豆太、鋼鉄ワイヤーを噛み切る

1歳3カ月になった豆太、益々元気である。
何度か繋いでいた紐を噛み切ってしまったので、中に鋼鉄線の入ったワイヤーで繋いでいたが、そのワイヤーも切ってしまった。まったく凄い歯だ。
画像









前に紐を噛み切ったときは脱出して、近所をあっちこっち歩きまわってから帰って来た。
今回も一瞬「やばい!」と思っていたら、何とベランダの縁の下から出てきた。別に脱走するつもりはなかったようで、すぐに私の方に寄って来た。
もう一つ予備があったので、もう一度鋼鉄ワイヤーで繋いだ。
画像

画像









それにしてもよくこんな鋼鉄のワイヤーを噛み切ったものだ。
海が近いので、塩で中のワイヤーに錆でもきていたのだろうが、簡単には切れるものではない。
切り口をアップで見てみましょう。
画像

画像








まあ、今回は脱出劇がなかったので良かった。
画像









屋久島ではときどき飼っていた犬が脱出して、そのまま戻らない事もある。何しろ周りは自然だらけなので、脱出した犬はいろいろな場所に行ってしまう。サルもいるしシカもいるので、追いかけてしまうのかもしれない。また野良猫も多い。
つい最近も豆太が吠えるので、何だろうと行ってみると、首輪とリードを付けたままの犬が、家の前に来ていた。私が出て行ったら、さっと消えて行ってしまった。
いずれにしても、豆太の歯は要注意である。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年09月10日 21:56
今晩は。ワイヤ-でも何十回、何百回、何千回も噛めば切れてしまうのかもしれませんね。とにかく元気なことに間違いはありません。もう、大人ですものね。
屋久島ジージ
2010年09月11日 06:13
そうですね、もう大人なんですね豆太は。
まあ、元気が何よりですからね、行き当たりばったりさん。