世界が広がっていました。あまりにも見事な雲だったので写真に撮ってきました。 あるところから別れ、北(山側)半分は普通の夏の雲、南側(海側)半分は奇妙な曲線で区切られそこには鰯雲とか鱗雲とか呼ばれる秋の雲が広がっていました。 写真はちょうど境目のところですが、写真を撮っている間にも刻々と姿が変わります。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/07/25 06:21
自然の描く絵
自然の描く絵 散歩道の途中にコンクリートの塀があり、そこに植物の蔦がへばり付いています。それが見ようによっては誰かが描いた絵画のように見えるから不思議です。 この植物の名前は何だか分かりませんが屋久島ではよく見掛けます。場所によってはもっと全体に広がり大きなカンバスに絵が描かれています。 この場所は年月が浅いのかまだ全体に広がってはいません。 斜めから見ると何だか分かりませんが、 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/30 06:17
初冠雪
初冠雪 TVのニュースで12月5日には鹿児島の桜島でも初冠雪が見られたという。同じ日我が家の北側に見える割石岳の頂上辺りが白く見えた。屋久島南部で里から見える山で今年の初冠雪であった。屋久島も高い山が多いので、奥岳(里からは見えない奥にある山々)ではとっくに雪は降っていると思うが、里から冠雪した山が見られるとやはり冬を感じる。 写真右端はモッチョム岳、左端が割石岳である。同じように横にあるが、割石岳のほうがずーっと奥にあるし、標高も高い。でもこの写真では雪らしきものは見られない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/12/11 06:32
雲のある風景
雲のある風景 冬に向かう屋久島は北西の風が吹くことが多いので、雲は西から東に流れる。夏の入道雲と違いこの時期の雲は低く黒いのが特徴だ。快晴の日もあるが、雲のかかる日のほうが多いかもしれない。 この冬の雲はその雲間から太陽の光が筋状に漏れ出ることが多い。雲は刻々と流れるのでどんどんその姿が変化するのが面白い。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/12/08 06:27
テニスコートで低い虹を見た
テニスコートで低い虹を見た ここのところの屋久島の天気は晴れ、曇りそして雨が入れ替り立ち替りである。 この11月よりテニスは月水金の3回行うようにしている。この日は朝から小雨が降り、テニスがやれるかやれないか微妙な天気であった。私たちが住んでいる平内とテニスコートのある安房地区は20kmも離れているので、判断が難しかった。結局現地に行って判断することにした。 駐車場に着いたら雨は小雨で、何とかテニスが出来た。駐車場から山側を見ると低い位置に虹がかかっていた。おそらく山側は雨が降っているのだ。反対側の太陽光により虹が... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/11/27 06:24
秋の朝焼け
秋の朝焼け 秋も深まってきた屋久島。秋の屋久島は夕日が海に沈むシーンが美しい。 夕日も綺麗だがこの時期は朝焼けも見事である。特に東の空に雲があるときに綺麗な朝焼けを拝むことができる。 我が家から見た朝焼け。雲が紅く染まり幻想的にすら感じる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/11/03 06:28
ハマユウ(浜木綿)の群生
ハマユウ(浜木綿)の群生 屋久島の西、栗生の青少年村の海岸はハマユウの群生地である。毎年孫たちが来て遊ぶ塚崎海岸とは反対側の海岸である。ここの海は結構深くダイビングスポットでもあり、多くの魚が見られる。 海岸のハマユウは既に盛りは過ぎていたようで、花が終わり始めていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/08/21 06:04
口永良部島が噴火
口永良部島が噴火 8月3日、TVを見ていたら突然テロップが流れた。何だろうかと目を凝らしたら、口永良部島の新岳が噴火したというニュースであった。 口永良部島は屋久島の西北約12kmに位置し、行政的には屋久島と同じ屋久島町に属する。人口は135人程度の小さな島で、良い温泉がいくつかある。屋久島との間には町営船のフェリー「太陽」が定期運行されている。私も数年前に釣りをしに行ったことがあるが、非常に静かでのんびりとした島である。 そんな口永良部島が1980年9月以来34年ぶりに噴火したという。 噴火の翌日口永... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/08/05 06:09
不気味な感じの夕焼け
不気味な感じの夕焼け 台風が来る直前の夕方、居間から見た空の色が突然黄昏色に変化した。生暖かく柔らかい風が吹き、不気味な雰囲気を醸し出した。 いかにも台風が来そうな感じであった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/08/04 06:02
くもが山のようだ
くもが山のようだ まるで向こうに山があるように見えた。向こうは大海原なので山なんかあるはずが無いのだが、あまりに大きな雨雲で海も暗くなり、そこから巨大な山が迫ってきているかの錯覚を覚えた。 海絵と続く一本道から見えた風景である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/06/27 06:09
低い雲が流れる風景
低い雲が流れる風景 梅雨どきの屋久島らしい風景を犬の散歩の途中で写真に撮ってきた。 屋久島は周りを海に囲まれ、島の中央部には高い山々(奥岳)がある。そして奥岳を包むように人の住む里の周りには前岳と呼ばれる比較的低い山々が囲んでいる。前岳の高さは数百メートル、低い山は300m〜400m程度である。 その前岳に細長く雲が掛かっていた。いかにもこの時期の屋久島らしい風景ではある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/06/21 06:07
屋久島南部に霰(あられ)が降った
屋久島南部に霰(あられ)が降った 寒い、寒い! 11月29日の朝、空が薄暗くなったと思ったら突然雷の轟音が轟いた。次の瞬間、屋根やベランダがバチバチと音をたてた。そして雨に混じって空から白いものが落ちてきた。 小さな氷の塊であった。霰(あられ)だ。 8年以上屋久島の南部に住んでいるが、極めて稀である。もしかしたら我が家で見るのは初めての体験かもしれない。 庭の芝生の上に白い物が点々としているのが分かる。 それでも、ハイビスカスが咲いているのが屋久島らしい。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/11/30 06:41
屋久島の日の出、日の入り時間
屋久島の日の出、日の入り時間 朝晩がかなり冷え込んできた屋久島、私が住んでいた関東地方と比べると、日の出が遅くその分日の入りも後ろにずれて遅くなる。 この時期関東の日の出は6時半頃、日の入りは夕方の4時半頃である。対して屋久島の日の出は7時頃、日の入りは夕方5時半ごろである。日の出で約30分、日の入りで約1時間のギャップがある。 私は毎朝30分ほど犬の散歩をする。家を出発するのは6時半ごろで戻るのが7時ごろである。家を出るときはまだうす暗いが、戻る頃には日が上がり始めている。 家を出て10分ほどの東の空、朝焼けが美... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/28 06:24
秋の朝焼け
秋の朝焼け 秋だな〜。屋久島の日の出も6時半ごろになってきた。 私の日課のひとつである毎朝2頭の愛犬の散歩。夏の間は朝6時頃には家を出ていたのだが、だんだん遅くなってきて、今では早くても6時20分、遅いときには6時半を過ぎてしまう。明け方は涼しいし、明るくなるのが遅くなって寝やすいのでついつい寝坊してしまうのだ(><) この日も6時半ごろに散歩に出かけた。東の空には雲があってなかなか日が昇って来ない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/08 06:10
夕焼け
夕焼け 久しぶりの雨が約2日間続き、2日目の夕方雨が止んだ。 夕方7時過ぎ西の空が赤い。青と赤とのグラデーションが美しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/07 05:58
低く流れる雲
低く流れる雲 屋久島は水の島です。水の島の元は雨です。雨の元は雲ですね。 その雲が前岳を低く流れていました。こんな景色も屋久島ならではです。 写真右端はモッチョム岳です。他の前岳は雲に隠れていて見えません。いかに雲が低いか分かりますね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/02/27 07:15
海のグラデーション
海のグラデーション この日屋久島南部は、ほぼ一日中薄曇りであった。 この日もベランダの修復作業のため材木を加工していた。ふと海を眺めたらブルーのグラデーションが広がっていた。薄曇りでも海がこんなに美しく見える時もあるのだ。 我が家の南には海が広がっているのだが、雑木で視界がさえぎられている。一部だけ逆三角形に海が開けている場所があって、そこからグラデーションになった海が見えたのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/18 07:15
竜巻の卵?
竜巻の卵? 「健康の森公園」の陸上競技場を見に行った帰り、海の方に奇妙な形の雲を発見、何だこりゃ。 写真中央厚い雲があるが、そこから下に伸びてきている一本の黒い線が見えるだろうか。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/10/21 07:21
客人と大川の滝へ
客人と大川の滝へ 屋久島の我が家にやってきた以前の隣人ご夫妻、カヤックに乗る前に時間があったので大川の滝(おおこのたき)にご案内しました。朝比較的早い時間であったせいか、連休中だと言うのに、他に人がおらず一人占め状態で滝を見学できました。 日本名瀑100選の一つ、大川の滝の雄姿です。相変わらず水量が豊富でした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/07/21 06:39
すわ、梅雨明けか?
すわ、梅雨明けか? 前日までジトジト雨が降っていた屋久島南部、この日はスカッと快晴、気温もグングン上がった。まるで梅雨明けのよう。 まだ山には低い雲がかかっていたが、空は真っ青、一気に梅雨明け模様。 久しぶりの快晴、やっぱり気持ちが良いな(^^) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/07/01 06:19
奇跡的に見られた金環食
奇跡的に見られた金環食 5月21日は日本中が金環食一色、日本列島の太平洋側ではほとんどの地域で金環食が見られたようだ。 南九州地域は日本で金環食が最初(午前7時20分)に見られるということで、屋久島でも期待している人が多かった。 そんな中で、南九州方面は朝から厚い雲が覆い、東風も強い最悪の条件となってしまった。 私が住む屋久島南部でも朝6時ごろは雨が拭き付ける悪天候で「こりゃ、金環食は無理だな」と判断せざるを得なかった。 ところが7時を過ぎたあたり、それまで真っ黒だった東の空にところどころ青い空が見られるように... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/05/22 06:40
群生するテッポウユリ
群生するテッポウユリ 先だって、テッポウユリが咲き始めた記事を書きましたが、屋久島の南部では今テッポウユリが目いっぱい咲いています。 この前、蕾の状態をご紹介した畑の土手に群生しているテッポウユリもご覧の通りみんな競うように咲いていました。 緑の雑草の中、真っ白なテッポウユリの花が目立ちますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/20 06:21
屋久島の風の力
屋久島の風の力 屋久島では雨が多いと言われるが、風も非常に強く吹く。 私がよく行く平内海中温泉、その駐車場にその証拠(痕跡)を見つけた。何十回も何百回もここに車を止めていたのだが、今まで気が付いていなかった。 この日車を止めて、何となく駐車場の木々を見たら、えっ、こんなに曲がっていたのかと初めて気がついた。 多分樫の木だろうが、海から吹き付ける西風にあおられて、こんなに左(東側)に曲がっていたのだ。風の力、侮るべからずである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/05/17 06:16
うろこ雲
うろこ雲 テニスをしていたら、突然空がうろこ雲で覆われてしまった。すごい、すごい。 春だというのに秋のような感じ。 それにしても、空全体を覆うこのようなうろこ雲は珍しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/08 07:14
明星岳(651m)に登る(その1)
明星岳(651m)に登る(その1) 2月19日の日曜日、いつもテニスコートから眺めていた三角の山、明星岳に初めて登った。いや、登ってきたと言うより楽しく行ってきたという感じ。 明星岳はあまり観光客が行かない山だ。そして安房の岳参りの山でもある。 2年ほど前の私のブログでもご紹介している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/21 07:18
カブトムシの幼虫
カブトムシの幼虫 かあさんの畑で土造り作業をした。「ぱからさん」からいただいた馬糞の堆肥が畑の隅に蓄積してある。畑に苗を植える穴を掘り、堆肥をそれの穴の中に撒いた。これで1カ月ほどすると、良い土が出来上がる。 その時、堆肥の中から何か出てきた。写真中央やや右下。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/02/03 07:20
光のシャワーが海に落ちる
光のシャワーが海に落ちる 毎度のことで、屋久島では珍しくないかもしれません。それでも何故かこの光景を見るとシャッターを押したくなる衝動を抑える事が出来ません。不思議です。 雲の合間から漏れた太陽の光がシャワーのように海に降り注ぎます。いわゆるエンジェルカーテンですが、同じものは2つとありませんから、毎回違う光景を楽しませてくれます。 向こうに見える白く光っている海面には太陽の光が当たっているのでしょうかね。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/16 06:57
早くも杉花粉か
早くも杉花粉か 花粉症の方には嫌な話だが、屋久島では早くも杉がいっぱいの花粉を抱えだしましたようだ。 私の家のすぐ近くにある杉の木を見たら、ご覧のように杉花粉が膨らんでいた。 この写真ではちょっと見辛いですが、 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/05 07:05
屋久島のジョロウグモ
屋久島のジョロウグモ 屋久島には蜘蛛それもジョロウグモが多く生息している。ジョロウグモにも2種類があるらしい。屋久島で見かけるのは普通のジョロウグモかオオジョロウグモか分からないが、とっても大きいのもいる(3cm〜5cm)から、もしかしたらオオジョロウグモもいるのかもしれない。 ともかく屋久島のジョロウグモの糸は強い。今の時期、あちらこちらにネットを張って獲物を待っているが、ときどきこっちの顔や頭がその糸に引っ掛かってしまい、あわてて払うのだが、簡単には取れないで往生することがある。 しかし、このジョロウグモ、姿... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/12/04 06:44
雲から顔を出す割石岳の雄姿
雲から顔を出す割石岳の雄姿 曇りのこの日、山々は雲に覆われていてほとんど隠れてしまっていた。 屋久島の雲は低い。だから、山が隠れることは日常よく見られる光景なのだ。 そんな中、割石岳(1410m)の頂上付近だけが顔を出していた。 ここだけ見るとどんな山奥の風景かと思える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/29 06:58
感動する夕日
感動する夕日 屋久島の秋、平内海中温泉から眺める夕日は、何度見ても感動します。 夏は山に沈んでいた夕日が、秋になると海に落ちます。それはそれは見事な夕日です。 夕方になると気温も涼しくなり、ゆっくりと温泉に浸かるのも最高なひと時ですが、加えてこの夕日、まったく贅沢な時間ですね。 太陽が沈むだけで、人間はこんなに感動できる動物なんですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/20 06:47
秋近し
秋近し 屋久島の夕焼けが美しくなってきた。少し前までは夜7時半になっても明るかった空が、7時には暗くなってくるこの頃である。日没時間が1時間ほど短くなった。 また、夏には山側奥深く沈んでいた夕日がだんだん海寄りに近づく。今は山裾に日が落ちている。 時刻は6時半ごろ、山裾に落ちる夕日に照らされた空がピンク色とブルーで染められる。 山の稜線もくっきりと写し出されている。空気が澄んでいる。美しい光景だ。 秋近し! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/09/13 06:30
久しぶりの天使のカーテン(天使の梯子)
久しぶりの天使のカーテン(天使の梯子) 屋久島では比較的よく見られる自然現象、雲の合間から太陽の光が漏れ出てまるでカーテンのように照らす現象である。人はこの現象を「天使のカーテン」とか「天使の梯子」とか呼ぶ。まるで天に上れるような光の悪戯である。 ここのところ暫く見ていなかったが、9月に入り屋久島の西でこの現象が見られた。 平内海中温泉の上から西の湯泊方面を撮った写真である。光のカーテンがあまりハッキリ写っていないが、実物はもっと鮮やかであった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/09/08 06:19
モッチョムから海に架かる虹の橋
モッチョムから海に架かる虹の橋 夕方、小雨が降った後、西日を受けて東の方向、モッチョム岳から海にかけて虹が出た。大きな虹であった。 左端にあるモッチョムから大きなアーチがかかり、右端の海の方向に続いている。アーチが大きすぎて全部一緒には写せなかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/06 06:21
久しぶりの二重虹
久しぶりの二重虹 屋久島では良く見られていた二重に架かる虹、最近あまり見られなくなっていました。どうしてなのだろうか。 それが、久しぶりに見る事が出来ました。ちょっと薄いですが、家の東側にかかった二重の虹です。はっきり写っている虹の上に薄っすらとかかっているもう一つの虹があります。 この二重の虹は必ずシンメトリーになっています。1番目の虹は内側が青っぽく、外側が赤っぽくなっていますが、薄い2番目の虹は内外が逆になっています。鏡に映っているかのようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/03/03 07:06
自然の中に見る命の終わり
自然の中に見る命の終わり こんな光景は東京にいたらたぶん見ことが出来なかったでしょう。我が家の東側、雑木林になっている山側に、そこの木に何かがある。 写真中央、木の枝に何かがいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/24 09:26
家の前の海は見事なグラデーション
家の前の海は見事なグラデーション 家の真上の空は曇り、今にも雨が落ちてきそうな天気でしたが、ベランダから南の海を見ると、綺麗なグラデーションが広がっていました。濃紺から薄い白に近い淡いブルーまで、見事なまでの彩色です。 安いデジカメでは、写真ではなかなかこの美しさは捉えきれませんが、とりあえずご覧下さい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/16 07:34
テニスコートの向こうに低い虹
テニスコートの向こうに低い虹 この日は朝10時からテニスの予定、少し天気は怪しかったが平内は降っていなかったのでコートに出かけました。 屋久島は丸い島、真ん中が高い山で風や雲が微妙に変化する。従って、島のどこかで雨が降っていても、どこかは晴れていることが多い。この冬の時期は南は晴れるが、北西部から北(上屋久方面)は曇ったり、雨になったりが多い。 コートは島の東、安房にありますが、着いてみると案の定小雨が降っていました。 諦めて帰ろうとしたとき、コートの向こうの山、明星岳に綺麗な虹がかかっていました。南からの日光に照らさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/14 07:30
きれいな帯が引かれた海
きれいな帯が引かれた海 屋久島、初春の海。我が家のウッドデッキから南側を見ると、逆三角に視野が開け、そこから海が見える。よくタバコを吸いながら、ここから海を眺めるのが好きで、日課のようになっています。 この日の海は、横にたくさん帯が走っていました。きれいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/06 07:36
UFOのような雲
UFOのような雲 穏やかなこの日、空をみたら円盤型UFOのような形をした雲がポッカリ浮いていました。大晦日からず〜っと天気が悪かったのですが、1月2日だけは屋久島らしい暖かい1日でした。毎年お正月はこんな感じの天気だったような気がします。ポカポカと暖かいので、雲も浮かれて、こんな形になったのでしょうかね(^^) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/05 07:43
明けましておめでとうございます。屋久島は雪!
