無残なパッションフルーツの姿

今年の我が家のパッションフルーツ、実は生りましたが、きれいに熟さずに落ちてしまう。毎日50個以上も落ちる。葉っぱも枯れ落ちてきて、見た目も無残な状態になってきた。
たぶんパッションフルーツは1個もまともなものが出来ないでしょう。
画像











時々上からパッションフルーツが落ちてくるので、豆太も気が気ではありません(笑)
たまには頭に当たっているかもしれませんね。
画像











まだ落ちていない実も残っているが1つも赤く熟さない。去年ならもうきれいに紫色に熟した実がいっぱいあったのに。気候のせいか、それとも病気なのか不明だが、無念である。
画像










来年は苗を植えかえて、また復活させよう。






<追記>
1週間で戻る予定のかあさん、本当は14日(水)に帰るはずであったが、孫の幸四志郎が入院したため、帰りを伸ばした。5日ほど帰りが伸び、まだ暫く独身生活が続きます(><)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

塩ラッキョ
2010年07月15日 13:53
 農業で生計を立てる人は大変です。 趣味の自家栽培で良かったですね。 植物は同じ所に群生するのが普通ですが、人間が手を加えると、このような連作障害がでるんですね。 不思議です。
屋久島ジージ
2010年07月15日 17:36
塩ラッキョさんのおっしゃる通りですね。人が介在すると、いろいろな弊害がでるのですね。勉強になりました。同時に、農家の方の苦労がほんの少しだけ理解できました。
2010年07月17日 07:16
おはようございます。まったく残念な結果です。せっかくここまで育ったのに---、孫さんたちもがっかりです。子供は、いろいろなことが体におきますね。そうして抵抗力をつけていくようですね。不自由な?独身生活、もう少し我慢してください。
屋久島ジージ
2010年07月17日 11:29
はい、頑張ってチョンガー生活を楽しんで?いますよ、行き当たりばったりさん。
お陰さまで、孫の病状もだいぶ良くなってきたようです。来週にはまた夫婦二人の生活に戻る予定です。