屋久島のシャクナゲを求めて山歩き

屋久島の山に咲くシャクナゲは5月後半から6月の初旬にかけて見所を向かえる。山岳ガイドさんなどに聞くと、今年は例年よりシャクナゲが多く咲いているという。そしてそのシャクナゲもそろそろ終わりになる頃だというので、突然思い立ってシャクナゲを見に黒味岳(クロミダケ=1831m)と投石平(ナゲシダイラ)行くことにしました。実は私たち夫婦、屋久島に来てから2年8ヶ月になりますが、シャクナゲ登山をするのは初めてなんです。
今回は花之江河、黒味岳そして投石平を歩いてきました。その足跡を順を追って説明しますのでご覧下さい。
トップの写真は、黒味岳の登山途中に見えた一面に咲き乱れるシャクナゲの群生です。
画像





6月5日の天気予報によると、屋久島は週末の土曜日から再び梅雨の雨が降り続きそうなので、最後のチャンスかもしれないと思い、翌日の6月6日金曜日にシャクナゲ登山を決行することにしました。こうやって、天気予報に合わせていつでも屋久島の山に入れるのが、ここに住んでいる特権ですね(^^)。
さて、当日は目覚まし時計で午前3時半に起床、4時に家を出る予定がもたもたしていて結局車を出発させたのは4時半過ぎであった。登山の入り口となる淀川(ヨドガワ)登山口までは我が家から車で約1時間かかります。5時半過ぎに登山口に着いたときは14~15台の駐車スペースはすでにいっぱいの状態、
画像




やむをえず5分ほど歩いた沿道の空き地に車を止めました。それでも我われはまだ良い方で、もっと後から来た人たちはさらに遠くに止めなくてはなりません。
登山口に行くと、ご覧のように沢山の登山客がシャクナゲを求めてやってきていました。
画像




5時45分、淀川登山口を出発し、黒味岳を目指す。かあさんが登山道に足を踏み出した途端、突然2頭のヤクシカが出迎えてくれました。残念ながら写真に捉えることは出来ませんでした(><)
画像




すぐにあちらこちらでシャクナゲの花を見かけます。この辺りに咲くシャクナゲは背丈が高いです。風雨にさらされていないからです。
画像




かあさんが可憐な花を見つけました。フタリシズカという名だそうで、静御前とその亡霊が舞っている姿に例えているとか。
画像





40分ほど歩き、淀川避難小屋の近くまで来ました。ここから先が「世界自然遺産登録地域」となっています。
画像




6時半、淀川避難小屋に到着。小屋の周りでは前日から宿泊していた人も含め多くの人たちが登山の準備をしていました。多くの人は宮之浦岳の縦走を目指しているのでしょうか。
画像





私たち二人はノンストップで先を進みます。直ぐに淀川を渡ります。
画像




淀川の水は何処までも澄み、周りの木々をその川面に写しています。ちょっと上高地を思い出しました。
画像





どんどん進みます。ときどき険しい上りや下りがありますが、まだまだスタミナ十分です(笑)
画像





時折足を止めて景色を眺めます。シャクナゲが美しい。
画像





足元には散ったシャクナゲの花びらがジュータンを作っています。
画像





先を急ぎます。木の根がすごい。歩くだけで傷めてしまうのですが、少しでも木の根を守るために、今回は登山用のストック(杖)を使わないで登ることにしました。
画像

画像






あっ、サクラツツジもまだ咲いていましたよ。春に里で見たものよりピンクが濃いような気がします。綺麗ですね。私の好きな花です。
画像

画像





急に左側の視界が開け、奇妙な岩を天辺に乗せた山が見えました。
画像





高盤岳(コウバンダケ=1711m)だ。
画像





ズームしてみました。別名豆腐岳とか食パン岳とか呼ばれる奇岩です。自然の力がこのような奇岩を生み出したのです。不思議ですね。どうですこの姿。
屋久島にはこのような奇岩が沢山あります。
画像






登山小津入り口から3.5Kmほど歩きました。
画像



疲れましたので(笑)、本日はここまでとします。
たった3.5Kmでも山道、老体には応えます(><)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

ヨカニセ
2008年06月08日 08:37
今年はことのほか、石楠花のはなつきがいいそうですネ、お二人で満喫できてよかったです。私は昨年妻と二人で行ってきました。残念ながら今年はいけませんでしたが足、腰が動くあいだに、もう一度チャレンジしてみたいと思っています。そのときは声を掛けますので、ご一緒しましょう。
屋久島ジージ
2008年06月08日 11:03
ありがとうございます、ヨカニセさんぜひお声をかけてください。ただ、こちらこそ足腰が動くかどうか心配ですが(笑)
今年のシャクナゲは本当にきれいでした。
スイミー
2008年06月08日 13:58
石楠花もきれいですが、高盤岳っておもしろいです。こんな山、初めてです。どうしてこんな風になるのでしょうね。「食パン岳」の名前が本当にふさわしいです!きれいな輪切りですよ。驚きます。
屋久島ジージ
2008年06月08日 22:56
信じられないほど自然のマジックはすごいですね、スイミーさん。屋久島の山々にはこんな奇岩を持った山が沢山あります。面白いでしょう(^^)