幸志郎がやって来た

今年の夏休み、最後の客人がやって来ました。末孫の幸志郎です。 早起きして羽田を朝早く出発、鹿児島からの一番機に乗って9時過ぎに屋久島空港に到着しました。 案内板に到着の文字が書かれた看板が掲げられました。 屋久島空港内は夏休みで行き交う人でごった返していました。 空港に降り立った幸志郎、い…
コメント:2

続きを読むread more

アメリカンブルーが元気

真夏の屋久島南部、このところ連日30℃超えを記録しています。たまに雨が降ったりもしますが、あっという間に止んでしまいます。少しのお湿りはよけいに蒸し暑さを増します(><) そんな気候は植物には最適なのでしょうか、庭のハイビスカスとともに可愛いブルーの花がたくさん咲いています。 この花はアメリカンブルー、別名エボルブルスです。…
コメント:2

続きを読むread more

真夏と秋の混在雲

いや~、毎日暑いですね~。屋久島も今が暑さの絶頂ではないかと思うほど連日暑い日が続いています。立秋となり、暦上はもう秋に入ったようですが、とても信じられません。 と、思っていたらこの日の朝に見た雲は夏と秋を混在させたような雲が出ていました。 下は夏らしい入道雲がモクモク、ところが上の方の雲は秋を思わせるうろこ雲が広がっていま…
コメント:2

続きを読むread more

フウセントウワタがこんなに繁殖

家の西側は速攻になっていて雨水や浄化槽を通った生活排水などが流れ出ています。速攻は途中までで、海まで残りの80mほどは地面を掘っただけになっています。この前草を刈ったのにもう茫々に雑草が茂ってしまい、水の通る溝が細くなってしまっています。 その雑草の中に何やら実が付いている小木を見つけました。 写真、水の流れる溝の左側にその…
コメント:2

続きを読むread more

芝生にスジキリヨトウの幼虫が大量発生

いや~、うっかりしていました。青々と育った芝生の葉先が白っぽくなりなっていたのを見落としていました。てっきり芝刈り機の刃を研がないで芝刈りしたので、葉先がきれいに切れなくて荒れてしまったものだと思っていたら違いました。 ネットで調べたら出てきました。原因はスジキリヨトウという蛾の仲間の幼虫でした。それも大量発生してしまったので…
コメント:2

続きを読むread more

これはウコンの花?

近所で変わった花が咲いていました。青々とした葉っぱの中央からピンク色の花が顔を出しています。葉の形状からこれはウコンの仲間だと思います。 屋久島には数多くのウコン畑があり、ウコンやガジュツが栽培されています。今は大きな葉が茂っているはずです。春とか秋には掘り起こされ根がウコンやガジュツとして薬用や健康食品として使われるのです。…
コメント:2

続きを読むread more

クマゼミ

散歩の途中、セミの死骸が道に転がっていました。かなり大きな個体です。これはきっとクマゼミでしょう。日本では最大級の大きさのセミですね。 この時期屋久島では「シャーシャーシャー」とうるさいくらいに鳴くセミです。 寿命が来たのかそれとも鳥とかにやられたのでしょうか。 真っ黒い頭部に透明な翅、ごっつい図体、クマゼ…
コメント:2

続きを読むread more

あっという間の4日間

孫娘のミウが屋久島にやってきてからあっという間に4日間が経ってしまいました。社会人となったミウはそんなに長く休みが取れません。まして新入社員の今年はまだ休みを取るのに遠慮があるでしょうからね。 毎年夏に屋久島に来てくれるのですが、社会人になってからも屋久島に来てくれたのが嬉しかったですね。 そして、とうとう帰る日が来てしまい…
コメント:2

続きを読むread more

孫娘、屋久島での夏

孫娘のミウが屋久島で夏休みを謳歌しました。若さですね~、この4日間を目いっぱい楽しみました。 愛犬豆太とは毎朝散歩してくれました。何といてもミウが13年前に拾ってきたのですからね。豆太も匂いを覚えているのでしょうか、私とはあまり歩きたがらないのですが、ミウとが元気に走って散歩していました。こんにゃろー! 嬉々として散歩する豆…
コメント:2

続きを読むread more

ニクイロシュクシャの花

近所で変わった花が咲いていました。去年も咲いていたのですが、あまり見かけない花です。 これはジンジャーリリーというショウガ科の植物で花が見事です。ジンジャーリリーの中でも白い花を咲かせるものがハナシュクシャ(花縮砂)そしてこの黄色の花を咲かせるのがニクイロシュクシャ(肉色縮砂)と言います。 葉っぱを見るとショウガ科だというこ…
コメント:2

