同好会による海中温泉の清掃

前回企画した平内海中温泉の大掃除は、台風のために延期になっていたが、ようやく10月13日(土)に実施された。この日は12時30分に温泉管理人および同好会の面々が海中温泉に集合し、一斉に大掃除が行われた。
今回の大掃除は主に、
(1) 浴槽およびその周辺の海苔(海草)落し
(2) 浴槽内に溜まった砂利などの削除
(3) 温泉周辺の道路の草払い
(4) 温泉周辺に溜まった流木や、木切れの焼却
などであった。
今回は、幸いに台風による被害がなかったので、温泉周りをセメントで修復する作業などは不要なので助かった。
画像




それでも、業務用の高圧放水機2台などを使った大掛かりな掃除であった。浴槽およびその周辺は海苔が付着して、よくすべる人がいる。観光客の人などは、喜び?のあまり走ってスッテンコロリと滑り、頭を打って負傷する人もいるくらいである。だから、できるだけ定期的にこの付着した海苔をはがさないと危険なのである。

これは、高圧放水機を使って、メインの浴槽の海苔落しをしている様子である。業務用なので圧力が強く、岩をも砕くような勢いがある。
画像




2台の高圧放水機は2時間フル活動であった。
画像






こちらは、温泉周辺の岩場に流れ着いた流木や木切れを手作業で集めているところ。量が半端じゃないので、けっこう重労働だ。
画像


画像



そして、集められた流木などは、その場で燃やし、焼却した。消防には事前に通知してあると思うが、周りは海なので、火災の心配はまったくない。ダイオキシンの問題は若干あるかも知れませんが、ご勘弁を。
画像





放水機がこのようにフル活動した後は、
画像


画像




温泉のお湯をポンプでくみ出し、
画像


画像




あとは、手作業で浴槽のそこに溜まった、砂利などをくみ出した。戦時中じゃないが、それこそバケツリレーで行われた。
画像


画像







そして、これがきれいに掃除された後の海中温泉の浴槽です。普段なかなか底を時下に見る機会はないので、貴重な映像ではないか(^^)
画像




これは温めの温泉用の浴槽です(この浴槽は、メイン浴槽から流れ出たお湯をためるので温めなのです)。完全にお湯がなくなり、底が見えています。
画像


画像





メイン浴槽は、温泉がどんどん湧き出しているために、こうしている間にも新たなお湯がどんどん溜まってきました。
画像


画像






こうして3時間に渡る海中温泉の大掃除は無事に終了した。見てください、この美しい全貌を(笑)
画像




最後は同好会の事務局長や、温泉管理人からのねぎらいの言葉があり、解散した。お疲れ様でした。ふっ~(^^;)
画像



念のために言っておきますけど、私も写真ばかり撮っていたわけではなく、少しはお手伝いしていますので、はい(笑)。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

やっさん(web屋久島高平窯)
2007年10月14日 07:30
ご苦労様でした。いつも、どこでも、その精神が世の中を綺麗に住みやすくするのでしょう。
新町長が屋久島町行財政改革で綺麗に住みやすくしてくれるでしょう。

屋久島ジージ
2007年10月14日 10:10
住民参加の活動がいちばん力になりますよね、やっさん。
新町長が行財政改革に取り組んで、住民を巻き込んだ活性化活動をしてくれることを期待しています。
ヨカニセ
2007年10月14日 11:27
こんなに多くの人達が関わって清掃していたとは驚きでした。利用させてもらうときは、感謝、感謝の気持ちで入ります。
やっさん(web屋久島高平窯)
2007年10月14日 12:34
zi-ziサンの活動は流木を小脇に抱え、浴槽を荒木きょめて、柴ばらしい。大変きつい表現ですが!
また独断ではなく、「住民を巻き込んだ活性化活動」これなど新町長のキャッチフレーズです。
ジージさんの発想は温泉掃除で湯水のごとくでてきますね。
屋久島ジージ
2007年10月14日 23:09
ありがとうございます、ヨカニセさん。利用する皆さんが同じように感謝の気持ちを持っていただければ嬉しいですね。
屋久島ジージ
2007年10月14日 23:11
やっさんのシャレがきいた短歌は、売れますよ(^^)
本にして発行したらいかがですか(笑)