ナニワイバラ物語 その6

このナニワイバラ物語も今回が最後です。
4月10日に満開(と私は考える)を向かえた我が家の東側にあるナニワイバラ、その後5日間ほど頑張ってくれました。
何しろ、こんなにいっぱい咲いたのは初めてだったので、本当に大感激でした。

これは4月12日の様子です。まだまだ満開が続いています。
画像

画像







この日は晴天、空の青さに白いバラが素晴らしく映えていました。
画像







満開が過ぎ、少しずつ花びらを散らす花が目立ってきました。
画像

画像








同じ4月12日、遅れて咲いた北側はちょうど満開になったようでした。
高い所から垂れ下がった姿がきれいです。
画像

画像









南側から花越しに北側を見ると、花の間からお山が見えます。良い景色です(^^)
画像









4月13日、益々散った花が目立ってきました。健気な事に、散った後もガクと雄しべ雌しべが残って、花のように見せています。
画像

画像









道路には散った花びらが風に舞っていました。楽しませてくれたナニワイバラの終焉です。
画像







それでは、最後にもう一度北側に枝垂れている花をお見せして終わりにします。これは4月13日に撮影したものです。
画像








4月1日から2週間以上に渡って楽しませてくれた我が家のナニワイバラ、もう少し寿命が長かったらな~と思うけど、その短さがまた良いのかもしれませんね。日本人が好きなあの桜の花のように。
また来年のお楽しみ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

やっさん
2011年04月19日 06:58
全6巻の浪花いばらの写真と文章ありがとうございます。我が家の花瓶の浪花いばらで挿し木をします。
この写真のようになるには5~6年はかかるでしょう。
花が咲く72歳まで活きています。
2011年04月19日 07:51
おはようございます。数えたら、何この花になるでしょう??数え切れないですね。
まわりの景色にマッチした写真です。生き生きしたお花、空気のきれいなことがわかります。
屋久島ジージ
2011年04月19日 09:38
挿し木がうまくいくと良いですね、やっさん。
5年後を楽しみにしています(^^)
屋久島ジージ
2011年04月19日 09:42
行き当たりばったりさん、6回も同じ題材で失礼しました。屋久島に来て花でこんなに感激したのは、最初のパッションフルーツの花、去年の宮之浦岳のヤクシマシャクナゲ、そして今回のナニワイバラです。
2011年04月19日 23:15
私もジージさんと同じ感想を持ちましたよ。
ソメイヨシノが咲かないと言う屋久島ではこのナニワイバラが
ジージさん宅ではこれからサクラの代わりになるのかもしれないと。
また、来年も見せてくださいね。
屋久島ジージ
2011年04月20日 08:41
そうですねスイミーさん、これが毎年咲いてくれたらお花見もできますし、桜の代わりになりますね(^^)