屋久島のシャクナゲを求めて山歩き(2)

さあ、黒味岳を目指してまた歩きます。白骨樹とシャクナゲの組み合わせが見えました。死してなお引き立て役?として頑張っている白骨樹が健気です。
画像






湿地帯を木道で保護しています。もう少しで小花之江河(コハナノエゴウ)と呼ばれる湿地帯のはずです。
画像





さあ、小花之江河が見えてきました。
画像





そして小花之江河に到着です。
画像

画像





ミズゴケの生えた湿地帯が広がります。「小型の尾瀬みたい」とかあさんが言いました。
画像

画像




木道を通って小花之江河を渡ります。
画像





多くのミズゴケがここで生きています。緑が鮮やかです。
画像

画像




所々に白骨樹があります。
画像





それでも、本体は死しても着生植物はちゃっかりと間借りしています。
画像




このような木々の間、木道をさらに進みます。
画像




ときには水の中に足を入れて石場を抜けます。
画像





そして、最後の丘を越えて目の前が開けたとき、そこは花之江河でした。
画像





ここ花之江河は、栗生歩道、湯泊歩道、安房歩道そして宮之浦歩道が集まる登山道の要所でもあります。
画像





広い湿地帯で、ここで休憩を取る人たちが多くいます。
画像





記念に私も写真を1枚。
画像





足がのろい私たちはここでも休憩をせずに歩き始めました。
画像





周りを多くの屋久杉で囲まれた素晴らしい場所です。
画像





木道脇にシャクナゲを見つけました。
画像

画像





水の流れる岩肌を滑らないように注意しながら歩き、
画像





平均台のような木の枝の橋を渡ります。
画像





太陽の光で黄色く輝く苔がありました。
画像





こちらは緑色のコケ類、美しいですね。
画像





出発して3時間ほど、とうとう黒味岳(1831m)の姿が見えてきました。まずは、あそこに登るのが今回の目的の一つです。
画像





そして、とうとう黒味岳の登山道入り口までやってきました。
画像




いよいよ黒味岳に登りますが、この続きはまた明日とします。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

ヨカニセ
2008年06月09日 08:07
昔のの幻灯機の物語の展開でぐいぐい引き込まれます。明日は完結か?続くのか?楽しみです。
屋久島ジージ
2008年06月09日 22:57
幻灯機とはまた古いですね、ヨカニセさん(笑)でも動かない写真ばかりですから、確かに幻灯機ですね。まだまだ続きますよ(^^)