これもハイビスカスの仲間

屋久島ではどこにでも咲いている花、しかもほぼ1年中です。その花の名はハイビスカス。屋久島のどの家にも植えられている植物はおそらくこれだけでしょうかね。 色も形も大きさもいろいろで、それらを種類と呼ぶならほぼ無限にあるのではないでしょうか。 そんな中でも不思議なのがこのハイビスカスの仲間です。 11月半ばなのにこんなに咲いて…
コメント:2

続きを読むread more

可愛い黄色の花が群生、ヤクシソウ?

花の名前は調べるのが大変ですね。今回調べたのは農道わきに何か所か群生して今の時期小さくて黄色い花を咲かせているこの花です。 花は小さく直径で1cm~1.5cmほどですかね。 こちらにも咲いていました。黄色だから目立ちます。 近くで見るとこんな花です。どうやらキク科のようです。 …
コメント:0

続きを読むread more

コウテイヒマワリ

屋久島も秋が深まってきました。この時期に見事な黄色い花を咲かせるのがコウテイヒマワリ(皇帝ヒマワリ)です。正式な和名はニトベギクと言います。 県道沿い、麦生と高平の境辺りに群生しているところがあり多くの黄色い花を咲かせています。車で通ると嫌でも目に飛び込んできます。幅20mの大群生です。 キク科の植物です…
コメント:2

続きを読むread more

緑いっぱい山芋畑

屋久島には「屋久トロ」と呼ばれる直産の山芋があります。ネバネバが強いことが特徴です。 散歩道の脇で緑の葉っぱがいっぱい茂った畑があります。山芋畑のようです。これが屋久トロの畑かどうかは分かりませんが葉っぱの形状から山芋の畑であることは間違いないでしょう。 もう少し近づいて見ます。物凄い量の葉っぱが茂り絡み…
コメント:2

続きを読むread more

珍客侵入で豆太は

我が家の愛犬?「豆太」はオスで満10歳となりました。まだまだ元気で散歩のときなど引っ張られてしまいます。 豆太は西側のベランダで飼っておりますが、何やら変なものが現れて観察中です。 「何だこいつは!」 正体は10㎝ほどあるカマキリでした。屋久島ではもっと大きいカマキリがウロウロいますから決して大きいとは言え…
コメント:2

続きを読むread more

やられた!ヤクザルめ

買い物に出かけ戻って来たとき玄関先から何者かが飛び出し山側に逃げ込んだ。「ガサガサ」という音とともにあっという間に実を隠した。瞬間的に敵?がこちらを見た。猿だった。 車を止めてから玄関に向かったら・・・何とこの有様です。 玄関前に置いてある木のテーブルに置いておいた島バナナが喰い荒らされていました。 かあさ…
コメント:2

続きを読むread more

ヒトリ蛾の幼虫が

確か去年もこの蛾の産卵の状態を記事にした覚えがあります。振り返ると去年記事にしたのは10月24日の事でした。 今年はそれよりも20日ほど遅いです。その遅い分だけ状態は進んでいてすでにマユの状態になっています。あまり気持の良いものではありませんが、見て下さい、オニザンショウの葉っぱがこんな状態になっています。 …
コメント:2

続きを読むread more

いつの間にかシコンノボタンが咲いていた

今まで何で気が付かなかったのだろうか。家の裏、北側の垣根の傍で紫色というか濃い青色で5弁の花が咲いていました。 すでに最盛期は過ぎているようですが鮮やかな色です。 シコンノボタンの花です。 正に名前の通り紫紺色の花です。 大きな小判型の葉に散った花びらが落ちていました。 …
コメント:2

続きを読むread more

光回線の工事か?ああ勘違い

今回は私の勘違いです。 近くの農道を歩いていたら工事中の立て看板が、「何の工事だろうか?」 少し進むと確かに黄色い電柱などの工事用のクレーン車が止まっていて工事をしていました。 電話線の工事をしているように見えました。 あっ、そうか光回線化の工事なんだと勝手に解釈しました。来年の4月には私…
コメント:4

続きを読むread more

咲き乱れるサキシマフヨウ

耳鼻科の診察を受けるため屋久島の西にある栗生診療所に行きました。往きの道で確認していたサキシマフヨウの群生地で車を止めて写真を撮りました。 場所は湯泊の西端あたりでしょうか、なん十本ものサキシマフヨウが植わっています。自然に増えてものか人が植林したものかはわかりませんが凄い数です。 それらサキシマフヨウすべて花を咲かせている…
コメント:2

