四角豆の種作り

屋久島では四角豆がよく栽培される。屋久島の気候に合っていて沢山の実を生らせてくれる。その四角豆ももう終わりのシーズンに入りました。今年も沢山四角豆を食べました。キヌサヤと同じように皮のまま食べますが、味が淡白なのでどんな味付けにも合います。
画像






我が家の小さな畑では、そんな四角豆を来年も頂けるように種を作っています。種を作るといっても特別なことをするわけではなく、生った実をとらずにそのまま放置しているだけです。
画像






こうやって放置しておくとやがて茶色になり、中の豆が来年用の種としてとれるわけです。
種作りには10個程度の実を残せば十分です。比較的大きな実を残すようにしています。やっぱり、子孫を残すには大きな実のほうが強いでしょうからね
画像







こうして作られた種は、来年初夏にまた畑にまかれます。こうやって繰り返していればいつまでも四角豆を栽培、収穫することができます。便利ですね(^^)
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年10月24日 18:27
今晩は。
このようにして、何代も何代も続いて今日に至っているのでしょうね。
注文多いですが、畑、種まきなど来年、見せてくださいね。
ぱからのかーさん
2008年10月24日 18:35
ジージーさんの所から頂いた種で、今年は我が家でも沢山美味しい四角豆が食べられました。我が家でも来年のために種作りをしたいと思います。有り難うございました。
屋久島ジージ
2008年10月24日 18:38
了解しました、行き当たりばったりさん。来年またご報告しますよ(^^)
屋久島ジージ
2008年10月24日 18:41
我が家も最初はご近所さんから頂いたものです。こうやって、屋久島中に広く分配されていくのって、いいですよね(^^)。
こちらこそ、ぱからさんにはいつもお世話になっております。