サキシマフヨウは花が終わり種を作る

屋久島では咲いていたサキシマフヨウの花が終わり、他のを作る時期に入った。
我が家の東側の空き地にあるサキシマフヨウももう咲いている花は数輪だけになった。
画像









近づいてみると、花が萎んだ後、いっぱいの種が準備されていた。いや~、これだけの種がまた新しい木を作っていくのだ。
画像

画像










こうやって、毎年サキシマフヨウは花を咲かせては大量の実を作り、種を飛ばしているのだ。空き地や畑にいつの間にかサキシマフヨウの幼木が生えてくるのも頷ける。
この空き地のサキシマフヨウも、いずれ大風が吹いたときに、大量の種を大空に向けて吐き出すに違いない。





この記事へのコメント

2010年12月27日 23:43
今晩は。大量にあって勢力拡大ということでしょうか。自然環境が生育に適しているのでしょうね。
共存共栄も難しいですね。
屋久島ジージ
2010年12月28日 07:13
正に勢力拡大ですね。植物のしたたかさを感じますよ、行き当たりばったりさん。