ここは屋久島

アクセスカウンタ

zoom RSS この寒いのにパパイヤの実がでかい

<<   作成日時 : 2011/01/17 07:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

う〜寒い!私の住む屋久島の南部でも朝晩は10度を切る日もある。こんな寒い時期バナナやパパイヤはどうしているのだろうか。
家の裏の小さな畑を覗いてみました。強い風が吹いたため、さらにこの寒さでさすがにバナナの葉はもうギザギザですね。実も生っていません。もっともこの時期に実が生っても太らずに、食べられません。
それでも、パパイヤの実は生っていました。それも大きくなっている。写真右側の緑色の実がパパイヤです。
画像













葉っぱは霜枯れのようにしなびていますが、大きな実がいくつも生っています。子供の頭位の大きさの実がゴロゴロ生っています。
画像













本当にでかい。しかも少し黄色がかってきています。なぜこんな寒い中でも実は大きくなれるのでしょうか。葉が枯れたために、養分が全部実にいくためでしょうか。
画像












奥のパパイヤも葉っぱはすっかりしおれていますが、実はしっかり出来ています。
画像












まるで寒さをお互いの体を寄せ合って凌いでいるようにかたまっています。面白いように。
画像

画像













元々南の国の植物なのでしょうが、こんなに寒くても実を生らしているなんて不思議ですね。いや、逆に考えると、寒いので生命の危険を感じて、早く子孫を残そうとして実を沢山生らせているのかもしれませんね。そういえば、枯れる前の松の木はいっぱい松ぼっくりを生らせていますからね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。パパイヤですね。緑でも、捥いで食べてみたいです。枯れてしまいましたが、葉っぱの芯ですか、まるで仏像の背中で光?を支えるようにある、あの棒、あれを思い出しました(笑)。
行き当たりばったり
2011/01/17 08:10
パパイヤの枝が千手観音の手に見えるなんて、行き当たりばったりさんは感受性豊かですね(笑)確かにそのように見えなくもありませんね。

屋久島ジージ
2011/01/17 09:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
この寒いのにパパイヤの実がでかい ここは屋久島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる