パッションフルーツ(時計草)の花が終わった

いつから咲き始めたかもう忘れてしまいましたが、我が家のパッションフルーツの花が終わりました。要するに、今年の花が咲き終わりました。毎日毎日数十個づつ咲き、それを授粉してきましたが、その作業も終わりとなりました。
今、我が家の庭の棚にはいっぱいのパッションフルーツの実が生っています。
画像










今年は豊作だった去年と比べると、やや少ないような気がしますが、それでもご覧の通り鈴生りです。夏休みにやって来る孫たちに食べさせるには、十分だと思います。
ただ、形が少し小型になっているのと、時間が経つと実の表面に傷の様な汚れが目立つのが気になります。
画像










それと、今年は垂れてきた枝を切らずにそのままにしたため、結構低い位置でも実が垂れ下がっています。これなら孫にも手が届く高さです。
でも、孫が来るまで実が残ってくれるかは、微妙ですね。
画像










今はまだ緑色のパッションフルーツですが、近いうちに赤味を帯びてきて、紫色に熟し、落果します。
画像

画像









実は、落果する前に収穫するよりも、熟して自然に落果した実の方が美味しいですよ。
落果したパッションが傷まないように、近々ネットを張るつもりです。やっぱり、奇麗な実の方が、美味しそうに見えますからね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

塩ラッキョ
2010年06月15日 07:15
果実に袋がけは必要なしですか? ジージ受粉の成果ですね。 未だ食べたことが無いので、買って帰りたいですが、お盆のころでも売っていますか?
 毎日ブログのネタに尽きませんね。 私ではとても無理です。 出版できるくらいのネタがありそうです。
屋久島ジージ
2010年06月15日 09:33
ご近所に袋がけをしている方もいますよ、塩ラッキョさん。それは、サル対策のようですね。新聞紙の袋をかぶせていますが、果たしてサルに効果があるのでしょうか。
パッションフルーツの収穫は7月の中旬から遅くも7月いっぱいで終わりますが、たしかお盆のころでも売られていたと思いますよ。
ブログのネタはあまり考えません。ただ、カメラは手離せんんね。写真を見ながら、適当に記事を書いています。毎日だから、あまり凝った記事は書けませんがね
(笑)

2010年06月17日 00:14
今晩は。例年のパッションフル-ツ、今年もたくさんなってますね。孫さんたちの喜ぶ顔が浮かびます。
我が家のトケイソウ、蕾はたくさんついてますが、順番から行くと、今年は花が咲かない様です。1年おきに咲いてるようなんですよ。
屋久島ジージ
2010年06月17日 07:09
へー、1年おきに咲くんですか。しかもつぼみがあっても咲かないなんて珍しいですね。行き当たりばったりさんんの時計草は、希少価値のあるものかもしれませんよ(笑)