誕生日プレゼントで足のしびれが治る?

私は1945年の1月生まれです。先日誕生日をむかえ満75歳となり無事?に後期高齢者になりました。これで夫婦二人とも後期高齢者になりあっちが痛い!こっちが痛い!と言いながら屋久島生活を頑張っています(笑) まあこの年になると五体満足でどこも痛くないということは奇跡に近いですから、お互いに散歩などの有酸素運動をするなど体との闘いに…
コメント:2

続きを読むread more

ハボタン(葉牡丹)

玄関わきに置いてある植木鉢に白い花?が咲いています。 何の花かとかあさんに聞いたらハボタンだと言う。ああ、正月早々花屋さんの半額セールで買ったやつだということが分かりました。 ハボタンのイメージはもっとキャベツのように大きく広がっていると思っていたのでハボタンだとは思わなかったのです。 まるで白薔薇、いや牡丹のようなハボタ…
コメント:4

続きを読むread more

馬鈴薯畑のある風景

馬鈴薯(ジャガイモ)は私の好物です。他方サツマイモは戦後嫌というほど食べさせられたので苦手です(笑) さて、その馬鈴薯ですが、屋久島では2月から3月にかけてが収穫時期になります。収穫まであと1,2か月となった今、馬鈴薯畑には青々とした葉が茂っております。 向こうにモッチョム岳が臨める素晴らしい風景です。 …
コメント:3

続きを読むread more

メジロの悲劇

先日「なかなか写真に撮れないメジロ」というタイトルで記事を書きましたが、思わぬことが起きメジロを間近で写真に撮ることが出来ました。出来ましたが、実は・・・ 居間にいたら窓の方から「コツン!」と音がしました。見るとベランダに置いた椅子の上に一羽の小鳥が寝ているではありませんか。 メジロだと直ぐに分かり、ベランダに出て様子を伺い…
コメント:2

続きを読むread more

大量のキクラゲ

畑から戻ったかあさんが何やら抱えていました。何?と聞いたらキクラゲだと言う。 何でも畑の奥に伐採した木がありその枯れた木にびっしりとこのキクラゲが生っていたのだとか。調べるとキクラゲはキクラゲ属のキノコで広葉樹の倒木や枯れ枝などに発生するとありました。私はキクラゲが大好きです。コリコリとした食感とツルッとしたのど越しが何とも言…
コメント:2

続きを読むread more

タンカンに防鳥ネット

12月にタンカンの実をヒヨドリやメジロなどの害鳥から守るために1個1個袋をかぶせて保護している記事を載せました。 屋久島のタンカン農家ではもう一つの方法として木全体にネットを被せて保護する方もおられます。私はこのやり方の方が手間暇がかからないと思うのですがどうでしょうか。 こちらのタンカン畑では畑全体にネットが被さってい…
コメント:2

続きを読むread more

ハゼノキは死なない?

屋久島南部にはハゼノキが多く生えています。ハゼノキはウルシ科の植物で人によっては触れるとかぶれたりする弊害もあるので草払い作業のついでに伐採されることがあります。で、伐採されたらそのまま枯れてしまうと思いきやどっこい切られた株からまたぞろ枝が出てきて復活するのです。 今の時期は葉が赤く紅葉しています。写真のハゼノキも伐採された…
コメント:2

続きを読むread more

ヒカンザクラが咲き始めました

サクラの中で一番早く咲くのはおそらくヒカンザクラ(カンピザクラ)でしょうね。屋久島にもヒカンザクラが植えられているところが何か所かあります。 私がテニスの行き返りでいつも通る県道沿いでヒカンザクラが早くもピンク色に染まっていました。暖冬のせいか去年よりも早いと思います。 県道のすぐ近くのに立っている木…
コメント:3

続きを読むread more

サツマサンキライの雌花

南九州以南に多く自生する蔓性の植物の一つにサツマサンキライという植物があります。屋久島でも多く見られ我が家の近くでも蔓を他の植物に撒きつけながら緑のしっかりした葉を茂らせています。普通にサンキライ(山帰来)といえばサルトリイバラという名で呼ばれています。それは刺が鋭く猿も通さないという意味だそうです。でもこのサツマサンキライの刺…
コメント:2

続きを読むread more

なかなか写真に撮れないメジロ

屋久島の家の垣根にはハマヒサカキが多く使われています。このハマヒサカキですが屋久島では何故かケタンキと呼ばれています。私も今では平気でケタンキと言っています。で、冬のこの時期ケタンキには小さな実がびっしりと生っています。そしてちょっと異様なにおいを放っています。不思議なもので移住してから数年間はこの匂いに参っていたのですが慣れた…
コメント:2

