ここは屋久島

アクセスカウンタ

zoom RSS 白い撫子(なでしこ)

<<   作成日時 : 2011/07/25 06:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

女子サッカー「撫子ジャパン」がワールドカップに優勝し、「なでしこ」という単語が乱れ飛んでいる。確かに、ワールドカップでの優勝と言う事はすごい事で、サッカーの世界ではオリンピックの金メダル以上の価値があるようだ。
朝早くに起きて、アメリカとの決勝戦では久しぶりに興奮させられた。手に汗を握る試合でもあり、神がかり的な勝利でもあった。
その後、TVを見ていたら、今の若い人は「撫子」を知らない人が多い。まさかと思ったが「なでしこ」が花の名前である事さえ知らず、「何のことですか?」と聞き返す若者もいたくらいだ。昔はあっちこっちに薄ピンクの撫子が咲いていた。いわゆる河原撫子であり、別名大和撫子とも言う。秋の七草の一つでもある。今はもう秋の七草も若者には伝わっていないのだろうか。そういう私でも直ぐに秋の七草を全部諳んじろと言われると困るが(笑)

かあさんに家の庭に撫子はないかと聞くと、白いのならあると言う。そこで南側の花壇の中に咲いている撫子を見つけ、写真に撮った。
画像







すでに盛りは過ぎているようだが、数輪の白い5弁花が咲いていた。園芸種かもしれないが、5弁の花びらの先っぽがふわふわしていて大和撫子の容貌は残されている。
画像

画像







アップで撮ってもかっこいい花である。
画像





「なでしこ」という単語はこれからツナミ(津波)と同じように世界共通語になるかもしれません。
何でも世界一になるという事は大変なことである。今回の快挙で「なでしこ」という単語が一躍脚光を浴びることになった。
「撫子ジャパン」バンザイ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うちの庭にもピンクや白のたくさんのカワラナデシコが
咲いていましたよ。
ちょうど決勝戦の前ぐらいまで・・・

「なでしこジャパン」は大和撫子と呼ぶにはかなり逞しい
面々ですが、現代は女性も逞しいと言うお手本でしょうか。
スイミー
2011/07/26 01:06
本当に女性は逞しくなりましたね、スイミーさん。それにひきかえ、男性は・・・(笑)

屋久島ジージ
2011/07/26 07:44
今晩は。白いナデシコ、屋久島にもナデシコあるのですね。シャ−プなお花と感じます。
しかし、なでしこもわからないなんて、世の中どうなっているのでしょう。親が悪いのか、教育が悪いのか、世の中が悪いのか--。
知的欲求がないのでしょうか?
困りましたねぇ。
行き当たりばったり
2011/07/27 22:35
まったくですね、行き当たりばったりさん。自然と親しむ機会が減ったことも原因の一つでしょうか。
だとすると、なでしこを知らないことよりも情操感覚が心配になってきますね。
屋久島ジージ
2011/07/28 06:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
白い撫子(なでしこ) ここは屋久島/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる