パッションフルーツの木を挿し木

どうも、今年、パッションの生育が芳しくない。3年目に入るので、さすがに木が弱ってきているのかもしれない。
それに去年はそれこそ鈴なりに実を生らせてしまったのが、余計に木を弱らせたのか・・・
パッションフルーツは夏休みにやって来る二人の孫の大好物である。何とかしなければならない。
そこで、新しく挿し木をして増やすことにしました。
画像








今の時期、挿し木をして果たしてちゃんと付くのか分かりませんが、とりあえ枝を数本切って、プランターに挿してみました。
仮にうまく付いても、もちろん今年の収穫は出来ないと思いますが、来年のための準備です。
画像







パッションは非常に挿し木しやすく、ただ挿しておけば根が生えてくるので、ハズレは少ないはずです。
まあ、失敗したらどんどん挿し木をするつもりです(笑)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

ヨカニセ
2010年03月29日 08:51
パッシヨンの挿し木は、おっしゃる様に簡単に根着きますが、葉のついているところを二節くらい切って、一つは土中に葉をはずして指してください。そこから根が出てきます。葉は一枚残せば充分です。写真のようでは根着きにくいと思います。葉をはずした方が良いと思います。
屋久島ジージ
2010年03月29日 09:11
ご忠告ありがとうございます、ヨカニセさん。早速そのようにしてみます。