皆様、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/01/01 07:33
今年最後の夕日ショー
今年も押し迫ってきました。今日はもう、大晦日ですね。1年経つのが毎年早くなってきます。 どうやら年末は天気が悪そうです。今年最後の詩吟のお稽古に出かけたこの日、師匠の家から眺めた夕日です。師匠の家は海を一望に眺められる高台にあります。ここから見える冬の夕日は絶品です。そして、これが今年の夕日の見納めです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/12/31 07:13
夕焼けの反射で面白い形の雲
屋久島も黄昏時がだいぶ早くなってきた。夕方、西側は日が沈み赤く染まっている。その赤が反対側の雲に届き、白い入道雲が赤みを帯びてきれいに光っていました。低くたれている黒い雲がその白い雲をくるむようにして面白い形を形成していました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/07 06:36
夕日は秋モードに入ってきた
まだまだ残暑の厳しい屋久島ですが、日暮れの時間も徐々に早まって、夕日のみられる時間も午後6時過ぎになってきました。夏には8時近くまで明るかったのが、6時半には日没となります。 今までは日没が遅いので夕日は西の山に落ちていましたが、日没が少しずつ早くなり、ぎりぎり海に落ちるようになってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/09/18 06:22
屋久島らしい山の風景
私の住む屋久島の南部、ここからは南は海、北側には山を臨める。屋久島は丸い島で中央部が山、周囲が海に囲まれているので、どこからでも海と山を拝む事が出来ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/15 06:13
屋久島には無数の川がある
屋久島には無数と言っていいほど川があります。集落と集落の間には大概大きな川が流れていて集落を分けています。その大きな川意外にほんとうに無数の川があちらこちらに流れています。中には雨が降った時だけ流れるような川もあります。 私の住む平内集落の中にもいくつかの川があります。 屋久島のどんな川もみんな清流が流れています。梅雨時の今はとくに流れが速くなっています。 この川もゴーっという音とともに大量の水が流れ、すぐに海に出て行きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/18 06:15
屋久島、梅雨時の海
梅雨真っ最中の屋久島、朝方は雨が降るが、夕方は雨が上がることが多い。その雨が止んだ瞬間に、私は海中温泉に入りに行く。 海中温泉の駐車場から、梅雨空とともに屋久島の海が見える。これは、西の方向である。 西の空のむこうが、かすかに青みがかっている。手前は、まだまだ雨雲がかかっている。いったいいつになったら終わるのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/09 06:45
葛(くず)の勢い
屋久島は蒸し暑い梅雨独特の気候が続いています。もう2週間以上も雨が降っては止み、降っては止みが続いています。日照時間は極端に少なくなっています。 そんな気候で、草花もやられてしまうものが多いです。我が家でも花壇のナスタチウムなどが雨と蒸し暑さで根ぐされしてしまったようです。 そんな中、自然に自生している葛だけが異常に元気です。蔓をどんどん伸ばし、テリトリーを広げています。 他の植物にくっついて、覆ってしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/05 06:29
待望の宮之浦岳に登る(1)
昨日6月4日に、私たち夫婦は結婚40周年を迎えました。 結婚40周年は、ルビー婚式だそうです。なぜルビーなのかは分かりませんが、お互いによく40年もの間守ったものだと思います。これから50周年の金婚式に向けて新たなスタートが切られたと思っています。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/06/05 06:47
テッポウユリのシーズン
屋久島では今、テッポウユリがあちらこちらで咲き始めました。この地に合っているのでしょうか、こぼれ種によって、色々な場所にテッポウユリが咲いています。 我が家の庭の中でも、別に植えたわけではないのですが何箇所かでテッポウユリが見られます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/13 06:50
雑草の花
家の前の空き地、雑草が伸びてきたので草刈りをした。その際、ピンク色の可愛い花が咲いていたので、それは刈らないで残した。さすがに、刈ってしまうのは憚られた。ちゃんと調べていないので、名前はわかりません。 そういえば、この雑草の花、千葉の北西部に住んでいた時も、春になると家の前の植え込みなどに咲いていたことを思い出しました。たぶん日本全国どこにでもある雑草なのでしょうね。元々屋久島にも自生していたのか、それとも誰かの靴にでも種がくっついてきて自生したのかは分かりませんが、ともかく屋久島でもいっぱい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/05/09 07:03
野イチゴ
屋久島には野イチゴがいっぱいあり、何処でも見かけることが出来ます。我が家の東側で野イチゴの花と実を見つけました。 5弁の白い花、赤い実が付いています。この野イチゴはトゲがあったりして、触ると痛いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/08 06:49
屋久島大雨洪水警報、その時我が家は
屋久島に移住してから5年近く経ったが、こんな雨は台風のときでも経験したことがなかった。自然の猛威を間近に見て、台風でも感じたことがなかった恐怖を感じた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/04/13 06:43
テニスコートで鳶(トンビ)が鳴く
春だ。動物にとっては繁殖の季節だ。 私たちがテニスをしていると、ピーヒョロロ、ピーヒョロロときれいな声が響いた。ちょっと手を休めて、辺りを見回す。鳶だ。メスを誘っているのだろうか。 写真、中央の枯れ木に鳶が止まって盛んに鳴いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/09 06:49
早くもフジの花が
我が家がある道を登り、農道(町道)に突き当たったところにフジの花が咲いていた。いつ咲いたかは定かではないが、3月の中旬ごろから咲き始めたと思われる。薄い紫色の房になっている花がこの時期になると毎年咲く。すでに野生化していて、蔓を四方八方に伸ばしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/04/05 06:50
花見はエゴノキで
私の住む屋久島の南部では、3月後半から4月にかけてエゴノキが白い花を咲かせる。花が咲くまでは気が付かないのだが、この時期になると家の近くにもいっぱいのエゴノキがあったことを改めて知ることになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/04/03 06:58
屋久杉ランドを案内する
かあさんの友人姉妹が帰る日、午前中が晴れてくれたので、「紀元杉」と「屋久杉ランド」に案内した。 先に紀元杉に行き、後から屋久杉ランドに入った。帰りの飛行機の時間もあるので、今回は50分コースを回ることにした。時間があれば150分コースを回ると、いろいろと見るべき場所に案内出来たのだが、ちょっと残念であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2010/03/11 07:08
紀元杉
かあさんの客人が帰る日、午前中なんとか晴れてくれたので、「屋久杉ランド」と「紀元杉」に行きました。当然、本来ならば「縄文杉」に行きたかったのでしょうが、2泊3日の強行スケジュールかつ雨ばかりでは、実質不可能、そこで来るまで行ける「紀元杉」でがまんしてもらうことにしました。 ここも2月の終わりに、落石があり、観光客が帰りの船に乗れなかったというアクシデントがあったばかりです。だから、大雨強風のあとはちょっと要注意です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/03/10 07:23
大雨後の大瀑布(大川の滝)
今年の屋久島は雨が多い。 かあさんの友達姉妹が屋久島にやってきたので、大川の滝(オオコノタキ)に案内しました。前日大雨が降った後なので、ご覧のように水量が多く、大迫力でした。 ゴー、ゴーと水の落ちる音が響き、普段なら滝つぼの近くまで行けるのに、水しぶきが飛び散り、とても近づけませんでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/03/09 07:04
アザミの花
アザミって春に咲くのでしたっけ?秋にも咲いていたような気がします。もしかしたら、春と秋に咲くのかもしれません。 今、平内の農道で咲いているのを見かけます。写真右側、紫色に咲いています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/03/04 06:46
珍しい、海中温泉のダルマ夕日
毎日のように美しい夕日が見られる、平内海中温泉ですが、夕日が完全に海の水平線に沈むのは非常に珍しい事です。上は晴れていても、水蒸気の関係でしょうか、夕日が沈む最後の所は常に雲が漂っていて、完璧な日没は稀にしか見ることはできません。 この日は、その稀な夕日が見られました。いわゆる、ダルマ夕日という現象です。 よく見えない人は、拡大しご覧ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/03/03 07:22
低い虹
風が強く、肌寒いこの日、買い物に上屋久に出かけました。まず、ドラッグストアーに寄りました。駐車場に車を止めて、海側を見ると、低い位置に虹がかかっていました。実は、上の方にもう1本虹がかかっていたのですが、薄くて写真には撮れませんでした。 この低い虹は、海から出て海に戻るように出ています。普通は山と海の間が多いのですが、ちょっと珍しい虹です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/02/05 07:41
久々のケサランパサラン飛来
冬になると、我が家の庭に飛来するのがこの白い物体である。今年もやって来ました。今ではこのものの正体は、ガガイモ科の植物の種だと判明しましたが、最初に見たときは、白い不思議な物体、ケサランパサランだと思っていました。 約一年ぶりに飛来したケサランパサランは、芝生の上でひっそりと羽?を休めていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/26 07:34
いつ見ても、きれいな夕日だ
暖かい屋久島で、夕方平内海中温泉に入れる時は最高です。冬のこの時期は、海中温泉も比較的すいていて、ノンビリと入れます。ゆったりと1時間ほど温泉に浸かると、トイレの近くなった私でも、翌朝まで起きずにグッスリ眠れます。 海中温泉から眺める夕焼けは、いつ見てもいいですね。 雲な間に夕日が隠れて、周りが焼けています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/23 07:29
日が伸びた
年が明けてから、すでに20日を経過して、日がかなり伸びてきましたね。もともと屋久島は東京から比べると、小一時間ほど日が暮れるのが遅いのだが、昨年の12月22日 の冬至を過ぎてから1カ月ほどになったこの頃、夕方5時半になっても屋久島はまだ明るい。 ちょっと前まで、とっくに日が沈んでいたのに、今は水平線から15度以上高い位置に太陽がある。この写真は夕方5時半ごろ、尾之間のJRホテルから撮ったものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/01/20 07:02
レインボ−アイランド屋久島
屋久島南部は、ここのところ、晴れたかと思うと、雨が降り、曇ったかと思うと、日が差すという、目まぐるしく天気が変化する日が続いています。そのためか、毎日のように虹が見られます。雨の降った後に日が差した時は必ずと言っていいほど虹が出ます。 まあ、こんな天気が屋久島らしいと言えばそれまでですがね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/25 07:42
山の裾野沿いに出た珍しい虹
曇天のこの日、午前中テニスに行ったら、暫くして山側に虹が出ました。屋久島で虹は、しばしば見かけるので、決して珍しくはないのですが、今回のは、山の裾野に沿って見られたので珍しいと思います。 普通、虹はもっと高いところに見かけます。そして、もっと大きな円弧を描きます。今回の虹は、まるで山の裾野伝いに伸びているようでした。位置も普通の虹から比べるとだいぶ低いし、円弧というより、ほぼ直線に近い状態です。雲の位置関係でこうなったのでしょうかね。 ちょっと見づらいと思いますが、テニスコートの後ろに虹があ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/18 07:28
ヒチコックの映画に「鳥」という映画があったことを思い出した。家の前の南の空を、それこそ無数と言ってもいいほどの鳥が飛んで行った。 何の鳥だろうか。大きさはムクドリ位の大きさであったが、果たして?。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/11/09 09:05
この野鳥は?
突然家の前の空き地から鳥が飛び立った。我が家から50mほど先の木のてっぺんに止まった。一瞬の出来事だったが、確か飛んでいるときは真っ白に見えたのだが、その姿を写真に撮ると、白ではなかった。私の勘違いだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/14 06:45
群生する朝顔の仲間?
豆太のかかりつけの動物病院のある尾之間の農道で、朝顔に似た花が群生していました。名前は分かりませんが、薄紫色の花がびっしりと咲いています。きれいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/09/14 06:39
尾之間から眺める曇りの夕焼け
一週間ぶりに屋久島に戻ってきました。そう、今や屋久島は私のホームグランドですから東京から戻る、帰るという言葉が自然に出てきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/10 07:22
夕日は秋モードに入ってきました
平内海中温泉から眺める夕日、春から夏は日の暮れるのが遅く、夕日は山側に落ちてしまいます。秋になると、だんだん日暮れが早まってきて、11月にはきれいな夕日が海に沈むところが見られます。 8月も終わりになってきて、夕日がかなり海寄りに落ちるようになりました。久しぶりに海中温泉から夕日を撮ってみました。 今まさに沈もうとする寸前の夕日は大きく見えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/08/30 06:49
青空に虹の架け橋
真夏の屋久島、真っ青な空に白い雲、そこに忽然と虹の橋がかかりました。虹がかかることの多い屋久島でも久しぶりです。 虹は太陽の方向とは反対方向にかかります。これは夕方5時半ごろ、東側にかかった虹です。山の方から、海に落ちていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/26 07:03
残念、屋久島で皆既日食見れず!
