台風一過、海中温泉に沈む夕日

台風13号が去った後、屋久島は良く晴れていた。昼間は雲ひとつ無い真っ青な空、まだまだ強い日差しが差し込んできた。
潮の状態がよさそうなので夕方5時ごろ海中温泉に行った。温泉に入りサッパリして着替えているとき、太陽が西の空と海に沈み始めた。これから本格的な秋に入っていくと、太陽は海に沈む。夏は日が長いので、山側に沈んでいたのだがこれからは海に沈む夕日を拝める季節に入る。
下の方に雲があってきれいな夕日にはなっていないが、今正に太陽が海に沈むときである。
画像





雲間に夕日が隠れると、日の光で周りの雲が黄金色に光り出す。ほんの一瞬の光景だ。
画像







夕日を背景に向こうの丸い岩に1匹の鳥がシルエットで見えた。
画像






イソヒヨドリだ。いつもここ海中温泉をテリトリーにしている1匹である。こうして他の鳥が侵入してこないように見張っているのだ。ときどきピ-ヒョロと美しい声でさえずる。
バックの夕焼けがこのイソヒヨドリをまるで神の鳥のように神々しくみせているではないか。
画像






これからの季節、平内海中温泉に来る楽しみは美しい夕日と夕焼けを眺めることである。
画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年09月23日 08:26
おはようございます。
夕焼けを見ながら、海中温泉に入るなんて、素敵ですね。イソヒヨドリのテリトリ-ですか。イソヒヨドリ、温泉の存在をわかるのでしょうか?
屋久島ジージ
2008年09月23日 21:39
はい、きっとこのイソヒヨドリは温泉の存在を理解していると思いますよ、行き当たりばったりさん。でも、もしかしたらこの夕焼けが見たくてこの場所にいるのかもしれませんね(^^)