安納芋の焼き芋

先日、屋久島の焼き芋屋さんの記事を書いた。そのときは芋が無くて食べることが出来なかったのだが、その記事を見た地元のWさんがわざわざ安納芋の焼き芋を届けてくれました。それもホカホカの出来立てです。ありがとうございました。

折角かあさんに食べてもらおうと持ってきてくれたのですが、生憎とかあさんは手術後の検診で鹿児島に出かけていました。何て間が悪い人なんでしょう(笑)。丁度お昼時だったので、かあさんより早く私がいただきました。もちろん全部ではなく1本だけですよ(笑)
どうです、よだれが出るでしょう。特に女性の方は(^^)安納芋は焼くと、蜜が出てくるようです。写真上の芋が濡れているように見えているのは、蜜が出ているためです。
画像





上手に焼けた安納芋の焼き芋はとっても美味でした。おイモ恐怖症(私は子供の頃いやというほどサツマイモを食べさせられたので、いまだにふかし芋と乾燥芋は好きにはなれないのです)の私が食べて美味しいと感じたのだから、本当に美味しいんですよ。
見てください、皮が剥けたところから見える中身、蜜がいっぱい溜まっています。芋恐怖症の私が言うのも何ですが、そんじょそこいらのスイーツなんか比べ物になりませんね。
画像



もちろん、病院から戻ったかあさんも電子レンジでチンして、とっても美味しそうに頬張っていました。


私は、種子島産の安納芋がなぜ超人気なのがやっとわかりました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

プリ
2008年02月24日 12:17
わあー、本当に美味しそうですね! 夏に旅行した時には、南国屋久島にこんなに美味しそうな焼き芋があるなんて知りませんでした。なんだか惜しいことをしたな~。次回は絶対食べなくちゃ。
やっさん(web屋久島高平窯)
2008年02月24日 14:23
じーじさんが説明すると、本当に美味しそうに聞こえます。本当に美味しいのですが、なおいっそうに!
芋といえば戦後のご飯の中に入った芋、おやつも芋。山の中で焚き火を焚き、焼き芋を焼いていたら大人から怒られた。其処は学校所有の畑の在る林の中。家の周囲には大根、にんじん、イチゴ、イチジク、びわ、何でもある。日ごろから逃げる用意のため、徒歩競争の練習に余念がなかった。
屋久島ジージ
2008年02月24日 17:07
焼き芋はやっぱり冬ですよね、プリさん。でもこの安納芋は本当に美味しいですよ。とくに女性には絶大な人気です(笑)ぜひご賞味を。
屋久島ジージ
2008年02月24日 17:11
やっさんも子供の頃から相当なワルだったんですね。かく言う私も子供の頃はワルで、いつも母親が近所に謝りに回っていましたっけ。乾燥芋とふかし芋はいまだにもう結構ですが、この安納芋は実に旨いと思いました。
スイミー
2008年02月24日 22:59
本当においしそうですね。透き通りそうに良く火がとおったお芋。
パリパリに焼けた皮の中のおいしそうなお芋!
あぁ~!でも私は食べられない!残念!
屋久島ジージ
2008年02月25日 07:30
スイミーさん、残念!早く屋久島に来て食べてくださいな「(^^)