恒例となったソバ打ちパーティー

いつの間にか恒例?となったソバ打ちパーティーが、いつもの通り尾之間のぱからさんで行われました。これもいつもの通りの、気の置けない仲間たちが集まって、あーでもない、こーでもないと色々な話題に話が付きませんでした。
肝心のソバ打ちですが、前回は正直言ってほとんど失敗作ばかりでしたが、今回は挑戦者全員がうまくソバを打つことができました。回数を重ねたせいでしょうか、それともこの日が雨だったので、適度な湿り気があったせいでしょうか、はたまた、使った蕎麦粉が上等なものだったからでしょうか(笑)
画像








今回は私も挑戦してみました。もちろん、周りは師匠たちが囲み、あーだ、こーだと次々と厳しい指摘が飛ぶ(><)
蕎麦粉を水でこね、適当な柔らかさ(耳たぶくらいの柔らかさ)に練り込んだら、円錐状にまとめ、それを上から押しつぶし、30cmほどの円盤状にする。
画像








それを、円筒の棒でどんどん伸ばす。ソバにする薄さまで引き延ばす。
画像








最後は正方形状にし、それを折りたたんで、いよいよソバきりとなる。これがまた難しい。なかなか市販のソバの細さに切れない。
画像







出来上がったソバを、熱湯でゆで、冷水でいっきにもむ。
画像







そして最後は、みんなで食う(笑)。これが旨い。何ともいえず旨い。
ソバを打つのは男衆、この日ばかりは女どもは食う専門(^^)
かあさんも、うれしそうに出来たてのソバを口に運ぶ。
画像







一品ずつ持ち寄った料理も含め、どんどん食べる。そして飲む。男どもは飲んではソバを食べる。大吟醸の清酒はあっという間に空になる。
画像









糖質制限食実施中の私も、この日はお酒解禁日とし、大吟醸を美味しく頂きました。久しぶりに飲んだ日本酒、それも大吟醸、なんて美味しいんだろうか(^^)

このソバ打ちパーティーこれが今年最後か、いやきっとまた年末にやることになるでしょうね(笑)
屋久島で、気の置けない仲間たちと、ワイワイガヤガヤと飲み食いするこのソバ打ちパーティー、今後も続いていきことを願う。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年11月26日 07:44
おはようございます。おいしそうです。ソバ打ちは、かなりデリケ-トさが必要と聞いてます。11月末になても未だ、ソバ打ちにチャレンジできないでいます。年内にできるかどうか?
吟醸酒は確かに甘い、フル-ツの香り--、たまりませんね。
屋久島ジージ
2009年11月26日 11:15
自分たちで打ったソバはまた格別な味がしますよ、行き当たりばったりさん。ぜひチャレンジしてください。
フルーティなお酒といえば、会社時代によくお隣山形県の出羽桜というお酒をよく飲みました。本当に日本酒とは思えないほど、フルーティでしたね。