続きを読むread more

ヒヨドリバナが咲き始めました

先日ヒヨドリの渡来を記事にしましたがそれに合わせるように道端の雑草の中からヒヨドリバナが咲き始めました。私は以前この花をフジバカマと間違えてしまいました。葉っぱで判断すれば簡単なんです。 ヒヨドリバナの葉は楕円形で対生しています。フジバカマの葉は3裂しているそうです。 屋久島に生息する雑草の王様であるシロバナセンダングサの中…
コメント:2

続きを読むread more

上棟式(棟上げ式)の飾り

隣の集落で上棟式が行われました。棟上げとも呼ばれていますね。 私の散歩コースにある場所です。先日来基礎工事が行われていましたがいつの間にか棟上げまで進んだようです。 上棟式のあった翌日近くを通ったら屋根の上にまだ飾りが残っていたので写真に撮ってきました。 東には海が見下ろせるし北には山がある素晴らしい場所で…
コメント:2

続きを読むread more

これトノサマバッタかな?

家の前の空き地に生えている葦類の茎にバッタが止まっていました。まだ生まれてからそれほど経っていない感じです。 近づいても逃げないので写真を撮りました。 背中から撮った写真ですがボケてしまいました(><) 左右から撮った写真は綺麗に写っていました。 陽の光を浴びてキラキラ光っています。首…
コメント:2

続きを読むread more

パパイヤの実がこんなに大きくなった

我が家の東側斜面にあるパパイヤの木、かなり前から実を付けていますがその大きさと量が半端ではありません。おそらく20個以上は生っていると思います。もちろんメス木です。 さらに生っている実の上にさらに小さい実が出来つつあります。いったいどれだけ生るのでしょうかね。 実が出来たのは7月下旬からなのですでに3か月…
コメント:2

続きを読むread more

サクララン(桜蘭:別名ホヤ)の種子が飛んだ

あの陶器のような美しい花を咲かせるサクララン(桜蘭)、別名をホヤと言います。 我が家では垣根のケタンキの下で育てて?います(実質は放置しています)。 そのサクララン(桜蘭)に実が付いていました。 小判型で肉厚な葉がサクラランです。茶色く細長い実が3本垂れ下がっています。そのうちの1本はすでに実が割れ中の種子が飛び出していま…
コメント:4

続きを読むread more

草を食べる犬

我が家の愛犬?「豆太」は散歩の途中で必ずと言っていいほど草(雑草)を食べます。食べるのは決まってイネ科の雑草です。細長い葉で先が尖っている草です。 美味しいのかどうか分かりませんがほとんどは消化されず便として出てきているようです。たまに排便するときに食べた葉がお尻の穴に引っかかってしまいクルクル回って取ろうとする仕草を見せたり…
コメント:2

続きを読むread more

飛べないジョウビタキ

先日渡り鳥のヒヨドリが越冬のため大挙して屋久島に飛来してきている姿を記事にしましたが、今度は一羽だけですがジョウビタキを見つけました。こちらも渡り鳥で屋久島では冬に多く観察されます。 見つけたと言っても一羽だけ、それも飛べない状態でうずくまっていました。 テニスコートのクラブハウスの前の地面の上に何やら茶色くて小さなものがあ…
コメント:2

続きを読むread more

ノブドウ(野葡萄)の実

ノブドウ(野葡萄)の蔓が伸び放題でその葉が他の木を覆いつくしている場所があります。そこを通りかかりよく見たら小さくてカラフルな実がいっぱい付いていました。 ノブドウの実は食べても毒ではなさそうですが不味いそうです(笑) 紫色と青色の実がびっしりと付いています。見る分には宝石箱のようで美しいです。 …
コメント:2

続きを読むread more

黄砂の中の夕陽

晴れていたのに昼間から山や海が霞んで見えました。そうです、中国大陸からやって来る黄砂なんです。どうやらこの日は本土の各地でも黄砂が認められたそうです。 これから冬にいっぱいは風向きによって黄砂がやって来ます。歓迎しないのに勝手に来てしまいます(><) 夕方5時半ごろ尾之間温泉からの帰り道、海を見下ろす高台にさしかかるとちょう…
コメント:2

続きを読むread more

ヒョドリが渡ってきた

テニスをしていたら突然向こうの空に取りの大群が飛んできた。遠くて正確な種類は分かりませんがおそらくヒヨドリではないかと推測しました。 屋久島にはこれから冬にかけて多くのヒヨドリが現れ農作物を荒らします。屋久島でヒヨドリは完全な害鳥となります。 飛んできたのはおそらく北海道などの寒冷地からでしょう。屋久島には留鳥として1年中住…
コメント:2

続きを読むread more