7月22日(水)午前10時56分、ここ屋久島の南では皆既日食が見られるはずだったが、生憎の雨模様、残念ながら見ることができませんでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/07/23 06:54
自生する藤の花
家の近くの農道で藤の花が咲き始めました。雑木林の中に自生している藤なので人間が手入れをしたような豪華な咲き方はしませんが、かえって美しさを感じますね。これから当分の間散歩の行き帰りにはこの紫の藤を楽しめます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/09 07:41
屋久島、春の里山
屋久島は3月末から4月初旬にかけて冬に戻ったような寒さが続きました。2月から3月中旬までは暖冬で温かかったのに、急に冷えて余計に寒さを感じました。しかし、その寒さももう終わり、野山は新緑がいっぱいです。 これは平内から北東方面を撮った写真です。右端からモッチョム岳、耳岳、割り石岳です。 のどかな里山風景です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/07 07:58
エゴノキの白い花
北海道から南西諸島まで分布しているというエゴノキ、今屋久島では花盛りです。桜があまり楽しめない屋久島ではこのエゴノキがさしずめ桜代わりでしょうか。真っ白な5弁の花弁がとってもかわいいです。 私の住んでいる屋久島の平内地区ではいたる所でこのエゴノキの花を見ることができます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/04/05 07:45
石楠花(シャクナゲ)公園は満開です
屋久島の西、栗生にある「石楠花公園」のシャクナゲが満開になっています。ヤクシマシャクナゲは1000以上の高山で5月の下旬から6月の上旬に咲きますが、平地である「石楠花公園」では毎年3月中旬から下旬にかけてピークを迎えます。今年は特に暖冬だったこともあり、例年よりも1週間以上早く咲き始めたようです。 これは白のシャクナゲ、清楚ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/28 08:14
大川浜で石拾い
夏には孫たちを連れて遊びに来る大川浜(オオコハマ)に石拾いに行きました。屋久島は海に囲まれていますが、浜は意外と少ないのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/26 07:22
花桃の木がありました
タンカン畑の西側の角に花桃が咲いていました。うちの畑とその上の畑の堺に1本の花桃の木があったのです。花が咲いて初めて気が付きました。 晴れたこの日、モッチョム岳を背景に見事に花を咲かせている花桃の木です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/23 07:44
嵐のち快晴
屋久島の天気は目まぐるしく変化するのが特徴である。また、島のどこかは雨が降っていて、島のどこかは晴れていることも度々である。だから、屋久島の天気予報はほとんど当てにならないか、逆に言うと何を言っても当たっている場所があることになる(^^) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/03 07:53
風船唐綿(ふうせんとうわた)
東側の花壇の中に植わっている植物、フウセンカズラのような袋状の実を生らせている。 面白い実だな〜とだけしか思っていなかった。というのも屋久島ではよく見かける植物だからだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

2009/02/23 08:08
スミレの群生を見つけました
きれいに咲いているスミレの群生を見つけました。屋久島では今あちらこちらでスミレが咲いていますが、これだけ集まって咲いている場所は珍しいと思います。場所は、いわさきホテルの庭の芝生の上です。娘を連れてホテルの庭園を散歩しているときに見つけたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/20 07:49
山河(やまんこ)公園の桜が咲きだした
屋久島の原(ハルオ)にある山河(ヤマンコ)公園の桜が咲き始めました。屋久島の南ではきれいに咲く桜がほとんどない中、ここの桜は比較的桜らしく咲いてくれます。そう、去年は実に見事に咲いてくれたことが記憶に残っています。 それにしても、今年は早すぎませんか。まだ2月ですよ。やっぱり異常な温暖化現象ですかね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/17 07:44
屋久島のメジロ
この時期屋久島の南部ではハマヒサカキ(屋久島の通称ケタンキ)の花と実が独特の香りを放っています。それを目当てに大きなヒヨドリなどとともにかわいいメジロが沢山飛んできます。もともと小さい上に色が鶯色(本物のウグイスよりもメジロの方がウグイス色というのも可笑しいですがそうなんです)なので、葉の中に入ってしまうと保護色でどこにいるのか分からなくなってしまいます。音にも敏感で、人の気配がするとすぐに飛び立ってしまい、写真に写すのは大変なことです。 我が家の西側の垣根もケタンキですので、しばしばメジロを... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/26 06:23
レインボー
屋久島では本当によく虹を見る。虹が出る気象条件が多いのだろうが、これだけしょっちゅう虹が見られるのは嬉しいことだ。 この日も晴れているのに部分的に霧雨が降るような妙な(屋久島ではごく当たり前だが)天気であった。我が家の東側に出てみると青空に大きな虹がかかっていた。山から海にかけて虹がかかっている。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/25 07:39
屋久島のお山に雪が!
我が家の2階、北側のベランダから山を見たら「割り石岳」に何やら白いものが見えた。屋久島でもここは南、滅多に雪など見ることはないが山は別である。1000メートル以上の山にはやっぱり雪が降るのです。麓にある平内のあたりはまったく雪の気配もないが、お山では雪が降った印です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/14 07:38
まるで映画の一画面のような景色
本当は去年の大晦日に載せようと残しておいた写真なのですが、入院のためのびのびとなってしまいました。退院できたので、ようやく載せることができます(笑) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/01/11 08:31
3色のミニ・シクラメン
屋久島にもシクラメンは売られています(笑)。3つの色のmミニ・シクラメンを買ってきて、東側の花壇の中に植えてあります。ミニなのでスペースは少なくて済みます。 赤、ピンクそして白の3色です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/20 07:23
屋久島はツワの花だらけ
今の時期、屋久島中にツワブキの花が咲いている。色が黄色で目立つので、島が黄色になったような感じ(ちょっと大袈裟かな)。 我が家の周辺にもこの黄色いツワの花が咲いています。 裏の小さな畑の奥にも咲いています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/19 07:34
小鳥の脳震盪?
屋久島にはアホな小鳥がいます。居間にいたら突然ガッチャという大きな音がした。何事が起ったのかと窓側を見ると、ベランダニ1羽の小鳥が痙攣を起こしてひっくり返っていた。やや大型の小鳥である。 以前にもこんなことがあった。そのときはシロハラという鳥であったが、今回もシラハラのような鳥だ。そのときは、打ち所が悪かったのか、即死状態であった。いくらガラスが透明だからといって、何もぶつかってくることはないのにね。 今回はしばらく見ていると、何とか立ち上がった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/12/16 07:54
屋久島の初雪?
屋久島にも雪は降ります。九州最高峰の宮之浦岳をはじめとして、永田岳など2000m近い山々にはこの時期もう雪が積もっていることでしょう。しかし、私たちが住む屋久島の南ではこれらの山を見ることはできないので、屋久島の初雪はまだ見ていませんでした。12月6日、県道の鈴川橋を渡るとき左側の山を見たら、薄っすら白いものが見えた。雪だ、間違いなく雪である。昨日の夜に降った雪が残っているのであろう。そう、12月の初旬でも屋久島に雪が降る証明である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/13 07:56
晩秋の白谷雲水峡、もののけ姫の森から太鼓岩へ(3)
白谷雲水峡へ行ったときの続きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/12/10 07:52
晩秋の白谷雲水峡、もののけ姫の森から太鼓岩へ(1)
客人Kさんの希望で、白谷雲水峡に行った。すでに縄文杉はクリアしているので、あとは白谷雲水峡からもののけ姫の森に行きたいとのこと。やはり若い女性が屋久島に求める定番のコースである。縄文杉登山から比べれば、こちらのコースは楽である。朝9時過ぎに家を出て、10時ごろから白谷雲水峡に入る。 白谷雲水峡の入り口を入ってすぐの大岩を渡るかあさんとKさん。いつものように水はきれいだが、夏とは違い寒さを感じさせる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/08 07:44
我が家から見える朝日
屋久島の我が家の東側にはもう家はなく、雑草の茂る空き地が広がり、その向こうは川と海、さらに小さな岬の丘が広がっている。この時期の日の出の時間はおよそ6時半ごろだが、我が家の2階から朝日が見えるのは7時ごろとなる。昇った朝日が東側の岬の丘から顔を出すまで実際の日の出時刻より30分ほど遅れる。 岬の丘の上から徐々に朝日が昇ってくる様子です。 まずは、ほんのり明るくなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/21 07:40
屋久島、11月の満月
先日鶏鍋パーティをやった日が満月でした。屋久島の11月の満月、周りの雲を割って出てきた姿をとらえた写真です。やはり少し寒々と感じるのは屋久島も晩秋をになってきたということでしょう。朝晩は20℃を切る日が多くなってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/19 07:15
雨空の隙間から夕焼けが
ここ1週間ほど屋久島は雨模様が続いています。雨が降るときは降る、それが屋久島の特徴ですね。こんな時期に屋久島を訪れた人はきっと浮雲に書かれている「屋久島は1ヵ月に35日雨が降る」を鵜呑みにしてしまうに違いありません。太陽が照り続けると雨が恋しくなり、雨が降り続けると太陽が恋しくなるのが人情というものなのかもしれません。 そんな雨雲が立ち込める空だから夕方暗くなるのも早い。それでも雨が止んだ少しの時間、厚い雨雲の合間から焼けた空が顔を出した。 夕方5時過ぎ自宅の庭から、西の空に向けてカメラを向... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/11/13 06:57
幻の滝?出現
屋久島は雨が多い。降った雨は山から流れ落ち、直接と言っていいほど急激に海に流れ出る。川も沢山あるが、それだけでは間に合わず岩肌を伝い大量の水が下へ下へと流れ落ちる。だから大量の雨が降った後などは、岩肌に突然滝が出現することがある。 これは、尾之間のJRホテルから対岸の岬を撮った写真だが、普段滝の無いところに水の落ちている場所が見える。 見づらい方は写真をクリックして拡大して見てください。写真やや右側に一本の白い線のような滝が見えるでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/08/23 07:21
モッチョム岳の人面岩
屋久島の南の象徴でもあるモッチョム岳、そこに人面岩があることをご存知ですか。実は私も知らなかったのですが、ある場所に行って確認することが出来ました。 これです。解りますか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/20 07:33
屋久島らしい夏の雲
屋久島の空と雲は本当に変化が激しい。30秒と同じ雲はない。 夏の雲、夕日は西の空に沈んでいくが、南や東の雲はその夕日の反射で輝き出す。 昼間の入道雲がこのように光り出すのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/08/19 05:47
ヤクシカの母子が「こんにちは」
台風7号の影響か、朝から雨模様のこの日ウッドデッキでタバコを吸いながら海側を眺めていたら、草を刈ったばかりの前の空き地に何か動くものが見えました。 「シカ」だ。慌てて部屋に入りカメラを持ってきてシャッターを切りました。 庭の南側、ハイビスカスの垣根の間から空き地が見え、草を刈るとそこから海が見えます。ちょうどその場所に2頭のヤクシカが草を食べに来ていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/20 06:37
梅雨明けか?屋久島の雲が焼けている
午前中雨が降ったが、午後からは良い天気になったこの日の夕方北東の空が赤く染まっていた。これは直接の夕焼けではなく、西側にいる太陽の光が雲に反射して焼けているのです。風もやや強く、雲の流れが速い。雲が動くので焼けた色もどんどん変化します。 我が家の屋根越しに北側の空を撮ってみました。まるで火事のように赤く燃えています。右下の尖った山はモッチョム岳です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/07/05 05:09
屋久島のシャクナゲを求めて山歩き(5)
さて、名残惜しいですが、投石平を後にして登山口まで戻ります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/12 07:01
屋久島のシャクナゲを求めて山歩き、投石平から見るシャクナゲの群生(4)
黒味岳(クロミダケ)からのシャクナゲと景色を満喫し、宮之浦歩道へ戻ったのは9時15分、出発してから3時間半経っていました。黒味岳の下りですでに私の膝は痛みが出始めていましたがまだ我慢できる状態です。 これからいよいよ最後の目的地、シャクナゲを一望に眺められる投石平(ナゲシダイラ)に向かいます。 今日のトップの写真は投石平から見た一面に咲いたシャクナゲ風景です。この写真では表しきれていないほど美しいものでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/11 07:30
屋久島のシャクナゲを求めて山歩き、黒味岳に登る(3)
目的地の黒味岳が見えたので少し元気が出てきました。岩場にかかったロープを使ってよじ登ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/06/10 07:17
屋久島のシャクナゲを求めて山歩き(2)
さあ、黒味岳を目指してまた歩きます。白骨樹とシャクナゲの組み合わせが見えました。死してなお引き立て役?として頑張っている白骨樹が健気です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/09 07:14
屋久島のシャクナゲを求めて山歩き
屋久島の山に咲くシャクナゲは5月後半から6月の初旬にかけて見所を向かえる。山岳ガイドさんなどに聞くと、今年は例年よりシャクナゲが多く咲いているという。そしてそのシャクナゲもそろそろ終わりになる頃だというので、突然思い立ってシャクナゲを見に黒味岳(クロミダケ=1831m)と投石平(ナゲシダイラ)行くことにしました。実は私たち夫婦、屋久島に来てから2年8ヶ月になりますが、シャクナゲ登山をするのは初めてなんです。 今回は花之江河、黒味岳そして投石平を歩いてきました。その足跡を順を追って説明しますので... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/08 06:45
梅雨の合間の青空
梅雨入りした屋久島、当然のことだが雨は降る。しかし降ってばかりではない。今まで降っていたと思ったら、突然青空が顔を出したりする。明るい日差しと、白い雲そして雨に現れた後の山々の緑が美しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/06 03:37
巨大なお化けキノコ
裏の畑の中で巨大なキノコを発見した。屋久島では何でもでかく育つが、キノコもこんなに巨大に生るのだ。 畑の中に出現した2個の巨大キノコです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/05 09:13
屋久島、自然の恵み、桑の実とグワバの実
屋久島の自然の恵みはヤマモモだけではない。今、桑の実やグアバの実も生っている。桑の実は私も子供の頃に食べた記憶がある。手や口を真っ赤にしながら悪ガキどもと一緒(自分も割る悪ガキだったが)にお寺の境内にあった桑の実を食べたっけ。 屋久島の平内周辺には、大きな桑の木が何本かありいくつか実も生っているが、高すぎて届かない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/03 07:38
屋久島、自然の恵みヤマモモ
ヤマモモの実が生っていた。屋久島の平内周辺を散歩していて目にしたヤマモモの木、沢山の実をつけている。まだ青いものが多いが、赤くなり始めているものもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/02 07:41
屋久島で直線の虹(環水平アーク、彩雲)を見た
5月15日午前10時半頃、屋久島は平内の我が家から変わった虹?を見ました。屋久島では虹は名物のようなもので珍しくも無いのですが、今回見たものはほぼ直線でした。不思議な現象があるもんだと暫く眺めていました。 我が家の庭から撮った写真をいくつかご紹介していきます。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/05/16 07:01
第15回超自然・屋久島ツーデーマーチに参加(2)
超自然・屋久島ツーデーマーチの「足湯・滝めぐりコース」、いよいよ中間点である「千尋の滝」(センピロのたき)に向かいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/14 08:01
第15回超自然・屋久島ツーデーマーチに参加(1)
屋久島に移住してから今年で3回目の屋久島ツーデーマーチへの参加であった。毎年5月の第2土日に開催されるこの屋久島ツーデーマーチは屋久島の自然を歩いて実感するものです。今年は屋久島が1つの町(屋久島町)に統一されたので、新たなコースも設けられていました。 私たち夫婦は毎年のこの催しを楽しみにしています。1年目は宮之浦から永田までの30Kmを歩き、去年は永田から大川の瀧までの25Kmを歩きました。普段は車で通り過ぎてしまう風景も、歩いてみると意外な発見もあって楽しいですよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/13 07:37
ヤクシカのバンビ
屋久島に移住した頃は珍しさもあって、積極的にヤクシカを探した時期もあった。でも、日常的に家の近所でも見られることがわかったので、しばらく存在を忘れていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/21 07:43
残念!太鼓岩からの山桜観賞断念す
4月14日(月)、朝起きたらまだ雨が少しだけ残っていたが、それも8時には止んだ。空も大分明るくなってきた。昨夜の天気予報では屋久島地方は晴れとの予報であった。白谷雲水峡から登り、太鼓岩からの山桜を見に出かけることにしました。 朝9時半ごろ家を出て、白谷雲水峡に着いたのは10時半、しかし里は晴れていても山の天気は気ままであった。濃い霧(雲)に覆われており、雨も小雨だが降っている。当然視界も良くない。ご覧の通りだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/04/18 07:06
ぼけ〜っと山を眺める、こんな時間がいい
屋久島の空、いや雲は1秒として同じ場所に留まることをしない。雲を見ていると次々とその表情を変える。ちょっと目を離してからもう一度見ると、全く違う世界がそこにある。面白い。 この日は雨が降った。夕方雨が上がったとき、2階のベランダから北側の山々を見ると、低く立ち込めた雲が、山を覆い、次々と流れ去っていく様が見られた。暫くはこの雲の流れを呆然と眺めていた。こんな時間が私は好きだ。 晴れた青空に浮かぶ白い雲の流れもいいが、こんな曇ったときの雲と山はまた幻想的で何ともいえない。屋久島ならではの風景が... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/03/29 07:18
楠川温泉
屋久島には温泉がいくつかありますが、南に住んでいる私は、平内海中温泉、湯泊温泉、尾之間温泉そして屋久島温泉(JRホテル内)には毎日のようにお世話になっていますが、そのほかの温泉にはまだ、行ったことがありませんでした。 たまたま、宮之浦にある総合病院に行ったので、その帰りに以前から気になっていた「楠川温泉」に寄ってみました。楠川温泉は、宮之浦と小瀬田の中間の県道を少しだけ山側に登ったところにありました。 宮之浦方面から県道を空港方面に走っていると、写真のような案内板があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/21 07:48
屋久島に溶け込む極楽鳥花とゴムの木
以前ご紹介した、旧小島公園脇に自生?(最初は人が植えたのでしょうけど、今は放置されているので)しているゴクラクチョウカの群生、花の盛りが終わり、あれだけ見事に咲いていた花がしおれていた。何だか哀れな感じである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/11 08:05
侵入者?