続きを読むread more

アブラギリの枝切

私のお気に入り「健康の森公園」駐車場前のアブラギリの並木、先日テニスに行って車を止めたら「ブルーン」とものすごい音が響いてきました。チェーンソーの音です。 何だろうかと見てみると葉のほとんど落ちたアブラギリの木を切っているではありませんか。まさか!と思ったら枝切りのようです。枝が伸びて電線に掛かるのを避けているようでした。 …
コメント:2

続きを読むread more

クサギ(臭木)の実が落ちてまるで花のよう

クサギという木は日本全国どこでも自生している植物で、屋久島でも雑木林などで多く見られます。葉っぱが臭いということでこんな名前が付けられていますが、食用にも使えるそうです。 そして本ブログにも載せましたが屋久島南部では9月の初旬から白くて星形の綺麗な花を咲かせます。その後秋になるとまるで実が生り、実の皮が割れて宝石のような青い実…
コメント:0

続きを読むread more

最終ランナー

1月12日日曜日に「屋久島一周エコ・マラニック」が行われました。屋久島一周約100kmのほか50kmとか25kmのコースもあったようです。 午後4時ごろ散歩道となっている農道の入り口に通りかかりました。ここは県道に出る場所で100kmコースのほぼ三分の二の場所です。 県道を見渡すと遥か向こうに一人のランナーが…
コメント:2

続きを読むread more

山芋畑の風景

屋久島にはヤクトロという山芋があります。私は食べたことがありませんが、粘りが強く美味しいということです。何故私が食べていないかというと、かあさんが山芋にアレルギー反応があり食べられないからです。 散歩の途中に山芋畑があります。これがヤクトロかどうかは分かりませんが、夏から秋に変えて青々と茂っていた葉が完全に枯れてそろそろ収穫時…
コメント:0

続きを読むread more

クチナシの実

屋久島南部の雑木林には所々でクチナシの木を見かけます。春には一重の星形の花を咲かせよい香りをプンプンさせます。 そして秋には小さな実を付けそれが時間を経ると黄色くなります。自然のものは原種に近いので使えるかどうかわかりませんが、この黄色くなった実はお節料理の栗キントンの着色用に使われたりするそうです。 写真は雑木林に自生して…
コメント:0

続きを読むread more

フウセントウワタの種

家の東側の斜面に植えてあるフウセントウワタ(風船唐綿)の木にその名の通り風船のような実が生ったのは去年でした。 年が明けてその実が黄みを帯びてきて一部が破裂しました。中からは本当に綿のような白いものが出てきてその周りに極小の黒い粒粒が付いています。これが種でしょう。 黄色くなった風船のような実。面白い姿ですね…
コメント:2

続きを読むread more

島バナナ

昨年の暮れに畑から採ってきたバナナがまだ青く未熟だったのでベランダに吊るしておきました。前回は玄関脇に置いておいてヤクザルに食べられてしまって失敗したので今回は豆太(犬)のいるベランダにしました。 1月2日の時点ではこんな感じでした。まだ食べられそうもありません。 1月4日でここまで黄色くなりました。一部…
コメント:0

続きを読むread more

テニス初打ち

ちょっと記事が遅れましたが今年のテニスの初打ちは6日の月曜日、真っ青な晴天に恵まれました。気温も18℃まで上がり風もほとんど無く絶好のテニス日和でした。 私たちのサークルは若い人が少なく年配者が多いのです。それぞれ膝や腰が痛いと言う人が多いのが特徴(笑)です。 それでも新年早々こうやって元気に顔合わせが出来、ボールを打ちお互…
コメント:0

続きを読むread more

1月7日の屋久島はイベント?がいっぱい

屋久島いや鹿児島県全体かも知れませんが、1月7日とは色々とイベントが重なる日です。もちろん関東に住んでいた時も七草粥などの行事?はありましたが単にお粥を食べるだけで別段特別な日だとは思っていませんでした。 15年前屋久島に移住してから1月7日は鹿児島にとって特別な日だということが少しずつ分かってきました。 まずは「祝い申そう…
コメント:4

続きを読むread more

新春焼肉パーティ

今回で何回目であろうか。間違いなく10回以上続いている恒例の「新春焼肉パーティ」が今年も「パカラさん」で行われました。 パカラさんの知り合いが埼玉で焼肉屋さんをやっていて毎年高価なお肉を送ってくれるのでこれだけ長く続いています。対価は屋久島の焼酎「三岳」を参加者全員が持ってきてそれをパカラさんが焼肉屋さんに送っているのです。 …
コメント:2

続きを読むread more