畑で里芋と生姜を収穫

かあさんの畑、いろいろなものが植えられている。屋久島らしく畑にはバナナやパッションフルーツも植えられていて、里芋や生姜もそれらと一緒に植えられている。
里芋や生姜は何回か収穫したのだが、収穫しそこなった残りがまた大きくなってきている。
画像

画像








残り物とはいえ、折角生ったのだから量は少ないが収穫することにした。夫婦二人ならほんの少しでも充分な量です。
画像









この面積だけ里芋を掘った。
画像










大きいのや小さいのが混在でこれだけ収穫しました。
画像










肥料の入っていた袋に入れて持ち帰ります。
画像








葉っぱも茎も食べられないかな~(笑)。もちろんこれは食べません。放置すれば、畑の肥料になるでしょうか。
画像









こちらは生姜、これだけあれば生姜焼きや冷奴など、いろいろと使えます。
画像

画像









畑には植えたまま忘れているものが結構あるものです。こうやって、たまには畑の中を見回って、収穫できるものはちゃんといただく事が大切です。農家の方のように売り物を作っているわけではないので、食べられればなんでも食べますよ。もちろん無農薬です。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年10月14日 08:18
おはようございます。野菜がいっぱいです。
こちらでは、サトイモの茎は、干して乾燥させてイモガラとして、みそ汁などに入れて食べますね。
確かに2人なら、足りないことなく、腹いっぱい食べられますね(笑)。
屋久島ジージ
2010年10月14日 15:03
乾燥させて味噌汁の具ですか、なんでも食べられるものですね。地域によって食べるものも変化しますからね。食糧自給率を上げるには良いかもしれませんね。