屋久島の我が家、最近家のベランダや庭に頻繁に侵入してくる野鳥がいます。スズメやメジロよりもかなり大きく、お腹の色が褐色で頭から胸の辺りまでは濃紺です。ほとんど1羽でやってきます。 庭のパッションフルーツの木を植えてあるブロックの囲いに止まっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2008/03/10 07:54
もう一つのケサランパサラン
屋久島に住んで楽しみの一つがケサランパサラン(白いふわふわとした正体不明の物体)の発見でした。以前にもご紹介しましたが、その代表格がサカキカズラの種です。でも、こうやって正体が明らかになってしまったので、もうケサランパサランとは呼べなくなってしまいましたが。(サカキカズラのケサパサ記事はこちら) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

2008/03/07 07:36
屋久島にも黄砂(コウサ)
屋久島にも黄砂がやってきました。はるばる中央アジアの砂漠で舞い上がった砂が、偏西風に乗って日本に到達するのが黄砂です。それが、とうとう屋久島にも来てしまいました。あまり歓迎はしないのですが、風の影響でやってきてしまうのです。 2階のベランダから山側を見ると、山が霞んで見えます。別に特別曇っているわけではなく、お日様も照っているのですが、このように霞んで見えます。たぶん、白内障の人はいつも景色がこのように見えているのかもしれませんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/06 07:53
寂しいサクラ
3月になりました。私の住む屋久島の南では、春風が吹いて暖かな空気が伝わってきます。久しぶりに旧小島公園の脇道を散歩したら、サクラが咲いていました。小さな桜の木ですが、春の風を受けてピンク色の花びらが揺れています。でも何となく寂しそうに咲いています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/05 07:58
屋久島、春の雲
屋久島の雲は見ていて飽きません。刻一刻と形を変え、同じ形に留まることはありません。春一番のような強風(ここのところいつも吹いていますが)が吹いたこの日、空には細切れになった綿雲が一面に散りばめられていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/04 07:57
南東から見たモッチョム
屋久島の南を代表する山の一つがモッチョム岳である。我が家からも眺めることが出来るが、この山は見る位置、角度によって全く様相が変わるから面白い。今回は、ちょっと用事があって出かけた原集落の近くから見てみました。原集落近辺を海側に下りた小道から眺めたのだが、丁度南東からモッチョムを見ることになる。 小道を覆う木々の間から垣間見るモッチョム、額縁に入った絵のようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/02 07:51
虹が出て、ツツジが咲いた
屋久島の2月も終わりが近づいた27日、東の空に虹が出た。晴れてはいるが、朝方小雨が降ったせいだろうか。気温は暖かだ。 我が家の東側の空き地から東の空を見ると、消えかかった虹の麓のほうがまだ色が残っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/02/29 08:04
チューリップの蕾とフリージャの花芽
屋久島はここのところ暖かい日が続いたせいでしょうか、庭の端っこにかあさんが作った小さな花壇の中で、チューリップの蕾が膨らんできました。開花は間近に迫っているようです。赤白黄色の3色の球根を植えたのですが、赤色のチューリップの生長が早いようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/25 07:58
最高の温泉日和?
いや〜、暖かい。屋久島の南部はもう春ですね(^^) 気持ちよく晴れたこの日、テニスの帰りに平内海中温泉に入りに行きました。テニスでかいた汗を流すには最高です。この日の干潮は午後1時ごろで、晴れていて風もほとんどないので裸になっていても全く寒くはありませんでした。 温泉客も少なく、ノンビリと入ることが出来ました。のどかな風景でしょう(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/02/22 07:34
小鳥を撮るのは難しい
屋久島の冬は小鳥が目立ちます。もちろん一年中小鳥はいるのですが、何故か冬のほうが目立ちます。何故でしょうかね。植物の葉が落ちるものがあり、そこに実が生ったりして、小鳥がそれを食べに来ると、葉がないから見易いせいかもしれませんね。 この写真の中に小鳥がいます。探してみてください。わかりましたか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/18 08:53
桜島
鹿児島の桜島が噴火したそうだ。ちょうど私たち夫婦が都城に向かった2月3日に昭和河口付近から噴煙が上がり、マグマも一部で確認されたとか。この写真は都城に向かう日豊線の列車の中から撮ったものです。時間は2月3日の午前11時ごろです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/10 08:06
三つ葉?の花
屋久島には沢山の野草の花が咲く。今回ご紹介するのは今まさに咲いている野草です。三つ葉と言っても食する三つ葉ではなく、三つ葉のクローバーのように葉が三枚一組(中には4枚のもありますが)の葉を持つ野草のことです。私は草木のことがよくわからないので、三つ葉の草はみんな一緒に見えてしまいます。クローバーはまだ見かけませんが、同じ三つ葉の野草でも全然違う花を咲かせています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2008/02/01 08:06
旧小島公園を散策(1)、ガジュマルの木、ゴムの木、アコウの木
いつも散歩する農道沿いに、いわさきグループが所有する広大な土地があり、暫く前までは「小島公園」として開放されていた。それが、去年の何時頃からだっただろうか、立ち入り禁止の札が下がり、入ることが出来なくなってしまった。ちょうど、畑総の工事が始まった頃だったように記憶している。工事と閉園との間に関係は無いと思うが、どうして立ち入り禁止にしてしまったのだろうか。 この公園はいわさきがきれいに管理、いろいろな植物があって散歩するには絶好の場所であった。また、観光客にあまり知られてない屋久島の中でも穴場... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/01/28 09:42
優雅なケサランパサラン(サカキカズラ)の旅立ち
私のブログでは何回か登場しているガガイモ科の蔓性の植物、私はこの種子が家の庭に舞い降りたときから、正体不明の羽の付いた物体として「ケサランパサラン」と呼んでいた。屋久島に移住して最初にこの種子を見たときは何故かえらく感動したものです。 その後、ネットなどで調べてみると、正式な名称はどうも「ツルモウリンカ」という植物で、南の島に多く生息しているしいことがわかりました。また、種子を飛ばすためのこの白い羽のようなものを種髪(しゅはつ)と呼ぶことも判明した。判明してしまった以上、もう謎の物体、ケサラン... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/26 08:14
我が家は何処だ
屋久島の我が家は、平内集落のはずれ、小島集落との境に位置している。しかも、100m先は海になる場所なので、地形的には低い位置にある。家の裏側(北側)には小さな畑を作っているが、そのまた北側は原生林に覆われていて全く見通しがきかない。 散歩道である農道を歩いていて、初めて上(北側)から我が家が見えそうな場所に入り込んでみた。ここまで来るには、我が家を出てちょうど平仮名の“つ”の字のように大回りをしなければ来られないのである。 ここら辺りかなと、農道を右に入る細い道を下りていった。すると、広大な... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/01/21 07:50
トビ(鳶)かノスリか
屋久島の空を自由に飛びまわっているのがトビです。屋久島は高い山が多く、上昇気流が発生するので、トビには過ごしやすい島でしょう。いつも山と海の間をのんびりと羽を広げたまま飛んでいます。 家の前の空き地にある松の木に1羽の鳥が止まっていました。遠くて見づらいのでズームで写真を撮りました。私は当然のごとくトビだと思って撮ったのですが、写真をよく見てみると、クチバシがトビよりも鋭いような気がします。ネットで調べたら、トビにとてもよく似た鳥でノスリという鳥がいました。この写真のとりはどうもこのノスリのよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/19 09:06
妖怪のような木
屋久島には大きな木が沢山あるが、その中でも各集落にはその集落を代表するようなアコウの木が大概あります。 アコウはほかの木に絡みつき、絞め殺すといわれています。容姿も不気味です。 これは、小島集落にあるアコウの木です。いったい樹齢はどのくらいなのだろうか、想像もつきません。写真が白黒になってしまったのもアコウの妖気が出ていたせいかもしれません(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/16 09:09
暖かいのでスミレが咲きだした
屋久島も異常気象だ。ここのところ異様に暖かい、いやむし暑いと思うことさえある。夜になってもさほど温度は下がらない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/14 08:35
大きなカラスウリと小さなクチナシの実
千葉でもカラスウリの実は良く見かけましたが、さすがは屋久島です、こんなにでかいカラスウリを見つけました。かあさんの散歩道である農道の途中に生っていました。まるで柿のようですね。右上にある小さい実はクチナシの実です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/10 07:50
新年を迎え、畑は
ここ屋久島の平内は気温15℃、やっぱり寒いです(笑)。でも家の中より外に出たほうが暖かなんです。太陽さえ出ていれば、外のほうが温度が高いのでしょうか。 裏の小さな畑に年が明けて初めて出てみました。 青空にパパイヤしほが、沢山の実を誇らしげに向けていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/01/07 08:06
ムラサキシキブ
屋久島は平内の農道を散歩していると、紫色の木の実があっちこっちで目に付く。かあさんに聞いたら、「ムラサキシキブ」だという。そうか、紫色だからムラサキシキブなんだ。単純!(笑)別に源氏物語の紫式部とは関係ないんだ。 この写真のムラサキシキブはとくに見事である。3m位の木に紫色の実がびっしりと生っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/06 07:38
元旦の朝、屋久島の山は雪ですよ
明けましておめでとうございます。 2008年の元旦です。今年も宜しくお願い申し上げます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/01/01 08:56
これは、何でしょうか?
これは、何でしょうか? 散歩の途中で見つけたものです。まるで、飛行機の翼のようですね。もちろん、植物の実ではあります。私はこの正体を知っています(^^) 今日は大晦日、今年も今日でおしまいです。来年が世界中の人々にとって(大袈裟か(笑))よりよい年でありますように、穏やかでありますようにと、幸せを呼ぶケサランパサランの記事で〆る事にしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/12/31 08:16
本物のレインボーブリッジ
屋久島の南、ここのところ適当に雨が降ってくれている。雨が上がるころ屋久島では虹が出ることが多い。この日の朝も小雨が降っていたが陽が射し始めて、雨が止んだ瞬間海から山に掛けて大きなアーチが架かった。東京にはレインボーブリッジがあるが、屋久島の虹はまさしく本物のレインボーブリッジ、虹の橋である。 我が家の北側のベランダから撮った屋久島の虹です。見事なアーチでしょう(^^) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/12/28 08:12
屋久島は冬の夏日
低気圧の通過に伴って、屋久島の南では朝までは雷を伴う豪雨が降っていた。午前8時過ぎ雨が止み突然の青空であった。 昼頃海中温泉に入りに行った。海は低気圧の関係で風が強く、波も高かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/23 07:42
生ゴミからゴーヤが生った
かあさんが西側の庭に作った小さな花壇、その中から何やら蔓伸びてきた。この花壇には、肥料の代わりにかあさんがよく生ゴミを埋め込んでいる。どうやら、その生ゴミの中に種が入っていたらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/21 07:21
2階から見る屋久島の晩秋
快晴の朝、平内地区にある我が家の2階から見た秋の屋久島南部の風景である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/17 07:26
屋久島はツワブキの花盛り
今、屋久島ではツワブキの花が花盛りです。ツワブキは屋久島の平地のいたるところに自生していて、この時期かわいい黄色の花を咲かせます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/16 07:21
順調!順調!
ようやく屋久島に戻ってきました。約2週間ぶりの屋久島です。平内の我が家は何とか無事でした(笑)。 2週間の間、携帯電話から記事を書き続けましたが、いただいたコメントに返事が書けませんでした。コメントをいただいた皆様には失礼いたしました。今日からまた自宅のPCから記事を書きますので、宜しくお願いいたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/12/14 10:36
サプライズ?
千葉の自宅に戻って外に出てみた。銀杏が見事に黄葉しついた。これだけは屋久島で見ることが出来ません。携帯のシャッターを切った瞬間、目の前を何かがよぎった。何だ!見ると野生の鳩だった。ここにも、まだ自然が残っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/03 10:42
家の周りの秋
屋久島の平内は、島の真南にあたる。気候は温暖で、雨も少ない。1ヶ月に35日も雨が降ると言われる屋久島だが、それはここには当たらない。今年はまた特に雨が少なかった。今でもほとんど毎日植木には水をあげなくてはならない。 そんな場所に我が家はあるが、秋らしいものといったら、すすきの穂と若干紅葉した木々が目につくくらいだ。我が家の周りで見つけた秋をご紹介する。家の東側50mの範囲である。 夕方の5時、まだお日様が隠れていないのに、すでに月が顔を出している。その月に届けとばかりに、すすきが穂を伸ばして... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/24 06:59
初めてチェーンソーを使った
屋久島の我が家、裏は人様の土地だが放置されていて草木が生え放題である。一部は開拓して小さな畑として使わせてもらっているが、玄関に近い側の木々が大きくなり、家の屋根を脅かすまでに成長してきた。 木の枝が我が家の屋根にかかり困っていた。木は太くて大きいのでとても私が持っているノコギリでは切ることが出来ない。チェーンソーがないと切れない。そんなことを友達に話したら、突然3人の友達(屋久島のショーンコネリーさん、ぱからのとーさん、屋久島のジャズピアニスト)がチェーンソーを持って木を切りにきてくれました... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/22 07:45
“ぱから椅子”に絵を描く
尾之間でお馬さんと暮らしている“ぱからさん”に頂戴した椅子、私はこの椅子を“ぱから椅子”と命名しました(笑)先日、このぱから椅子に下地のペンキを塗りましたが、ようやくかあさんが絵を描くことになりました。こればっかりは、私には手伝えません。私が絵を描いたら、とんでもないことになりますから(^^) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/11/21 07:01
こんな面白い形の夕焼け雲もあります
屋久島の秋、尾之間にあるJRホテルから見た夕焼け雲です。いつも海側に夕日が沈むので、ここは夕日や夕焼け雲を見るには絶好の場所です。 この日の夕焼け雲は、こんな形でした。下は海です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/11/17 07:04
屋久島の秋は朝焼けも美しい
屋久島の秋、夕日がきれいなことは何回もご紹介しているが、朝焼けもまた美しい。びっしりと敷き詰められた秋の雲が朝日を反射して光るさまは神々しささえ感じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/11/09 07:06
ダチクと戦う?
