平内八幡神社の秋の大祭

旧暦の中秋の名月である9月14日(旧暦の8月15日)、屋久島は平内集落にある八幡神社で「秋の大祭」が行われました。
境内では集落の青年たちにより昔から受け継がれてきた「棒踊り」や「蹴踊り」が披露されました。
画像

画像






小雨の降る中、地元平内の人たちも大勢見に来ていました。
画像







八幡神社の大祭は「春の大祭」とこの「秋の大祭」があり、前者は豊作の祈願、後者は豊作の感謝を神様に伝えるものだそうです。
今では「棒踊り」を踊れる人も数が限られてきたようですが、このような伝統行事はどんどん引き継いでいってほしいものです。
画像







踊り終わった青年たちに、神主さんから、お餅が振舞われます。実はこの神主さんは私の家の近くにお住まいの移住者の方で、臨時の神主さんをもう14年も勤めているそうです。
画像






八幡神社の鳥居にかかっているしめ縄は、この朝新しく作られたものです。関東では真っ直ぐに張られますが、こちらではご覧のようにUの字にゆったりとかけられます。
画像






今、八幡神社では紫色の野牡丹の花が咲き乱れています。
画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年09月19日 07:47
おはようございます。境内での奉納踊り、大事な伝統行事ですね。ブログに載せることも記録ですよね。
神社の鳥居をみると、なぜか、ほっとします。
最後の、ノボタンの花、みごとですねぇ。鳥居を囲むようにたくさん咲いてるではないですか。
ところで、台風の被害はなかったですか。
石見のぐらんぱ
2008年09月19日 10:56
台風は屋久島直撃のようでしたがだいじょうぶでした?
お月見の時期になりましたね、島根もススキの穂がでて、家の周りのアケビも色づいてきましたが食べごろはもう1カ月さきくらいかな・・
屋久島ジージ
2008年09月19日 13:06
ノボタンの咲いている神社はいかにも屋久島らしいでしょう、行き当たりばったりさん。伝統行事はいつまでも残して欲しいですよね。
お陰さまで台風13号は何事も無く過ぎ去って生きました。これから関東にも向かいますのでご注意を!
屋久島ジージ
2008年09月19日 13:09
直撃だったのかもしれませんが、屋久島ではこの程度の風雨は台風でなくてもありますので、被害はありませんでしたよ、石見のぐらんぱさん。あっ、バナナとパパイヤが少しだけ被害にあいました(><)
コタッチ
2008年09月19日 20:30
こんばんは、台風の影響が少なかった様子。良かったですね。ここは数年前に屋根瓦が飛び、雨戸が飛んだので心配しましたが九州山脈にさえぎられて無事でした。台風は嫌いです!!後始末も大変ですよ
屋久島ジージ
2008年09月19日 21:53
そうです、後始末がたいへんでした、コタッチさん。今日は朝から後始末でした。木の枝や葉っぱ、家の外壁の水流しなどヘトヘトです(><)