続きを読むread more

台風の中、孫娘がやって来た

先日2番目の孫娘が彼氏を連れて屋久島にやって来ましたが、もう帰ってしまいました。 入れ替わりに、今年で23歳になった一番上の孫娘が屋久島にやって来ました。今年から就職して今は神戸で一人暮らしをしています。 ちょうど台風5号が屋久島の西を通過する日で、てっきり飛行機が飛ばず来られないと思っていたのですが、台風は意外とたいしたこ…
コメント:4

続きを読むread more

タマスダレの花

道端にタマスダレが咲いていました。以前はもの凄い数のタマスダレが群生したくさんの白い花を咲かせていたのですが、最近は草刈りなどで刈られることが多くなり、伸びると刈られてしまうので花を咲かせる間がなかったのかもしれません。久しぶりにタマスダレの花を見つけたので写真に撮ってきました。 この花の別名はレインリリー、名前が示す通り雨が…
コメント:2

続きを読むread more

プリウスのリコール

私の乗っているプリウスはもう10年以上も前に購入したものですが、まだまだ順調に走っています。去年一度だけトラブルがありましたが、すぐに島内で修理し問題なかったです。屋外に駐車しっぱなしなので外観はもうボロボロですが、エンジンはいたって快調、燃費もハイブリッド車なので1リットルのガソリンで25km近く走ります。給油は月に1度するか…
コメント:2

続きを読むread more

可哀そうなウミガメちゃん

屋久島に遊びに来ている息子夫婦が栗生の海に潜りに行きました。私は先日行ったので今回は同行せず自宅で過ごしていました。 しばらくして息子から、「ウミガメが磯の岩に挟まれて動けなくなっているのでどうした良いか」との電話が入りました。私は管理事務所に行って相談したら良いのではと答えておきました。 そのときのウミガメの姿をLINEで…
コメント:2

続きを読むread more

ハイビスカスが最大、芝生も元気

今は屋久島に遊びに来た息子夫婦との4人暮らしです。幸い大きく天気が崩れることはなく晴れの時間が多いので、若い?息子夫婦は連日海に潜りに行って屋久島生活を満喫しています。 時にスコールのような猛雨が降りますが、長時間は降らないので庭木や芝生には水撒きをしないでもいい環境になっています。人間にとっては蒸し暑く過ごしにくい環境ですが…
コメント:2

続きを読むread more

来る人、帰る人

孫ノリが彼氏と一緒に屋久島に遊びに来てから4日目、長男夫婦も屋久島にやって来ました。毎年のように来てくれます。長男夫婦は結婚してもう23年ほど経ちましたが、仲良くやっているのが親としては何よりです。また、二人の女の子を孫としてプレゼント?してくれたのが一番うれしかったですかね(笑) 息子夫婦を空港に迎えに行きました。いつもとは…
コメント:8

続きを読むread more

フトモモの果実

春に白い髭のような雄蕊がたくさん付いた独特な花を咲かせたフトモモ、その後小さくて青い実がいっぱい生りました。その小さな実が、夏の暑さの中ビワの実のように熟しています。 小さな川のそばに自生しているフトモモの木、実が生っているのが分かります。 フトモモの実は食用になるので果実と呼んでいいでしょう。しっかりと…
コメント:2

続きを読むread more

電気メーターの交換

孫とその彼氏が屋久島に遊びに来ています。暑いのでエアコンはほぼ一日中つけっぱなしです。 そんな中、一台の軽トラが家の前に止まりました。何だろうと出てみると電気メーターの交換に来たと言う。なんでも電気メーターは10年に一度交換しなければならないとか。 突然の訪問でビックリしましたが断ることもできないので交換してもらうことにしま…
コメント:4

続きを読むread more

タカサゴユリが咲き始めました

屋久島南部の里では5月半ばにテッポウユリ、6月半ばにはオニユリ(コオニユリ)そして7月半ばには百合の最後を飾ってタカサゴユリが咲きます。このようにほぼ1か月ずつずれて3種類のユリが順番に咲くのは面白い現象です。気温的にもこの3か月で大きく違うとは思えませんが、決して咲く時期を重ならないのは何か意味があるのでしょうか。 そして今…
コメント:4

続きを読むread more

アブラギリの実

四季の変化を教えてくれる私の好きな木の一つがアブラギリです。春の新緑、初夏の白い花、真夏の実、秋の黄葉そして冬の落葉した姿と次々と変化して楽しませてくれます。 お気に入りは私がテニスをする健康の森公園の駐車場にあるアブラギリ並木です。 真夏の今は実が生っています。例年に比べると個数が少ないように思えますが、そ…
コメント:6

続きを読むread more