屋久島の我が家、裏の小さな畑は人様の土地を利用させてらっている。小さな畑だからいつでも、元の状態に戻せるから大丈夫、それにここの所有者は一度も見えたことがない。屋久島では土地を放置しておくと、雑草が生え放題で、それが家まで届いてしまうから他人の土地でも草刈をする羽目になる。 裏の畑は、ダチクと呼ばれる屋久島でも最強?の雑草が傍まで迫ってくる。放置することは出来ない。そこで、たまにこのダチクを切る作業をしなければならないのだ。 この日は、思い立ったかあさんがダチクに戦いを挑む。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/11/08 06:53
家の前から見る秋の夕焼け
屋久島の初秋、日暮れが早くなった。ついこの前までは、まだまだ太陽が照らしていた時刻の夕方6時半ごろ、家の前から西側の空を見る。すでに日は落ち西の空が赤く染まっている。 風が少し冷たく感じられる。写真左上のポツンと明るい点は、三日月のお月さんが雲間から少しだけ顔を出している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/18 07:06
またまた夕暮れのショー
尾之間のJRホテルから見る夕日や夕暮れは何回見ても飽きない。決して同じシーンはないのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/15 06:58
道路を遮るヤクシカちゃん
久しぶりに家の近くで鹿に遭遇した。ここのところ暫く姿を現さなかったのだが、突然目の前に出てきた。 海中温泉に入り、軽自動車で家に戻る途中、もうあと200mで家に着く場所、目の前に茶色い塊があったのでブレーキを踏んだ。夕闇が迫りつつあり、少し見づらかったので、はじめは何にかと思った。 よく見ると、ヤクシカであった。いつもは家族連れなのにこの日はたった一頭のようである。いつものことだが、逃げずにキョトンとこちらを向いている。車のフロントガラス越しに写真を撮った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/08 07:04
葛(くず)の花が咲き出した
屋久島では、いたる所に葛(くず)が自生している。とくに私が住む平内周辺では、ともかくどこからでも葛が生えてくる。繁殖力も強く、どんどん増えてしまう。夏は草刈のときにこの葛の蔓が草刈り機にまとわりつき、イライラさせられる。こんな嫌われ者?の葛だが、この時期になるとかわいい花を咲かせる。一年でこれから暫くは、葛の花があっちこっちで楽しめる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/10/07 07:02
クロイワツクツク?
ギャーギャーとうるさい鳴き声が聞こえた。セミの声だ。どこだろうと、ウッドデッキに出てみる。ん?どこだ。よく聞いていると、どうも我が家の敷地内にある電信柱から聞こえてくる。暑い日中からまあお盛んなことです。それもよりによって木ではなく電信柱に止まって鳴くなんて。コンクリートの柱はもっと暑いだろうに。(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/04 06:55
秋は夕暮れ、ここは屋久島
秋は夕暮れ、ここは屋久島 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/09/30 06:58
屋久島のタマムシ?
庭の芝生の上で何か動いた。芝の緑と同色だったので、ちょっと見つけにくかったが、一匹の昆虫であった。どうやらタマムシ(玉虫)の種類らしい。ただ、私が知っている7色に光るニホンタマムシではないようだ。小型で、長さは20mmほどしかない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/29 07:25
Anniversary 2ND 屋久島で見る中秋の名月
「月々に、月見る月は多けれど、月観る月はこの月の月」と詠われる、中秋の名月の日、旧暦の8月15日は、今年は9月25日にあたる。 今年の9月25日、実際には満月ではなく月齢で言うと13日(13夜)らしい、満月(15夜)は9月27日になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2007/09/28 07:27
谷崎鼻灯台
屋久島の尾之間に「谷崎鼻灯台」という名前の灯台がある。いつもは、JRホテルにある屋久島温泉の中からその光をみている。この時期は、夕方6時ごろから火が灯されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/21 07:08
大荒れの平内海中温泉
台風12号の影響だろうか、この日(9月18日)の平内海中温泉は大荒れであった。海が時化て、うねりと波が4m以上はありそうだ。本来であればこの日は「海中温泉同好会」による大掃除の日であった。しかし、この荒れた状態では温泉の掃除どころではない。残念ながら中止になってしまったのだ。 御覧のように、湯船もすべて海の中に没している。さすがに、誰も温泉に入る人はいない(笑)。どんどん波が押し寄せて、写真を撮っている私の足も海水で濡れてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/19 07:15
小雨のぱらつく中、平内を散歩
暑さがだいぶ遠のいた屋久島、小雨がぱらつく中、久しぶりに散歩に出た。真夏は暑すぎて散歩どころではなかった。 家を出て、平内の県道沿いを歩き、無人市場(野菜100円ショップ)に何かあれば買うつもりである。 野牡丹がきれいに咲いている県道沿いを歩くかあさん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/17 07:30
きれいな蝶
屋久島には固有種も含め多種多様の蝶がいる。名前は分からないが、ともかく沢山いる。ハイビスカスによく飛んでくるのは、黒いアゲハチョウや羽の先端が黄色くて大きいモンシロチョウ一種である。黒いアゲハチョウにも種類が沢山ある。子供のころなら嬉々として追いかけたことだろう。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/09/14 07:29
屋久島の苔
淀川小屋周辺を散策したときに、きれいな苔を沢山見ることが出来た。苔も屋久島を代表するキーワードではなかろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/06 07:05
淀川小屋から少しだけ登った
昨日の続き。淀川小屋から少しだけ歩いてみることにした。まずは、“よどがわほどうきょう”を渡る。水が美しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/31 06:55
淀川登山口から淀川小屋を散策
朝起きたら晴れていて、また暑くなりそうな気配。そうだ、ここは屋久島なんだ、山に行けば涼しいはずだ。思い立って涼しい山に行ってみることにした。と言っても、ゆっくりと朝飯を食べてから出かけた。家を出たのは午前11時ちょっと前である。この日は、本格的な山登りをするつもりはないので、のんびりしたものだ。これが出来るのが屋久島に住んでいる特権である。1時間ほど車を走らせ、標高1000m以上のヤクスギランドの先の淀川登山口を目指した。くねくねとした山道を登り、12時ごろに淀川登山口に着いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/30 07:16
屋久島らしい空
屋久島の我が家、夕方外に出た。東の空に虹が出ていた。屋久島では虹は珍しいことではない。いつもは、2本の虹が並行に現れるのだが、雲の多かったこの日は、1本だけであった。これが、南東の空に出た虹。海の中から直線的に伸びている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/22 07:24
珍しい花を見つけました。
台風の後、大川浜に行く途中、珍しい花を見つけた。何の花だろうか。名前は分からないが、蔓性の植物である。もしかしたら、新種の発見か?と、植物音痴の私はかすかに希望を持った(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/11 07:07
安房川の納涼船で夕涼み
屋久島の東部、安房(アンボウ)で納涼船に乗った。7月22日、夕方6時半、テニスの仲間たちと一緒に納涼船で安房川を上り、夕涼みと食事をした。郡市民大会で女子が優勝したので、その祝勝会である。 乗った船は、この写真の船である。出航前、安房川の河口で停泊中の船。向こうに見える橋は、安房川を渡る県道である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/25 06:22
屋久島らしい?雲のアーチ
台風の去った翌々日、客人を春田浜に案内した。ここは、屋久島では数少ない海水浴場の一つである。浜から山側を見たら、黒い雲のアーチから、白い雲が光って見えた。屋久島の雲は、見ていて飽きない。こんな面白い形がよく見られるのだ。白い雲の奥に、屋久島の山が見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/24 06:13
台風4号で足止めを食った客人、台風後の流木拾い
台風4号が猛烈な風と雨を降らし、去っていった。台風一過の7月15日、足止めを食らっていた岡山からの客人は、この日ようやく帰れる見込みとなった。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/18 07:49
台風4号、屋久島を直撃で、第2陣の客人は来れず
7月14日(土)、台風4号が屋久島を襲う。家のほうは前日に帰れなかった岡山からの客人に手伝ってもらい、バッチリ対策をしていた。居間の大きなガラス戸には当然雨戸を閉めてあるが、その上内側からガッチリと角材で押さえを付けた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/17 06:35
台風4号で客人は帰れず
7月13日、岡山からの客人が帰る日だ。午後3時屋久島空港に向かう。この日、第2便は天候不良のために欠航した。果たして客人の乗る飛行機は飛んでくれるだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/16 06:56
岡山からの客人3日目は、滝めぐり
かあさんの実家、岡山から来島した4名の3日目。前日は大雨の中、縄文杉ツアーをきょうこうしたので、みんな足が痛い。この日、早朝は晴れていたので、大川の瀧(オオコノタキ)に案内した。台風の影響か前日まで降っていた大雨の影響か、滝はやっぱり大増水で普段より多くの水が流れ落ちていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/15 07:08
屋久島梅雨明け?のUFO?雲
奄美大島が梅雨明けしたようだ。もうじき屋久島も梅雨明けになるでしょう。ここのところ3日間、昼間は快晴状態が続いた。2階から北側(山側)を見たら、お山の上に楕円形の雲が2つ、真っ青な空にその白さが目立っていた。風が強いため雲の動きも速く、まるで、UFOのようだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/07/01 05:50
豪雨の止んだあとは、山から水が流れ落ちてくる
すごい雷が光り音を立て地響きがした。強風が吹き、そして豪雨、が一晩中降った。翌朝、晴れたので、畑に入ってみる。畑の境界に側溝がわりに掘ってある溝に、山側から流れ落ちてきた大量の水が流れ込んで、急流?になっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/26 07:06
屋久島も入梅かな?
奄美大島は平年より16日遅れたが、すでに梅雨に入っている。ここ屋久島ではまだ梅雨に入ったとは聞いていない。しかし、ここ2日ほど連続して雨だ。雰囲気的には梅雨のように感じられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/03 07:42
子供の頃見た夕焼けを、屋久島で
私は、屋久島の夕焼けが大好きだ。夕焼けを見ると、何故だか子供の頃を思いだす。この日の夕焼けも見事だった。雲と太陽の微妙なバランスで、夕焼けの色が決まるようだ。雲が無いときは、陽が本当に沈む寸前、いや沈んでから空がピンク色に染まる。この日のように、雲があると、このように真っ赤な夕焼けが出来上がる。 家の二階、北側のベランダに出て、西の空を望む。写真左側は家の屋根である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/02 07:48
バナナの木を切った
屋久島の我が家、裏の小さな畑にある数本のバナナの木、そのうちの1本が枯れ始めた。実がなったバナナの木はいずれ枯れてくるので、早めに切ったほうがいいと人から言われていたが、立派な葉っぱの付いた太い木を切るのは勇気の要ることだ。それで、実のなった木をそのままにしていたら、ようやく枯れ出した。そこで、思い切ってきることにした。バナナの幹はスカスカなので、のこぎりで簡単に切り倒すことが出来た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/31 08:25
苔を食うヤクシカ
先日ヤクスギランドに客人を送ったとき、ヤクスギランドの入り口でヤクシカを見つけた。今までヤクシカが苔を食べているところを見たことが無かったが、確かに食べると言うことが分かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/28 07:17
ぱからX3を訪問する(その1)
関東から屋久島に遊びに来た娘さん2人の日程も残り2日となった。最後の2日間は、連続して、尾之間にある“ぱからX3”を訪問した。 ぱからさんは私の友達であるTさん夫婦が、乗馬やとんぼ玉体験をやられている。場所はモッチョム岳の真下、風光明びな場所にある。 つ最近、馬場を拡張したばかり。風見鶏がモッチョムからの風に気持ち良さそうに回っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/25 07:20
娘さんたちを連れて、近場を案内した
次男の同級生のお姉ちゃんとその友達が屋久島にやって来たので、屋久島の我が家から近い場所を案内した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/23 07:13
今年もウミガメの産卵が始まった
千葉に住む次男の同級生のお姉ちゃんとその友達が屋久島にやって来た。次男から、よろしくとのメールが入っていた。6泊7日のスケジュールでやってきて、前半は縄文杉や白谷雲水峡などを自分たちで回り、後半の3日間だけ、我が家を拠点として案内した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/22 08:35
屋久島の町なかを流れる二又川
かあさんが、尾之間(オノアイダ)にある草木染をやっているコポルというお店に行くというので一緒についていった。私自身は草木染に興味が無いので近くを見て歩いた。いつもは、車でさっと通り過ぎる場所だが、この日は待っている間、ゆっくりと観察してみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/21 07:44
屋久島・西部林道25Kmを歩く(その5)
いよいよ残り5Kmです。ここまで来ると、不思議なことにまた元気が出てきました(^^)。最後まで歩ける自信が持てたからでしょうか。 では、歩きましょう。 西部林道には、多くの橋がかかっています。ほとんどが、平成に入ってから作られた橋です。ここでは、その幾つかをご紹介しながら進むことにします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/19 06:30
屋久島・西部林道25Kmを歩く(その4)
さあ、4回目です。もう飽き飽きした人もいるでしょうが、我慢、我慢、我慢が肝心ですよ(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/18 08:32
屋久島・西部林道25Kmを歩く(その3)
同じテーマで3回目となりました。だって、25Km、それもアップダウンの厳しい道を、死ぬ思い?をして完歩したんですから、ネタとしては稼がなくっちゃ、もったいないですものね(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/17 07:44
屋久島・西部林道25Kmを歩く(その2)
さあ、スタートして10分、右後ろに永田浜(いなか浜)が見えた。ここはウミガメの産卵地として有名で、ラムサール条約にも登録されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/16 08:33
屋久島・西部林道25Kmを歩く(その1)
いや〜、歳を感じました。腰は痛いし、膝はガクガク、腿は張るし、足の裏にはまめが出来た(><;)。帰りには温泉に直行しました(^^) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/15 08:27
もうじき夏、また草払いをした
日中の温度が25℃を超える日が続くようになった。そのため、雑草が伸び放題になっていた。屋久島の雑草は成長が早いのだ。ついこの前刈ったばかりだと思っていたが、もう50cmほど伸びてしまった。しょうがない、草払いをするか。暑い中、長靴を履き、草刈機にガソリンを詰めた。まずは、家の東側、土手沿いに生えていた雑草をやっつけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/14 06:49
夕暮れ時の平内海中温泉周辺
平内海中温泉でゆっくりと温泉に入った。ちょうど連休も終わり、観光客の人たちも少なくなったので、ノンビリと入れるのだ。温泉から出たのは夕方7時ごろだった。温泉から見えていた夕日は沈んでしまったが、まだ空は薄桃色に染まっていた。静かで美しい風景だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/13 04:21
白鷺が舞い降りた
私が住む屋久島の南部では、とっくに田植えは終わっている。県道沿いを行くと、青々とした苗が伸び始めている。そして、そこには多くの白鷺が餌を求めてやってくる。でも、海沿いの我が家ではこの白鷺を見ることはなかった。 この日、ベランダでノンビリしていると、空から白いものが降りてきて、目の前の空き地に舞い降りた。白鷺だった。あわてて部屋に戻り、デジカメを構えた。庭のハイビスカスと白鷺は何となくチグハグで面白い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/11 08:24
ヤクザルには餌を与えないでね!
