あのパッション・フルーツの木は今

去年の夏300個も実を生らせた我が家のパッションフルーツの木、冬を迎えた今こんな姿になっています。実は去年の12月、覆い茂っていた葉を私が切ってしまったので、こんなに丸坊主になってしまったわけです。誰かから話を聞いて切ったのですが、果たしてそれが良かったかどうか、それはわかりません。ただ、何となくこの木が気の毒なような気がします(笑)
画像







下から見上げると、切る前は葉っぱで空がほとんど見えなかったのがこんなにスケスケルックです。ちゃんと葉っぱが復活してくれるか、やっぱりちょっと心配です。
画像







また今年の夏も沢山のパッションフルーツが生ってくれることを期待しているのです。孫たちが大好きで、夏休みに屋久島に来ている間、毎日食べていましたから、もし生らなかったら寂しい思いをさせてしまいます。何とか生ってくれと祈るばかりです(^^)
画像









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ヨカニセ
2009年01月20日 09:55
健康を回復され、また元気なブログが読めるのが楽しみです。お孫さんのために心配しているようですが、大丈夫だと思います。むしろ良い剪定になっているようです。今年は昨年の倍の果実をつけることでしょう。
屋久島ジージ
2009年01月20日 18:36
ご心配をおかけしました、ヨカニセさん。
ヨカニセさんに大丈夫と言っていただけると、安心します(笑)