変わったバナナ

変わったバナナを見せてもらった。普通のバナナと違って、小さい実がびっしりとくっついている。一つ一つの実はモンキーバナナのように小さい。
画像



散歩の途中で、ご近所の家を通りかかったときご主人のMさんが声を掛けてくれたので、しばらく雑談をした。Mさん曰く「うちのバナナは大きくならないな~」。私の家のバナナは普通に生るので「家のはちゃんと生りますよ、おたくの木はどれですか」と訊ねた。Mさんは家の前を開墾して畑にしている。その奥に数本のバナナの木があった。普通の木より小ぶりではある。
画像




そして、食べられないからと思いすでに捨ててあったバナナの実を見せてくれたのが冒頭の写真である。明らかに普通のバナナとは実の付き方も違う。種類が違うのであろう。それにしても面白いバナナである。
と、興味津々のかあさんが強引に黄色くなっている1つの実を剥いて食べてみた。「甘くて美味しいよ!」、やっぱりこのバナナはこの大きさでも食べられるのであった。
画像



モンキーバナナが生っているところを見たことは無いが、きっとその種の類いであろうと思う。
屋久島には沢山のバナナが栽培されたり、自生していたりするが、このようなバナナを見たのは今回が初めてであった。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

スイミー
2008年01月31日 21:40
あぁ~勿体ない!食べられるとわかって拾い直したんでしょうか?
来年からはきっと大切に扱われるんでしょうね・・・そのバナナ(笑)
屋久島ジージ
2008年02月01日 08:04
変わったバナナでしょう、スイミーさん。屋久島にはまだまだ変わった果実がありますよ。