屋久島で練炭火鉢を使う

一昨日ご紹介した永久保のお店で練炭火鉢(正式な名称がわからないので、適当に命名しました)を買ってきた。懐かしさと、利便性の両方を求めたのであります。屋久島で火鉢なんて可笑しいでしょう(^^)でも、寒いときも有るんですよ。
早速使ってみました。なかなかいいぞ。雰囲気あるでしょう(^^)
画像



この火鉢、練炭はコンロ(要は七輪ですな)に入れてそれを火鉢の中に入れて使います。まずは、コンロに練炭を入れてマッチかライターで上から火をつけます。今の練炭は便利に出来ていて、上から火をつけてそのまま使用できるのです。練炭の穴に着火剤が付着させてあるんですね。だれでも簡単に日をつけることが出来ます。この作業は室内でなく室外で行います。
画像




練炭に着火させたら、そのまま外に小一時間置いて、練炭が完全に燃えるまで待ちます。おそらく一酸化炭素中毒にならないようにとのメーカーの配慮でしょう。
ほら、火が回ってきたでしょう。
画像




火が回ったら(小一時間たったら)、コンロを室内の火鉢に入れて完成です。火力は火鉢とコンロにある通風孔を調節して行います。
画像




暖房などに使う場合は、ヤカンなどを乗せてお湯を沸かします。乾燥するこの時期、適度な湿度が得られて便利です。
画像




かあさんが黒豆を煮ています。じっくりと煮込むには最適な道具です。
画像





湯気が出て旨そうな匂いもしてきました。豆も大分煮えてきたようですね。
画像





一回火をつけると約14~5時間はもちます。石油が高い昨今、昔懐かしい練炭火鉢の魅力が上がってくるかもしれませんね(^^)。もちろん、適当に換気をすることを忘れてはいけません。
今年の冬は、この練炭火鉢を使って暖をとるつもりです。暖かい屋久島ではこれで十分でしょう(^^)


この記事へのコメント

やっさん(web屋久島高平窯)
2008年01月05日 08:47
練炭火鉢とは懐かしいですね。35年前下宿のバーさんがガスは危ないということで、練炭火鉢ですべての食事を作っていたことを思い出した。
練炭1個いくらかな!
屋久島ジージ
2008年01月05日 11:49
下宿っていう単語も懐かしいですよね。下宿にはたいがいばーさんがいて、いろいろと面倒を見てくれました。
練炭火鉢はなかなか快適ですよ、やっさん。
スイミー
2008年01月05日 23:29
ほんとうに懐かしい、練炭火鉢(うちもそう言ってましたよ。)母がやはり黒豆、うずら豆、小豆などよく煮ていました。お餅もよく焼きました。
屋久島ジージ
2008年01月06日 07:36
石油が高騰している昨今、このような日本固有の知恵を再認識しましたよ、スイミーさん。
富山でもいかがですか(笑)