屋久島に棲むニホンザル、ヤクザルである。本土に生息するニホンザルよりも一回り小さい。島の中では、農作物を荒らしたりするので、嫌われ者だ。 屋久島の西、西部林道を走ると、道路にたむろしていたりする。体が小さいので、観光客には可愛いと人気がある。表情が何ともいえない。何を考えているのだろうかと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/09 08:15
屋久島で見る満月
5月2日(水)、たぶん満月だと思う。夕方、平内海中温泉に入って、ビールを飲み、夕飯を食べてから、外に出てみた。まだ、7時半頃である。空はうっすらと明るい。我が家の東南からちょうど満月が昇り始めていた。肉眼で見る昇り始めの満月は少し赤みを帯びていた。月の下には岬の小さな山があるのだが、このデジカメでは写らない。 デジカメのズームを目いっぱいに上げて写してみた。なかなか月がつかまらなかったが、ようやくファインダーの中に捉えることが出来た。少しでも手がふらつくと、月はまた何処かに行ってしまう。ようや... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/04 08:29
大川の瀧はすごい水量だった
栗生の石楠花公園へ行ったついでに、もう少し西へ走って大川の瀧(オオコノタキ)へ行ってみた。屋久島の観光スポットの一つでもあるこの瀧は、「日本の瀧100選」にも掲げられている。雨が降った後ということで、いつもより推量が多く、ゴーゴーと水が流れ落ちていた。この壮大さ、さすが日本の瀧100選に選ばれているだけのことはある。高さは88mである。 見よ、この雄姿?を(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 08:50
霧雨の中の石楠花(シャクナゲ)その2
シャクナゲを見に行った続きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/28 09:00
霧雨の中の石楠花(シャクナゲ)その1
3月の半ばに石楠花公園を訪れたときは、はまだ蕾が固かった ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/27 08:19
筍(タケノコ)をゲット
平内集落を散歩の途中、平内川沿いを歩いた。川を挟んで両側が竹林になっている。この場所は前に奉仕活動の一環で川の掃除と植樹をした場所、私のお気に入りの場所のひとつです。そういえば、そのとき区長さんが、「ここのタケノコは自由に採っていいですよ」と言っていたのを思い出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/26 07:01
久しぶりの散歩、お山は新緑です
屋久島に戻って、久しぶりに平内を散歩しました。お山は新緑で、中腹の緑が若草色できれいにお化粧しています ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/25 07:11
“ダチク”を刈る
屋久島の我が家、南側100m先は断崖絶壁で海となっています。ウッドデッキからは海が見えるはずなんですが、空き地にダチクと呼ばれる生命力の強い植物が多い茂りその景観を邪魔しています。このダチク、ともかく厄介者で、屋久島中どこにでも生えています。そして、放置しておくと高さが5mにもなってしまいます。そこで他人の土地ですが、この空き地に茂っているダチクを刈ることにしました。 まずは、刈る前の証拠の写真です(笑)。中央、笹のように茂っているのがダチクです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/19 09:26
初めて訪れた口永良部島(その4)
ヤクシカが群生する丘陵である。このあたりは町営牧場になっており、黒毛和牛が飼育されている。だが、この日は放牧されていなかったので、ヤクシカばかりが目立っていた。このヤクシカは飼育されているものではなく、自然のものである。これだけのヤクシカは屋久島本島でもまず見ることは出来ないでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/04 07:22
初めて訪れた口永良部島(その3)
夕食前に湯向(ユムギ)温泉に入りました。宿から歩いて1分、山すその本当にしなびた温泉です。雰囲気が良いでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/02 08:44
気根を垂らすガジュマル
ガジュマルとかガジュマロとも呼ばれる。屋久島には沢山のガジュマルの木があります。屋久島の北部、志戸子(シトコ)には「ガジュマル園」もあり、観光スポットの一つになっています。 私が住む、屋久島の南、平内にも、あちらこちらでこのガジュマルを見ることが出来ます。散歩道の途中、県道沿いにもいくつかのガジュマルがあります。これはその中の一つです。見てください、この気根を、いっぱい垂れ下がっています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/25 07:16
湧き水とクレソン
屋久島の尾之間(オノアイダ)でサラブレッドを飼っている”ぱからX3”ことTさん宅にお邪魔しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/03/16 08:48
メヒルギ群落地?
以前にも一回ご紹介しましたが、屋久島の西、栗生川の河口にメヒルギを保護した群生?地があります。かあさんは行ったことがなかったので連れて行きました。その昔は向こう岸には多くのメヒルギがそれこそ本当に群生していたそうです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/13 07:25
石楠花の蕾は固かった
暖冬が続いたのでさぞかし石楠花の開花が早いだろうと思い、栗生にある「石楠花の森公園」に行ってみました。場所は、屋久島の県道を外回りで走り栗生橋を渡ったところを右に入った場所にあります。たしか去年は3月中旬には石楠花の花が満開だったように記憶しています。だから暖冬の今年はきっともっと早いに違いないと・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/12 09:27
久しぶりにヤクシカが顔を見せた
雨が降ったこの日、外には洗濯物を干せないので、かあさんは2階のクローゼットに洗濯物を干していた。突然1階にいた私に向かって、「とうさん、とうさん、シカが来てるよ!」と大きな声を出した。窓からヤクシカを見つけたのだった。 あわててデジカメを握り2階に上った私、何はともあれ1枚撮った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/04 06:52
宅地の造成かと思いきや・・・
朝の散歩、この日は我が家から農道に出て、東に向かった。最近工事の音が聞こえてくるのでどんな状態なのかちょっと見に行った。 家から歩くこと約15分、広大な面積の土地が造成されていた。確か前に歩いたときはジャングルみたいに雑木がうっそうと茂っていた場所である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/03 07:02
平内川のほとりを散策
私たちが住む屋久島の平内集落、その中心部を流れるのが小さな川、通称平内川だ。今日の散歩はその周辺をあるいてみました。天気がいいので、かあさんも気分ルンルン(^^) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/01 08:00
屋久島温泉(JRホテル)から見る夕日
屋久島の屋久町役場がある尾之間(オノアイダ)には、有名な尾之間温泉があるが、もう一つ屋久島温泉もある。一昨年にオープンしたJRホテルの中にその温泉はある。私たち夫婦は平内海中温泉が入れない(干潮の時間帯が合わない)ときは、この屋久島温泉に入ることが多い。町民割引がきくので1人400円で入れる。タオル、バスタオルが借りられるので手ぶらで行けるのがありがたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/24 09:21
山河(ヤマンコ)公園と山河湧水
屋久島の南西、原(ハルオ)集落に「山河公園」がある。山河と書いて「やまんこ」と読ませる。県道沿いにあるので、車で通りかかればすぐに分かる場所である。毎日のように通り過ぎていたが、かあさんと一緒にちょっと寄ってみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/20 08:36
海中温泉の日没2景
日課のように通う平内海中温泉、2日間連続での夕刻の写真を撮りましたので見てください。屋久島の中でも温泉に恵まれている平内に越してきて本当に良かったなと思える瞬間でもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/02/18 08:58
麦生の大石
屋久島の麦生集落、市橋農園のあるあたりは大石地区(住所では字大石)と呼ばれている。何故そんな名前がついたかというと、こんなに大きな石(岩)がデンと居座って?いるからなのだ。いったいぜんたい何トンあるのだろうか、想像もつかない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/10 08:27
ケサランパサラン飛来第一号
今年もケサランパサランが飛来した。2007年第1号である。去年、屋久島で初めてこの物を見つけたときは、大いに感動した。 1月25日の朝、庭の芝生の中に何やら白っぽいものが見えた。もしや、と思い近づいてみると案の定、あのケサランパサランであった。去年のものと比べるといくらか小ぶりではあるが、優雅な姿に変わりはない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/02/02 07:31
大川浜を散策
大川の瀧から海側に歩くこと5分、きれいな海岸に突き当たる。大川浜だ。夏にはここの河口で孫たちとよく泳いだ。瀧を見た後この大川浜を久しぶりに散策した。 瀧から細い道を歩いて5分、木立のアーチの向こうに大川浜が見えてくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/02/01 08:22
冬の大川の瀧も風情がある
あまりに天気がよいので、栗生に行ったついでに、“大川(オオコ)の瀧”まで足を伸ばしてみた。久しぶりに見る大川の瀧である。大川の瀧は屋久島の西、県道からちょっと山側に入ったところにあり、日本の名滝100選にもなっている。屋久島の観光スポット一つである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/28 07:37
海中温泉の近辺環境
何回も登場している平内海中温泉の近くの風景である。県道から「平内海中温泉」の看板を海側に入り、250mほど下ったところである。海からはちょっとした高台になっていて温泉にはここから降りて海に向かうのだ。右側に見える建物は民宿になっている。夏はここで泊り客がよくバーベキューを楽しんでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/23 08:28
アクシデント、シロハラの死
突然のことだった。”グヮチャン!”と大きな音が私の右耳に入った。瞬間何かが跳ね飛ばされたような影が目をよぎった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/01/21 07:53
松の赤ちゃん、見〜つけた〜
屋久島に移住するまで、何となく屋久島には松の木は無いのではないかと思っていた。南の島というイメージを持っていたので、松は似合わないという先入観があったのだろう。当然だが、実際には屋久島にも松の木はある。特にヤクタネゴヨウ(屋久種子五葉)という名の松は、屋久島と種子島にだけ生息するという種で希少価値だ。現在屋久島に約1500本、種子島に約100本だけしか自生していないという絶滅危惧種である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/20 09:55
家の脇を流れる川
屋久島には無数といって良いほど川が流れている。屋久島の中にある各集落はほとんどが川によって区切られている。その昔、道路(県道)が整備される前は集落の行き来は海から船に乗って行われていたと聞いた。川によって分断され、集落ごとの文化やしきたり、あるいは言葉が伝えられてきたのである。だから集落が違うと、微妙に言葉も違うのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/19 08:56
モッチョム岳の麓、“ぱからX3”で忘年会
屋久島にやってきて2年目に入った今年、大分島暮らしにも慣れてきていろんな人たちとも出合ったし、生活を楽しめるようになってきました。このブログも今年の1月からスタートさせ、早1年近く経ちました。 今年の最後ということで、暮れの27日に行われた楽しい忘年会?の模様をお伝えして今年の締めとさせていただきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/31 07:43
光る海
久しぶりの快晴、気持ちのいい小春日和である。海が光っている。暖かな太陽の光画燦燦と降り注ぐ、南の島はこうでなくっちゃ(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/12/25 08:40
つわぶきの花
屋久島のどこでも見かける植物の一つがつわぶきだ。寒くなるころ花を咲かせる。早春には新しい茎が伸びてくるのでそれを摘んできて食用にする。 裏の畑の周りで雑草に混じって早くもつわぶきが黄色い花を咲かせ始めた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 9

2006/11/28 07:51
すすき
屋久島もすでに秋深し、あっちこっちですすきが穂をのばしている。すすきは、どこにでも生息するので決して珍しくは無いが、ここ屋久島のすすきは背丈が異常に伸びる。2m〜3mは普通であり、中には5m近いものもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/26 08:15
平内、秋、夕暮れ時、山、海、雲
県道で、ポインセチアや「眠れる森の美女」を見たあと、海側の農道に入る。我が家まであと徒歩で20分だ。秋の深まりを感じながら、ゆっくりと歩く。そう、ゆっくりと歩くといつも歩いている道にもいろんな発見があるのだ。 紅葉が少ない屋久島の平地でも、かすかに色づく木々がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/24 08:20
久しぶりの雨
待ちに待った、久しぶりの雨らしい雨。ベランダをぬらす水滴がなんともありがたく感じてしまうから不思議だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/11/22 08:54
屋久島、秋の空、雲
日没ショーの次は、昼間の空をご覧ください。屋久島も、もうすっかり秋、この日は秋の雲が空いっぱいに広がっていました。ちょっとした雲の隙間が出来た瞬間、真っ青な青空にハイビスカスが背伸びしているようです(^^)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/21 08:40
日没ショー
この日は晴れていたが、空の下のほうには黒い雲が漂っていた。夕方5時ちょっと過ぎだろうか、私が2階でパソコンをいじっていると、かあさん(妻)の大きな声がした。「とうさん、お日様がまん丸に見えるよ!」、ん!お日様がまん丸?あたりまえじゃないかと私は一瞬思った。それでもちょっと外に出て西の空を眺めた。確かにまん丸のお日様があった。すでに眩しさはなくなっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/19 07:43
栗生の海で謎?の石垣を発見
屋久島の西、栗生(クリオ)の近辺を散策した。いつもは車で通っているので、細かいところはあまり見えない。海の美しさだけは目に入るが、さーっと通り過ぎていた。 たとえば、これは栗生海水浴場のある栗生ビーチだが、いつもは正面からしか見ていなかったが、こうやって横から見るとビーチの雰囲気がよけい出てくるから不思議だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/15 07:51
屋久島研究講座に参加した
11月7日(火)の夜、宮之浦にある「屋久島環境文化村センター」で行われた「第三回屋久島研究講座」に参加した。テーマは「ヤクシカと屋久島の植物の過去・現在・未来」 であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/11 08:27
松の木に止まった鳶
ここは屋久島、平内(ヒラウチ)の海岸寄りにある我が家。そのまん前、南側の空き地に一本の松の木がある。引っ越してきた去年はまだこんなに高くなかったのだが、たった一年間で5mほども伸びたような気がする。 屋久島は上昇気流が多いためか空を鳶(トンビ)がよく滑空している。気持ちよさそうに。この日、南側の窓を開けたとき、一羽の鳶が滑空してこの松の木の天辺に止まり羽を休めた。かっこいいので、写真に撮った。一枚撮ったところで私に気がついたのだろう、あっという間に飛び去ってしまった。残念! だから本日は、こ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/11/10 08:26
屋久島の空が燃えている
またまた夕焼けシーンです。この日は雲と夕日の共演で見事な作品が完成しました。燃える!そうまさしく空が燃えているのです。どうしても写真に撮りたくなっちゃって、またまた夕焼けになってしまった。でも、同じ夕焼けでも同じものは一つとしてありません。それが自然のすごさですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/11/09 09:20
サキシマフヨウの花が咲いている
屋久島では今、島中で芙蓉の花が咲き乱れている。島の何処でも見ることが出来る。聞いた話では、屋久島に咲くフヨウはほとんどがサキシマフヨウという種類なのだそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/08 09:02
屋久島のメヒルギ(マングローブ)
屋久島の南西、栗生(クリオ)にメヒルギの群生地がある。メヒルギとはマングリーブのことである。今まで一度も行ったことがなかったが、駅伝の試走をしたこの日、栗生まで行ったのでその場所を覗いてみた。群生地というからもっといっぱい茂っているのかと思っていたら、思いの外小じんまりとした群生?であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/11/07 09:02
絶景かな!平内海中温泉の夕陽(2)
しつこいけど、夕陽の続きです。 さあ、陽が沈む瞬間をスライドショーでどうぞ。ちょっと写真が多くて重たいかもね(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/10/31 08:47
絶景かな!平内海中温泉の夕陽
ここのところ夕日のテーマが多くて済みません。でも秋の屋久島では雲が少なく、夕陽は本当に美しいんです。だから今日もまた懲りずに夕陽をお見せすることになりました。 この日、夕方5時ごろに平内海中温泉に行った。温泉にひとつかりし、のんびりしていると、太陽が西の海に沈み始めた。素っ裸のまま慌ててデジカメを握り、岩の上に登った。夢中でシャッターを切る。写真の手前の海はそのまま海中温泉につながっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/10/30 09:40
栗生川の河口を散策
屋久島の西、栗生(クリオ)集落に駅伝コースの下見に出かけたついでに、栗生川の河口を散策した。屋久島の川はいい。かあさん(妻)も川が大好き。 川を西から東に向けて写真を撮った。対岸側には小学校がある。川辺にあったセンダンの木には黄色い小さな実がたくさん成っていた。右に見えるのは栗生橋である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2006/10/29 08:26
駅伝コースを下見
ここは屋久島の屋久町。11月19日(日)には、町内一周駅伝大会が開催される。去年移住してきたばかりの私は、1度だけこの大会を見るチャンスがあった。集落を代表した選手たちが懸命に屋久島のアップダウンを走る、走る。その迫力は恐ろしいばかりだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/27 08:31
朝日が昇り、夕日が沈む
ここは屋久島、10月24日、快晴。今日も天気が良すぎるくらいだ。雨が降らない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/26 08:28
屋久島、秋の夕焼け空
屋久島もいよいよ秋を迎えたようだ。どうして?屋久島は秋になると夏とは違い、朝晩の雲がほとんどなく、空が下まで綺麗に見えるのだ。夏の間は夕日が最後まで落ちるところは見られない。途中で雲の中に隠れてしまうのだ。でも、秋は違う。完全な夕日を拝むことが出来るし、夕焼けも澄んだ美しさがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/16 08:41
屋久島、平内(ヒラウチ)の秋
秋は空が高いという。とりわけ屋久島の秋は澄んだ空の青さが際立つ。紅葉はこれからだが、それでもハゼの木はもう大分前から赤くなっている。この日は平内集落を散歩して秋を実感することにした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/15 05:20
「やくしま森祭り」夜の部(1) 屋久島総合自然公園
