豆太とカマキリ

ウッドデッキで飼っている豆太、屋久島らしく色々な昆虫などが飛んでくる。蝶々やカナブンが多いが、若い豆太は飛んでくるあらゆるものに反応する。
この日、豆太が何かにじゃれついていた。何だろうか?
画像










すでにこの生き物は豆太に噛まれたり、足で潰されたりして瀕死の状態であった。豆太はじゃれたつもりだが、相手にとってはとんでもない怪獣が襲ってきたように感じただろう。
画像










よく見ると、この昆虫はカマキリであった。なまじカマキリはその鎌を振り上げて威嚇のポーズをとるものだから、豆太は益々興味を持ってじゃれ付いたに違いない。
画像










緑色だったカマキリの色も茶色になってきた。屋久島も朝晩が寒いくらいの温度になり、秋らしくなってきました。
温泉が恋しい季節に入ってきました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年10月21日 08:30
おはようございます。カマキリもとんだ災難です。
秋になって朝夕涼しくなって、やはり屋久島も紅葉を見ることができるのでしょうね。
ワンちゃんも大きくなりました。
屋久島ジージ
2010年10月21日 10:54
はい、豆太も大きくなりましたよ、行き当たりばったりさん(^^)
残念ながら屋久島では福島のような素晴らしい紅葉を拝むことは出来ませんが、それでも山では少しづつ葉っぱが赤みを帯びてきます。