平内海中温泉の修復

寒波のために延期となった平内海中温泉の掃除と修復工事が1月18日に行われました。この日は晴れて、絶好の掃除日和、潮汐は大潮で、干潮時は十分に潮が引いていました。今回のメインは上がり湯の壷を修復することでした。数週間前の大波で運ばれてきた石などにぶつけられて、上がり湯用の壷が破壊されてしまいました。波の力は想像もできないほどの力があります。
これが上がり湯用の壷です。写真左側はコンクリートで塞がれていたのですが、破壊されて、中の温泉が沸き出すところが丸見えになってしまいました。ここから湧き出た源泉が、パイプを通して右側の壷に流れ落ちるわけです。そして、右側の温泉を上がり湯に使っています。100%新鮮な源泉です。このままですと、湧き出るところに砂や枯葉などのゴミが入ってしまいます。
画像












これが左側の壷から流れ出ている源泉です。もちろん湯船の中かからも沸き出ていますが、ここはかけ湯、上がり湯用なので十分な湯量が必要なわけです。
画像

画像













そこで予め準備しておいたこのコンクリートの蓋をかぶせて、きれいに修復することにしました。
画像














これは修復しているところです。セメントを扱うのは手先が器用なKさんです。海中温泉の修復はほとんどこの方が行っています。私たちはセメントを捏ねたり、運んだりをお手伝いします。
画像













だんだん、出来上がってきました。結局この日はセメントが足りず完成するところまでは進みませんでした。時間をかけすぎると潮が上がってきてここは海の底になってしまうので、それまでにセメントが乾かないといけません。限られた時間での勝負なのです。大変です!
画像











この日はここまで、8割方出来ましたが、あとはまた後日ということにしました。まあ、とりあえず蓋は出来ましたので、ゴミが溜まることはないでしょう。
画像











もちろん、湯船の清掃(海苔とり)もバッチリ行いました。
画像











これでまた、皆さん気持ちよく温泉を楽しめることでしょう。真冬の寒い日でもここの海中温泉は暖かい温泉が湧き出て、体を暖めてくれます。この温泉でゆっくりと浸かれた日は、よく眠れるし、夜中にトイレに起きなくて済むんですよ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年01月22日 10:29
おはようございます。毎回のことながら、今回も寒い中、ご苦労様です、そしてありがとうございます。
皆さんのチ-ムワ-クで手際よくされているのですね。しかし、恐るべし波の力、自然の破壊力ですね。
屋久島ジージ
2011年01月22日 14:45
この湯上り用の壷が壊れたのは数十年ぶりとききました。それだけ頑丈に作ってあったのですがね、波の力は侮れませんね、行き当たりばったりさん。