平内八幡神社春の大祭

2月20日(土)、屋久島は平内八幡神社の「春の大祭」が行われました。大祭といっても別にお神輿が出るわけではありません。地元平内の今年の五穀豊穣と安全を祈願する神事なのです。
八幡神社の大祭は毎年春と秋に行われ、秋の大祭では伝統の棒踊りが披露されますが、春の大祭は神事だけとなります。
普段は無人の八幡神社ですが、大祭の時は宮司さんがみえて、神様にお祈りを捧げます。
画像








この日は朝6時半から大祭のために、しめ縄作りが行われました。神社の鳥居などに張ってあるしめ縄を新しくするのです。たくさんの稲穂を使って、しめ縄が手作りされました。私もお手伝いに出かけましたが、稲穂をそろえる程度しかできず、大した手伝いにはなりませんでした。やっぱり、地元の方は、しめ縄作りも上手ですね。
画像









鳥居に掛ける大きなしめ縄は、このように木にかけながら大勢でよじって作ります。
画像








これは出来上がったしめ縄を鳥居に掛けているところです。
画像








そしてこれが完成した姿です。
画像







午前10時からは、神社内で神事が挙行され、神様にいろいろな貢物が捧げられました。
画像

画像








神事が終わった後は、みなさんでお神酒とお料理をいただく風習です。地元の奥様達が腕によりをかけた美味しい料理が振る舞われました。
画像







こんな行事も若い人の参加が少なく、年々廃れているようです。しめ縄を作りの技を若い人に伝えていかなければなりませんね。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年02月21日 07:34
おはようございます。昔子供のころは、何をやっているんだろう、位にしか思っていませんでしたが、ほんと、こういう行事神事は後世に引き継がなければいけませんね。お金があればビデオに記録とかできるのでしょうが---。古老の元気なうちに引き継いでほしいものです。
屋久島ジージ
2010年02月21日 11:03
たしかに、子供のころはつまらなかったですね、行き当たりばったりさん。お神楽なんて、つまんなくてしょうがなかった記憶があります(笑)
今ごろになって、伝統行事の大切さがわかってきました。時すでに遅しですか(笑)
プリ
2010年02月21日 23:08
いえいえ、遅いなんてことは。ジージさんがブログでこういうことを伝えてくださるのも、伝統行事の継承に繋がる大切なアクションですよね。これからもいろいろ教えてください!
屋久島ジージ
2010年02月22日 07:14
プリさん、励ましの言葉をありがとう。そうですね、遅いということはありませんよね。
頑張ります(^^)