第15回超自然・屋久島ツーデーマーチに参加(2)

超自然・屋久島ツーデーマーチの「足湯・滝めぐりコース」、いよいよ中間点である「千尋の滝」(センピロのたき)に向かいます。

急な坂を上るかあさん。途中で知合った人とおしゃべりしながら登っていきます。まったく女はどんなときでもおしゃべりしていないとダメなんですね(笑)
画像





この時期可憐に咲いているのは、通称「ヤクシマアジサイ」と呼ばれるガクアジサイの仲間である「ヤクシマコンテリギ」。歩いている途中、あちらこちらで見られました。葉が鋸状になっているのが特徴です。
画像

画像








さあ、そして遂に中間点である「千尋の滝」に到着しました。関係者がお菓子と麦茶で出迎えてくれました。
画像





折角なので、千尋の滝も覗いてみました。何時見ても一枚岩は巨大です。
画像





時刻はちょうど正午、この見晴台でお弁当を食べることにしました。雨がやや強くなっています。
画像





見晴台でお弁当を食べていると、取材用のヘリが飛んできました。
画像





かなり近くまで低空飛行です。大丈夫かなとちょっと心配。
画像

画像






さあ、お腹もいっぱいになったし、雨も小降りになったので、最終ゴールの尾之間温泉に向けて出発します。今度は下り坂が多い。膝の持病がある私には上りよりもきつい。ふ~(><)
画像





途中、側溝の水溜りにオタマジャクシがいました。こんな高いところでもいるんですね。これも新しい発見でした。
画像





ここは「キャノッピ」という自然のなかで遊ばせてくれるところ。いつかテレビで紹介していました。夏にみうとりの(孫)が屋久島に来たら連れてくるつもりだ。
画像





ここは朝通った二又川の上流です。いつの間にかかあさんは新しい仲間と歩いています。後で聞いたらこの方、神戸から1人で参加した79歳だとか。すごい。
画像

画像





79歳のこの方、屋久島の自然に大感動していました。記念に写真をととりまくり。それにしても、80歳目前で半袖、若い(^^)
画像






さあ、県道に戻りました。モッチョムがこの角度で見えたらゴールは近いぞ。頑張れ!
画像





そして、とうとうゴール地点の尾之間温泉に到着です。2008年ねんりんピックのマスコットがお出迎えです(^^)
画像

画像





かあさんはしっかりとゴールの証印を押します。距離が13Kmと短かったせいもあり、昨年(25Km)や一昨年(30Km)ほどの疲労感はありません(^^)
画像






そして、手作り餅菓子の接待もありました。
画像





さらにお土産に「シャクナゲ」の苗木をいただきました。かあさん大喜び。
画像






ゴールした人たちは尾之間温泉の足湯で疲れた足を癒します。ここの源泉は49.5度と熱いお湯が出ています。かあさんはこの後足湯ではなく、尾之間温泉に浸かって体の疲れを取っていきましたよ。
画像





こうして、無事に13Km歩くことが出来ました。今年から新たに出来たこのコースは最後に温泉に無料で入れるのがうれしいですね。尾之間温泉の泉質は、屋久島の中でも一番温泉らしい泉質で、外から来た人にはこの情緒ある建物とともに記憶に残ることでしょう。
画像







これで3年連続して参加しましたが、果たして来年もまた参加できるでしょうか。年々足腰が弱ってきているので、少し心配です。
屋久島はやっぱり歩いて回るのが一番お勧めですね(^^)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

スイミー
2008年05月14日 21:55
お疲れ様でした。13キロでも大したものです!
やはり、屋久島はおしゃべりを楽しみながら
歩いて回るのが一番でしょうね。
新しいお友達もできて、一石二鳥です。
2008年05月15日 04:53
ついつい車で移動してしまいますね~。
ゆっくり屋久島を歩いてみたくなりました。歩くのは嫌いではないけど東京だとちょっとね、、、、仕事でちょっと歩かないといけない時は、田舎のほうに行く様にしてます。
今度は屋久島に行こうかな?
屋久島ジージ
2008年05月15日 06:56
年々歩く距離が少なくなってきています。来年はもう少し長い距離を歩きたいと思います。スイミーさんのように泳ぐのが一番健康にいいんですよね。
屋久島ジージ
2008年05月15日 07:04
やっぱ、歩くのは田舎ですよね。屋久島もそんな田舎の風景が残っています。エグリーさん、歩きに来て見てはいかがですか。