さあ、「やくしま森祭り」もいよいよ夜の部、音楽アーティストたちによる音楽祭の始まりである。会場は昼の部とは違い、屋久島総合自然公園で行われる。屋久島総合自然公園は、屋久島の観光スポット白谷雲水峡に向かう道を途中から右に入ったところにある。まさに自然の中での祭典だ。今年5月のツーデーマーチで30km歩いたときにもこの屋久島総合自然公園に寄ったことがあるので、場所はすぐに解った。ただしこの日は車で行ったのであっという間に着いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/13 08:41
「やくしま森祭り」昼の部(2)でカヌー初体験
「やくしま森祭り」昼の部の続きです。万華鏡作りを体験した後は会場のすぐ脇を流れている宮之浦川でカヌーを体験した。私もかあさん(妻)も生まれて初めての体験であった。天気は晴天、波もほとんどなく、カヌーをするには絶好のコンディションである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/10/11 07:53
シドッチ神父上陸記念碑
シドッチ神父?と言っても屋久島の人以外は知らない人が多いと思います。 今から約300年前の1708年、キリスト教の布教のため日本を訪れたイタリア人の宣教師、ジョアン・バテイスタ・シドッチ神父が最初に上陸したのが屋久島だったそうです。シドッチさんはシチリア島の生まれとか、だから屋久島に上陸したのかもしれない。その上陸した場所が小島(コシマ)集落である。県道を西に向かい、小島集落の入り口近くに「シドッチ神父上陸記念碑入り口」の案内がある。私の家から車で10分とかからない場塩だが、屋久島に移住してか... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/09/29 07:09
迫る夕闇
これから本格的に秋にむかう屋久島。楽しみは空、雲、星である。空の変化は秋から冬に掛けてとくに激しい。夕焼けも朝焼けもだんだん美しい季節を迎える。 この日、屋久島温泉の帰り、夕闇が空を覆い尽くす様を眺めた。 もう、お日様は沈んだが、地の果てから雲の間を通してかすかに光が残っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/28 08:57
ヴィヴァ!屋久島移住一周年
Viva! Anniversary 1st ! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

2006/09/27 07:09
屋久島の塩害
この前の台風13号、屋久島としては大した台風ではなかったが、我が家の庭の花木には影響があった。塩害だ。台風が去った後、家の外壁などは水で流し、塩を払ったので問題なかった。でも、庭の花木の中には塩でやられた物があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/25 08:56
屋久島名物?の虹
台風が去り、空気が一段と乾いてきた。気温も25度位だろうか、気持ちのいい朝だ。朝6時半、かあさん(妻)が「とうさん、虹が出てるよ」と教えてくれた。外を覗いてみると、大きな7色のアーチが山裾から海に向かってかかっていた。 これは、外に出て家の東側の空き地から撮った写真である。我が家をまたぐように虹がかかっている。突然小雨がぱらついてきた。西の空が、黒い雲に覆われた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/09/22 07:57
カンノンチクは町指定の天然記念物
都会では園芸植物として楽しまれている“カンノンチク”が群生している場所が私の住む屋久島の平内(ヒラウチ)集落にある。しかも、屋久町指定の文化財(天然記念物)になっている。このカンノンチクは、漢字で書くとたぶん「観音竹」と書くのではないか。でも、実は竹の種類ではなく、ヤシ科の植物なのだそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/09/20 07:54
屋久島で初めての台風13号を経験した
台風13号の移動コースが気になっていたが、途中から北東に進路を変え、どうやら屋久島も影響を受けることになってしまった。 去年の9月の終わりに引っ越してきてから、台風らしい台風を経験していないのだ。私たち夫婦は、不安半分、期待?半分(笑)で当日(17日)を迎えた。台風13号はその中心を屋久島の西にわずかに外しながら通過していった。私たちの住む平内集落の海側では思っていたより風も雨もたいしたことはなく、ちょっと拍子抜け。前日から事前準備?したのは何だったんだという感じであった。まあ、結果的にはこれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/09/18 10:21
近くに住む?ヤクシカの親子
2階のベランダにいたかあさん(妻)が、「とうさん!とうさん!シカがいるよ」と声を掛けた。1階にいた私はカメラを持って外に出た。家の東側の空き地に、私の軽ボックスカーを止めてある。そのすごそばにヤクシカの親子が顔をだした。かわいい!あわててシャッターを押したので少しピントがずれた。ヤクシカは、人が近づいてもいきなり逃げたりはしない。たいがいキョトンとした顔でこちらをしばらく見つめる癖がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/17 08:00
屁糞蔓(へくそかずら)
散歩途中の道端でかあさん(妻)が、「あっ、へくそかずらだ」と言った。「へくそかずら?何てひでえ名前だ」と私。何でこれが“へくそ(屁糞)”なんだろう。名前の由来はかあさんも知らない。ただ子供の頃岡山では、この花を摘んで、つばを付けて鼻のてっぺんに貼付けて遊んだという。私にはそんな経験はないのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/09/16 07:22
雨降り後の小揚子川
9月になっても暑い日は暑い(あたりまえか(笑))。この日あまりにも蒸し暑いので、午後から川に行って泳ごうかということになった。孫たちや娘たちが来たときによく行った例の小揚子川(コヨウジガワ)に行くことにした。実はこの日、早朝からしばらく大雨が降ったのだが、朝遅くには晴れて蒸し暑くなったのだった。 川に着いてみると、雨の後のせいか、水が濁っていた。いつもは川底が見えるくらい透き通っているのに、今日はうす茶色の水で覆われているし、泡ぶくが上流から流れてきている。どうしたことか、濁った水を見つめて、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/14 11:08
“グアバ”と“たまりろ”
屋久島にはいりいろな果物が栽培されている。ぽんかん、たんかんの柑橘類を筆頭に、マンゴー、パパイヤ、パッションフルーツなどが一般的だ。この他にも、屋久島ではほとんどの木に花が咲き、実が実る。麦生(ムギオ)集落に住むテニス仲間のTさんとKBTさんの家にはいろんな木があり、実を付ける。今回、珍しいグアバとたまりろの実が手に入ったので、ご紹介しておこう。大きくて緑色の実がグアバ、小さいほうが“たまりろ”の実である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/13 08:13
葛(くず)
この1ヶ月で雑草がかなり伸びた。雑草に混じって葛(くず)もどんどん伸びる(葛も雑草かもしれませんが)。我が家の東側の空き地には葛が群生したいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/09 07:34
久しぶりに海中温泉に入った
7月の半ば過ぎから今まで、私は大好きな海中温泉にほとんど入っていなかった。この時期は観光客の方たちが多く、なかなか入れないのだ。また、日中の温度が高く、温泉の温度もとっても高くなっており(たぶん45度くらいはありそう)、海の水が入ってくるまでは熱すぎて入れないこともある(あまり熱いときは、ホースで引っ張った水でうめます)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/09/08 09:23
久しぶりの雨
久しぶりに雨が降った。雨らしい雨は久しぶりだ。7月の後半から今まで日照り続きで、雨が降ってもほんの一瞬だけだった。 屋久島は雨の島と言われているが、今年は異常なのだろうか、この夏本当に雨が無かった。雨のない屋久島なんて・・・とまでは言わないが、屋久島らしく無いのは事実だ。まあ、観光客の人たちにとっては幸いだったかも知れないが(^^;)。 この日は朝から空がどんより曇っていた。昼前にかすかな雷の音とともに雨が降ってきた。何だかホッとした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/09/07 07:23
久しぶりの散歩
この朝、屋久島に戻ってから初めて散歩をした。6時「エリーゼのために」(屋久町では午前6時になると一斉にこの曲を町内放送で流すのだ)を聞いた後、かあさん(妻)と出発した。いつもの散歩コースだ。 山々が朝焼けに染まる道を早くも汗をかきながら歩くかあさん。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/01 07:09
キャンプファイヤーに参加した(1)
屋久島の西、栗生(クリオ)集落のはずれに「青少年旅行村」というキャンプなどが出来る施設がある。この日はここで行われたキャンプファイヤーに参加した。かあさん(妻)の知り合いが障害者支援のボランティア活動をやっており、その活動の一環であるとのことで私たちも行ってみることにしたのだ。実はかあさんは千葉に住んでいた頃、老人介護のボランティア活動をやっており、友達とNPOまで立ち上げた経験があるのだ。屋久島に来てまだ間もないので、屋久島でのボランティアというものの実状を少しずつ勉強しているようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/08/23 08:15
台風10号からも逃れた
台風シーズンだ。屋久島は台風の通り道とも言われており、過去に幾度となく台風に見舞われている。でも屋久島では人身事故がほとんどないのだ。不思議である。やっぱり慣れているのでしょうか(笑)。 私たちは移住してからまだ一度も台風にあったことがないのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/19 09:49
娘は、もののけ姫の森へ
前回来たときも、しほ(娘)は白谷雲水狭からもののけの森を散策しているが、彼氏が初めての来島で、どうしても行ってみたいということで、この日2人は出かけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/16 08:40
娘も孫たちと同じ川で遊ぶ
屋久島にやってきた娘、翌日は川で泳ぎたいという。孫のみうやりのが泳いでいる写真をブログで見ていたので、そこで泳ぎたいという。行く前から家の中でシュノーケル付きの水中めがねを付けて気合い十分だ。顔が見えなくて丁度いい(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/08/14 08:24
雨が降らない?屋久島の夏
ここんところ屋久島ではちっとも雨が降らない。珍しいことだ。毎日毎日、快晴なのだ。朝晩は大分涼しくなってきたが、昼間の暑さはこたえる。確か屋久島では1ヶ月に35日雨が降ると聞いていたのだが?(笑)、やっぱり異常気象なのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/12 09:32
縄文杉の登山口へお迎え
孫たちが滞在していたときの写真がまだいくらか残っているので、さかのぼって記事に残しておくことにした。このブログを続けてを見て下さっている方にはもうウンザリかもしれませんが、ジジ馬鹿としては、やっぱり孫のことは最優先ですから(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/09 14:08
みう、ヤクスギランド80分コースを完歩
今日は孫たちを「ヤクスギランド」に連れていった。名前を聞くと遊園地みたいだが、そうじゃない。ここは屋久島の自然を歩きながらたっぷりと観察できる場所の一つなのだ。標高は1000m以上になるのでとっても涼しい場所だ。家からは車で約1時間ほどかかる。急な山道を40分も登らなければならないので大変だ。 ヤクスギランドでは、屋久杉や苔、急流に巨岩などを見ながら、30分コース、50分コース、80コースと150分コースの4コースの中から自分の体力に合ったコースを選択して楽しめばよいのだ。この日は、80分コー... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/08/01 07:24
みう&りの、大川の瀧に遊ぶ
孫たちが来てから屋久島は毎日快晴、温度も連日30度を越す猛暑が続く。きっと、みうかりの、どっちかが晴れ女なんだな(笑)。 こんな時は瀧に行ってマイナスイオンを浴びると涼しくなる。 屋久島の代表的な瀧である「大川の瀧(オオコノタキ)」に行った。家から車で約20分の所だ。瀧をバックに記念撮影をする息子一家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/07/31 07:26
パイナップルの花?が咲いた
ここのところ、暑い日が続く。雨もほとんど降らない。まったく1ヶ月に35日も雨が降るなんて誰が言ったの(笑)。畑も日干し状態ではないかと覗いてみた。 1本のパイアンップルの所で足が止まった。いつもと違う、何か変だ。そう、真ん中に花?らしき物が出てきているではないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/29 08:19
枕状溶岩(屋久町指定天然記念物)
屋久島の東、永久保集落から海側に下りると、田代海岸に行き当たる。この田代海岸に「枕状溶岩」はある。屋久島に何回も来て、さらに現在では移住も果たした私だが、ここに来たのは初めてである。いったいぜんたい、枕状溶岩って何? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/07/21 08:29
大川浜
前にも一度ご紹介したが、大川の瀧(オオコノタキ)から海岸に出る細道がある。そこを通って海に出る。誰もいなかった。台風の余波で波は高い。ここの浜は屋久島の中でも私の気に入った場所の一つである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/07/19 14:13
名水百選 “大川湧水”
石楠花公園で遊んだ後、久しぶりに大川の瀧(オオコノタキ)に寄ってみることにした。その前に、持ってきたペットボトルの水が空になっていたので、水を補給する。県道から瀧に入る入り口の手前に名水百選に選ばれている「大川湧水」があるのだ。屋久島の水はどこでもとっても美味しいのだが、この大川湧水の水はまた特別である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/17 07:16
童心にかえって水遊び
石楠花公園に入って歩くこと約10分、右に流れている清流に降りられる場所があった。後で調べたら、この清流は小楊子(コヨウジ)川と呼ばれ、その源流は屋久島最高峰(九州最高峰)の宮之浦岳にある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/07/16 08:34
石楠花公園を下調べ
もうじき、かわいい孫(2人の女の子)が屋久島の我が家にやってくる。今から指折り数えて待っている私たち夫婦(^^)。今日は孫が来たときに遊ばせる場所の下調べをすることにした。まずは、近場からということで、屋久島の西、栗生(クリオ)にある、「石楠花公園」に行くことにした。前回は3月の終わり頃に行ったが、その時は石楠花が満開に咲いていた(その時の模様はこちら)。 これが入り口であるが、入場無料である(以前は入場料を取っていた時期もあったようだ)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/07/15 09:05
何じゃこりゃ!
1階のベランダに置いてあるエアコンの外器に変な生き物がへばりついていた。何じゃこりゃ!手足?が異常に長く、20cmくらいある。その割には体が小さい。細長い手足でがっしりと金属板にくっついている。よく観察すると、手足が8本あるので、間違いなく蜘蛛の一種である。何のためにこんなに手足が長いのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/07/13 08:43
ピンク色に染まった空
ベランダでビールを飲みながら外を眺めていた夜7時半過ぎ、突然空がピンク色に染まり始めた。あわててカメラを持ち出し、外に出た。 初めは西からの夕日にあてられてか東の空にある雲が、ほんのりとピンク色になった。この時間、まだ青空ものぞいている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/09 09:25
台風の影響か、高波で温泉は波の中
この日は、午前10時から12時までの2時間、テニスをする日であった。郡市民大会も近いので、出来るだけ練習しておきたい。台風3号の影響か、風が強かった。でも、平内集落は雨も降っていないし大丈夫だと思って安房(アンボウ)にあるテニス・コートに向かった。ところが、テニスを始めたら30分も経たないうちにスコール?がやってきた。風と雨のダブルパンチを受け、いったん雨宿り休憩。10分ほどで止んだので、再開。でも、10分ほどラケットを振ったらまた雨だ。この繰り返しが数回あった。屋久島の天気は本当にめまぐるしく... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/07/08 08:55
散歩コース、ルート#2
我が家からの散歩コースは大きく2つのルートがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/07/07 08:11
朝の散歩で見つけた花たち
屋久島でも、朝5時前には明るくなる。7時になるとお日様が高くなり、日陰のないところでは暑くなる。従って、散歩は朝7時頃までか、日が沈む夜の7時半以降でないと多くの紫外線を浴びることになる。男はともかく、いくつになっても(笑)女性は日に焼けるのを嫌がる。かあさん(妻)も、もうそんなことを気にする歳じゃないんだけど、日焼けに弱く、すぐにシミが出来てしまう。そこで、私たちは最近朝の5時半頃から小一時間、平内(ヒラウチ)集落の中を散歩することにした。ついでに無人野菜売場で、いいものがあれば、買い込んでく... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/07/04 09:00
可憐な花がポツっと咲いた
我が家の庭の南西側は砂利で覆われている。そんな砂利のなかから一輪の可憐な花が出てきた。高さは10cmほど、周りが砂利ばかりなので独り舞台だ。花の達人Mさんに聞いたらその花は「ペチュニア」と言うのだそうだが、かわいい。鮮やかなピンク色がよく目立つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/07/01 07:22
この時期に珍しい?夕焼け
6月20日、夜7時過ぎ平内海中温泉に行ったら、この時期としては珍しく夕焼けに出会った。この時期は晴れていても夕焼けは見られないことが多いが、この日は空が薄赤く染まった。温泉に入りながら見る夕焼けは素晴らしい。すでに日は落ちており、山の稜線は黒く、夕焼けの赤と対照的なコントラストである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/24 09:07
雲が流れる
屋久島の雲は見ていて飽きない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/21 08:14
ヤドカリ
裏の畑を変な物が歩いていた。かあさん(妻)が畑に行ったとき、突然足下で何かが動いた。巻き貝のようなものがひょこひょこと動く。かあさんは何だか分からずこの生き物を手にとって家に持ち帰った。「とうさん、とうさん、巻き貝が畑で歩いていたよ!」とかあさん。なぬっ!訳のわからんことを言っているのだ。見ると、巻き貝の殻に住み着いたヤドカリではないか。何でまた畑なんかを歩いていたのだろうか?不思議ではある。畑の周りは溝になっており、最後は海に落ちている。もしかしたら、海から逆に上ってきたのだろうか。海への断崖... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/19 10:00
海の回廊
自力で家を建てている達人?Kさんの陣中見舞いの帰り、同じ湯泊(ユドマリ)集落にある「海の回廊」を通ってみた。海が一望できる絶好のスポットに休憩所が用意されている。観光客用に作られた施設のようだが、あまり利用されていないようだ。立派なトイレも完備されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/17 09:32
自生のバナナが生っていた
いつもの散歩コースであった。見慣れた景色なので、あまり真剣に見ていなかったが、平内(ヒラウチ)の川を渡るとき、紫色に咲いている花が目に入った。何だろうと、観察すると、それはバナナの花だった。川の土手に自生しているバナナの木である。何時の間に花を咲かせたのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/09 08:59
山の見える風景
屋久島の平内(ヒラウチ)集落からは、いくつもの山を見ることが出来る。麓は、のどかな田園風景(田舎風景)が広がっている。この写真でも手前の稜線の向こう側にいくつかの奥岳(屋久島では手前側の山を前岳、奥の山を奥岳と総称して呼んでいる)が見え隠れする。屋久島の各集落はそれぞれの神様が宿る奥岳をもっていおり、毎年正月には、集落の若い衆が「岳参り」と称して、奥岳に上り、神様を祭った祠に貢物を授けるのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/08 08:54
悪役の感じがする木?
