ミカン(タンカン)畑の草払い

屋久島に移住してもうじき2年10ヶ月、生活のペースもつかめて来ました。友達もかなり出来ました。そんな中、尾之間の友達Tさんからミカン畑の土地があるけど、一緒にやりませんかと声をかけていただいた。私は農業の経験もないし大変だと思うのだが、田舎育ちのかあさんは農業大好き人間なので、すぐに飛びつきました。今でも自宅の裏に小さな畑がありますが、かあさんはもっと大きな場所でいろんな作物や花を植えてみたいらしい。
場所は尾之間で、家からは車で10分ほどの場所、モッチョム岳を見上げるロケーション的には最高の場所です。面積は530坪強で、素人農家には十分すぎるほど広い土地です。もともとミカン畑なので、土地もふかふかしており、作物を植えるにはもってこいの場所です。
画像






雨のシーズンに手入れがされていなかったので、草は伸び放題でミカンン畑はご覧のような状態です。
画像

画像





早速、現地に行って草払いから行うことにしました。草払いといっても今までは家の周りの空き地の一部、せいぜい100坪ほどの草払いで、1~2時間もあれば終わります。今度はそう簡単には行きません。全部の草払いをするには何日もかかりそうです(><)
それでも頑張ってタンカンの木の周りだけでもと草を刈りました。
鎌で木の根元の雑草を払うかあさん。久しぶりに本格的な?土地いじりに大張り切りでした(^^)
画像

画像





タンカンの木には今タンカンの赤ちゃんのような実が沢山生っています。来年の2月ごろに収穫するころには、もっと大きく黄色くなっているはずです。ただ、タンカンは病害虫にやられることが多いので大変なようです。まあ、こちらは商売にするわけではないので、美味しいタンカンが少しだけ収穫できれば良いと思っていますので、農薬は使わずに挑戦するつもりです。
画像






作業の途中、手を止めてモッチョムを見あげるかあさん。この景色も気に入ったようです(^^)
画像





これからは、家の小さな畑と、こちらに作る大きな畑の両方を面倒みなければならないので大変だとは思いますが、ともかくかあさんは土地いじりをしていればご機嫌なので、まっ、しょうがないか(笑)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント