たんかんジュースを作る

屋久島名産のタンカンを使った100%果汁のタンカンジュースを飲んだことがありますか。

今回、温泉仲間のWさんに頼まれて、タンカンジュースを作ることになりました。Wさんはタンカン畑を持っており、多くのタンカンを出荷しております。出荷するタンカンは色や形がある基準以上でないと出荷できないようで、基準外(と言っても味は同じですが)のタンカンは何も利用しなければ捨てることになります。基準外のタンカンですが、捨てるにはもったいないということで、ジュースにすることにしました。私たち夫婦はタンカンジュース作りのお手伝いをした経験はありますが、自分たちだけで手作りするのは初めてのことです。
画像





それでは、簡単にタンカンジュースの作り方を順にご説明しましょう。

(1)まずは外皮を剥きやすくするために、タンカンをお湯で少し温めます。実は、タンカンの皮剥きは生のままですと大変なのです。
画像




(2)数分湯通ししたら、ざるに上げ、水切りをします。
画像




(3)包丁でタンカンのヘタを薄く切り落としておきます。こうすることにより、より皮が剥きやすくなります。写真を撮るのを忘れました(><)




(4)タンカンの皮を剥きます。
画像


画像




(5)剥いたタンカンを小さく分けます。このとき白いスジなども取り除いておきます。
画像





(6)小分けにされたタンカンをジューサーに入れ、果汁を搾り取ります。
画像


画像


どうですか、いっぱい絞れたでしょう。
画像





(7)絞った果汁をこしながらビンなどの容器に詰めていきます。我が家では、三岳の1升ビンに詰めました。もちろん焼酎はよく洗い流しました。そうしないと、お酒になってしまいますから(笑い)
画像





(8)最後に1升ビンに詰められた果汁をもう一度こしながら、冷凍保存に適した適当な容器に移し替えます。この2度の漉しをすることにより、ジュースが滑らかになります。
1.5L入りのペットボトルに入れ替えました。
画像




2キャリー(1キャリーは約20kg)のタンカンがら、約20Lのタンカンジュースが取れました。
画像



これだけのジュースを作るのに夫婦二人で何と8時間かかりました(1日4時間を2日)。ですから、相当に高価なジュースですよ。1ボトル1000円でも安い勘定になります(笑)
まあ、材料費は無料で、作るのが楽しみでやりましたから手間賃は無視ですね。こんなことも屋久島に住んでいるから経験できるんです。



さて、出来上がったタンカンジュースですが、タンカン生産者のWさんと山分けということにしました。試飲してみましたが、甘くて滑らかな味で、出来は上々ではないでしょうか(^^)
夏まで冷凍保存しておいて、孫たちが遊びに来たときに飲ませてあげようと思います。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

やっさん(web屋久島高平窯)
2008年02月28日 08:23
我が家は孫が居ませんので、昨年作ったタンカンジュースを今飲んでいます。
皮をむかないで、タンカンそのまま冷凍して、氷解すると簡単に皮がむけて、シャーベットのようなタンカンになります。これカンタンです。
テスト済みです。
屋久島ジージ
2008年02月28日 11:12
やっさん、私もいくつかタンカンを冷凍保存しています。シャーベット状になったタンカンを夏に食べて見たいと思います。
きびこ
2008年02月28日 14:33
ジュース作りご苦労様でした。
手間がかかって大変そうですがおいしそうですね。
飲んでみたいです。

以前帰ったとき、
うちの母も冷凍たんかんを出してくれて
子供たちは喜んでましたよ。
屋久島ジージ
2008年02月28日 17:02
懐かしいでしょう、きびこさん。やっぱり、屋久島のタンカンは最高ですよね(^^)
fm
2008年03月01日 13:14
我が家でも、毎年この時期たんかんジュースを作っています。ジュースを搾るのは「ブラウン・シトラスジューサー」を使ってます。皮むきなどの手間もいらず、完璧にジュースがとれます。5年ほど前島の店「サムス」で購入したものです。当時で5千円くらいだったと思います。多分今でも買えるはずです。お試しください。
屋久島ジージ
2008年03月01日 17:05
fmさん、いいことを教えていただきありがとうございました。