屋久島に自生する木の中で大きくなる代表選手がガジュマロとアコウの木だ(本当は屋久杉を代表とする杉なのだが、南国らしい大木はこの2種類である)。私が住む平内(ヒラウチ)集落にも多くのアコウの木がある。大きくて、複雑怪奇な木である。他の木を締め付けながら成長するのだ。こんな感じである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/06/07 07:53
屋久島、梅雨時の雲
午前中は大雨だったが、午後から上がった。屋久島の天気はくるくる変わるメリーゴーランドのように。それは、雲の流れる速さでわかる。屋久島の雲は見ていて飽きない。10秒として同じ形では留まらないのだ。だから面白いし、神秘的ですらある。この日夕方雨が降りそうで降っていないので、いつもの様にかあさん(妻)と近くの海中温泉に入った。時刻は夕方7時を少し回った頃、温泉に向かう道から見た空は、今にも大雨が降りそうな雲が漂っていた。それでも温泉には先客が2〜3名いた。地元の人たちだ。ここは地元の人たちのまさに公衆... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/05 09:29
屋久島も入梅らしい
5月26日、TVの天気予報で気象庁が「南九州地方は梅雨に入った模様」と発表したことを伝えた。いよいよ屋久島で経験する始めての梅雨に入ったのだ。 27日土曜日、朝から雨だ。時々強く降り、窓を濡らす。やっぱり梅雨なのか。ベランダに出て庭を眺める。雨が終わり無く降っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/30 07:19
山に落ちる夕日
屋久島の南部から見る夕日は何時見てもきれいだ。今の時期は日の入りが午後7時を過ぎるので、大分西にずれてきて、秋から早春までは海に落ちていた夕日が、山に落ちる。草刈をしたこの日、久しぶりにJRホテルの温泉(屋久島温泉)に行った。温泉から出たとき、丁度夕日が山に入ろうとしているタイミングだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/29 09:53
トウモロコシ
この日(5月20日)は快晴であったが、南西の風が強く、前の海は時化ていた。海に白波が立っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/21 09:32
屋久島の北西部を30Km歩く(3)
屋久島ツーデーマーチ30Kmコースの最終回です。 ラスト6Km、ゴールのある永田(ナガタ)集落に向けて歩け歩け!!最後近くなって再び小雨が降り始めた。かあさんはまたポンチョをかぶる。何だか後姿が寒そうだ。でも実際は寒くは無い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/05/18 12:32
屋久島の北西部を30Km歩く(2)
屋久島ツーデーマーチ30Kmコースの続きです。 さあ、後半、あと12Kmだ。次の休息地点である吉田(ヨシダ)集落に向けて頑張るぞ!!雨もすっかり上がり、かあさんもポンチョを脱いだ。沿道の花が私たちを励ましているようだ。空気も美味い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/17 08:43
屋久島の北西部を30Km歩く(1)
がは〜!!、疲れたビ〜!生まれて初めて30Kmも歩いた。もうヘトヘトだ。5月13日、14日の2日間、隣町の上屋久町主催で「屋久島ツーデーマーチ」と称して、2日間歩け歩けの大会が開かれた。日本全国から参加者が屋久島に集合。雨の中大勢の人たちが集まった。30Kmも歩いたのに1回の記事で終わらすわけにはいかないので、暫くはお付き合いくださいね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/16 09:09
罠(わな)!
雨上がりの日、散歩の途中、農道脇で面白いものを見つけた。何だろうと近付いてみると罠の仕掛けであった。大きさから考えると、たぶん猿(ヤクサル)を捕獲する罠ではないか。この罠のあるわき道をそのまま進むと農家の人が作っている畑に出るのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/15 09:35
散歩道が川に激変した!
5月11日、前夜から降り続いた雨は、明け方まで降っていた。晴れたので、昼前にかあさんと近所を散歩した。我が家を出て、1時間ほど農道(といってもちゃんと舗装されている)をブラブラと歩いた。今朝までの雨のせいか、川の流れが急だ。屋久島には、無数?と言っても良いくらい川がある。雨が降ると山からの水が激流となって川に流れ込むのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/14 09:39
青年旅行村(屋久島のキャンプ場)
屋久島の西に「青年旅行村」という施設がある。栗生(クリオ)と呼ばれる集落の近くである。永田(ナガタ)の横河渓谷(ヨコカワケイコク)にハイキングに行く途中ここに寄ってみた。ここは、キャンプ場になっており、テントを借りても一泊800円程度でキャンプすることが出来るそうだ。若い人や家族ずれまた外人さんたちもよく利用している。 この青年旅行村の中は“はまゆう”の群生場所もあるが、今は白いユリの花がいっぱい咲いている。手前の大きな葉っぱは“はまゆう”、白く咲いているのがユリの花である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/07 10:32
横河渓谷
屋久島の北西、永田(ナガタ)という集落から永田川沿いに山側に向かって歩くこと暫し、横河渓谷(ヨコカワケイコク)という絶好のハイキングコースがある。永田のバス停から永田集落の家並みを抜け、ぽんかん畑を左右に見ながら永田川を上流に向かって行ったところである。山側を見上げるとかすか向こうに永田岳が見える。屋久島では宮之浦岳(日本百名山で九州最高峰)と並んで登山者には人気の山だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/06 10:57
のどかな一日
世の中はGW中である。ここ屋久島にも大勢の観光客、登山客が押し寄せている。私がいつも行く「平内海中温泉」にもここのところ沢山の観光客が入りに来ている。若い男性が登山の帰りに寄っていくケースがほとんどだが、年配の方もちらほら見る。 島内は日中どこに行っても観光客のレンタカーでいっぱいだ。そんなときは、家でのんびり休憩するのが一番だ。海からの風が心地よいウッドデッキでひと寝入り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/03 09:12
パパイヤの苗木が生長してきた
去年11月、テニスの仲間にもらったパパイヤの苗木5本のうち4本が植木鉢の中で大分育ってきた。残念ながら当初一番大きかった苗木は、腐って死んでしまった。残念だ。 生き残っている4本の苗木には、それぞれ名前が付けられている。左から「みう」「りの」「しほ」そして「まみ」だ。我が松本家の女性陣の名前を借りている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/30 08:25
完全無農薬自然栽培?のかぼちゃは出来るだろうか
今日からGW(ゴールデンウイーク)だ。勤めていたときは待ち遠しかったが、「毎日が日曜日」の今となっては特段の感慨は生まれてこない(笑)。GW中、屋久島には観光客の波が押し寄せることだろう。 家の東側にある荒地(空き地)にかあさん(妻)がまいて置いたかぼちゃの種から芽が出てきた。どうせ空き地だし、ほっておくと草ぼうぼうになってしまうと、かあさんが3月の10日ごろ屋久島の人からもらって食べたかぼちゃの種をまいておいたのが出てきたのだ。まあ、雑草が生えてしまうより実利があって楽しみではある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/29 09:31
もうじき五月
もうじき五月、屋久島は春の装いでいっぱいだ。木々は緑を深め、いろいろな花が咲いている。端午の節句の準備も万端、大分前から鯉のぼりが上がっている。この写真は風の無い日に撮ったのでちょっと鯉のぼりに元気が無いように見える。こちらの鯉のぼりには必ずと言って良いほどノボリ(旗)が立っており、豪華である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/27 09:12
ふきの群生
屋久島ではつわぶきがいたる所で自生しているかが、ここ千葉の栄町では本物のふきが群生していた。春の息吹が感じられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/23 08:44
ヤクシカ再び登場!
3月25日付けのブログで我が家の近くにヤクシカが現れたことを書いたが、それ以来プッツリとヤクシカさんの姿は見えなかった。 4月11日(火)の午後5時半過ぎのことだった。今日(14日)から千葉に帰るための荷物を車庫のところで荷造りしていたら、突然背後にヤクシカさんが現れた。前回同様3匹が見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/14 08:36
エゴの木
平内集落の農道を散歩していると、道路に白い花びらがいっぱい散らばっていた。まるで桜のように見えたが、よく見ると違う。屋久島ではこの時期よく見かける花である。かあさん(妻)に聞くと、「エゴの木」というのだそうだ。農道に撒き散らされたように落ちている花びらがなんとも風情がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/12 09:01
草取りに精を出す
この時期、屋久島では雑草が次々と芽を伸ばす。今刈っておかないと、草ぼうぼうで大変なことになるのだ。そこで、まめに草取りをしなければならないが、私はこの作業が苦手だ。腰が痛くなる。そこで、かあさん(妻)の出番だ。今日は西側の砂利を引き詰めたところに生えてきた雑草を取っている。炎天下では帽子は不可欠だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/09 09:46
これが夕日だ!
4月3日、快晴。こんな日は夕日が美しい。夕方、近くの平内海中温泉に行った。温泉に入った帰り道、海中温泉の入り口から見事な夕日が望めた。大きくなった太陽がだんだん水平線に近付いている。見事なばかりにまん丸なお日様が一日のお役目を終えて、お休みになる時間だ。午後6時半、屋久島の日暮れが始まる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/05 09:51
永田の田舎道を散歩する
プライベートビーチを出て、西部林道を通り島の反対側にある永田集落に向かった。途中、西部林道では可憐なサクラツツジの花が咲いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/31 09:31
秘密?のビーチ
秘密にしておきたいのだが、私のプライベート?ビーチをご紹介しよう。屋久島の観光スポットの1つである大川の瀧(オオコノタキ)を、川に沿って瀧とは反対側に歩く。まず最初に出迎えてくれるのは、このお地蔵さんだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/30 08:58
もうじきハイビスカスが咲く
屋久島で最もポピュラーな花は、やっぱりハイビスカスだ。種類も豊富で多分100種類以上あるのではないか。冬でも風の無い日当たりの良い場所では咲いている。我が家は海に近く、風も強いので、2月の中旬からこの時期にかけてハイビスカスの花は咲いていない。種類によっては葉っぱも散ってしまい、まるで枯れ木状態になっている。 今日(3月27日)、快晴なので庭をチェックしたら、ハイビスカスに変化があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/29 08:48
ヤクシカが我が家を訪れた?
「とうさん!とうさん!」けたたましい声が私を起こした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/03/25 09:12
すみれ
屋久島ではもうスミレの花も終わりになる頃だ。今日(3月23日)はいい天気、そこで我が家の南側の垣根の外側に空き地から採ってきたスミレを植えてみることにした。次の写真は我が家を南側から撮ったものである。白い垣根の木と石垣の間にスミレを50株ほど採って植えてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/24 11:54
石楠花(シャクナゲ)
この日(3月20日)の朝、突然の来客があった。前にJRホテルの温泉でかあさん(妻)が知り合った大阪の方で、Uさんご夫婦である。Uさんご夫婦はすでに、ここ平内に家を買われているが、ご主人がまだお仕事をされているので、時々屋久島に来ては楽しんでいるとのこと。大阪の気のいいおばちゃんとといった感じの奥さんで、かなりのハイテンション、バイタリティの持ち主である。その分(笑)ご主人は物静かな人である。「これからシャクナゲを見に行くんだけど、一緒に行かへんか」と訪ねてこられた。 突然だったが、暇人の私たち... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/03/23 10:40
屋久島で、雉(キジ)に出会った。屋久島の平野(ヒラノ)という集落の近くを車で通りかかったところ、突然目の前を鳥が横切ろうとした。やや大きめの鳥でヒョコヒョコ歩いている。なんだろうと思ってよく見ると、キジ、それもまだ子供だろうか。あわてて車を止め、写真を撮ろうとしたが、脇の茂みに逃げ込んでしまった。そろりそろりと茂みに足を運んだが姿が見えない。もう一歩前に出たら草がガサガサと鳴った。とっ、バサバサバサと音がして、キジが舞い上がった。あわててシャッターを押したので、ピンとも合っていないが、何とか飛ん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/22 09:33
蛇ノ口滝
3月17日快晴。あまり天気が良いので、急に思い立って、午後から蛇ノ口滝までハイキングに行くことにした。屋久島の案内書を見て思いついた。入り口は、近くの「尾ノ間温泉」である。そこから登りが約2時間半、下りが1時間半の合計4時間ほどだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/20 09:20
小鳥
屋久島の我が家には、毎朝かわいい小鳥が鳴きに来る。いつもは電柱をささえる鉄線か電線に止まって鳴くのだが、この日は庭のハイビスカスの枝に止まって鳴いていた。写真では御覧にいただけないが、背中が赤茶色で白い斑点がある鳥だ。写真中央に小さく見えるのがそうだ。快晴のこの日、いつもよりはっきりと鳴き声が響いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/19 11:21
屋久島の風はすごい!3月16日は雨と風の両方が強い日だった。たぶん、関東の台風よりも強いのではないか。雨は上からではなく横あるいは下から降りかかる。傘はまったく役に立たない。こんな日は何も出来ない。そこで夕方いつものようにJRホテルの温泉に入りに行った。JRホテルから見る岬の海は強烈な風に打たれて荒れ狂っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/18 08:52
散歩道の風景
3月14日、午後3時ごろからいつものように散歩に出かけた。散歩といっても、歩いて30分程のところにある平飼いの玉子屋さんに行ってくるだけだが。でも屋久島の道はアップダウンが結構きつく、運動にはなるようだ。玉子を買っての帰り、海沿いの道から帰ることにした。この日は風が強く、海も白波が立っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/03/17 10:03
第13回「世界の屋久島美術展」
屋久島の北側の町、上屋久町宮之浦にある「屋久島開発総合センター」で行なわれていた「第13回世界の屋久島美術展」に行ってきた。上屋久町の宮之浦は、屋久島で一番人口の多いところであり、いろいろな施設も整っている。宮之浦港には鹿児島港からのフェリーや高速船が行き来し、島に入ってくる生活物資はすべてここを経由して入ってくる(新聞も)。また、「環境文化センター」では屋久島を紹介する各種展示物と50mを越す大型スクリーンで屋久島を空から撮った映像を観光客に紹介している。一度は見てみる価値があると思う。 「... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/15 15:12
「木の芽流し」
「木の芽流し」何としゃれた、美しい言葉だろうか。この時期(2月下旬から3月半ば)、屋久島では地元で「木の芽流し」と呼ばれる雨が降る。「木の芽流し」とは、いろいろな木々が新芽を出すこの時期、この木の芽をやさしく洗い、春を呼び込む雨のことを言う。地元の人たちは、挨拶代わりに「木の芽流しじゃね〜」「もう春じゃね〜」などと言葉を交わしている。誰が言い出したのだろう、昔の人は自然の恵みを本当に美しい言葉で言い残してきたと思う。雨は屋久島の代名詞だもんね。 このところ雨が1日おきに降っている。今日(3月1... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/13 10:53

トップへ | みんなの「自然」ブログ

ここは屋久島 自然のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる