幸志郎が海中温泉デビュー

屋久島にやってきた幸志郎、元旦の日に平内海中温泉でデビューしました。
孫の幸志郎は2歳半になりました。私から見ると、どうも甘えん坊のようで何か気に入らない事があると直ぐに泣く。泣くのが商売の赤ん坊とはいえ、ちょっと泣きすぎの感がある。
元旦の夕方、幸志郎を連れて平内海中温泉に行った。帰省客や一般の観光客で海中温泉は賑わっていた。幸志郎を裸にして温泉に入れたが、完全に固まってしまった。周りが知らない人だらけで、不安そうな顔だった。
そこで、皆の入っている大きなお風呂ではなく、通称「美人の湯」と呼んでいる一人風呂に私が抱っこして入れてみた。狭いお風呂で私と二人だけ、傍では娘(幸志郎のママ)やかあさんが見守っているので、ようやく落ち着いたようだ。
それでも、この写真を見ると表情はまだコチコチだ(笑)
幸志郎もようやく海中温泉でデビューできた。
画像










他にも子供たちが来ていたが、みんな風呂の中でワイワイガヤガヤ大騒ぎ、中には泳いでいる子もいた。毎年暮れから正月にかけて海中温泉は帰省客(島の人の子供や孫たち)で賑わうのだ。
幸志郎も早く打ち解けると良いのだが、人見知りが激しいようだ。
画像










思い起こせば、幸志郎の母である私の娘も小さい頃、他人の顔を見ると泣いていたのだった。そんな性格まで遺伝するのだろうか。
当の本人はとうの昔にそんな事は忘れているに違いない。
足湯につかりながら私と一緒に温泉に浸かる幸志郎を眺めていた。
画像








都会育ちの幸志郎に海中温泉はワイルドすぎるようだ。
まあ、あと2、3年すれば男の子らしく走り回ることだろうが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年01月03日 10:02
おはようございます。温泉デビュ-ですか。
男と男の付き合い。というか、爺ちゃんんと孫さんの2ショット。それが温泉の中。これは永久保存版ですね。ワイルドになるのはこれからでいいでしょう。
雪のない露天風呂、いい風景ですね。
屋久島ジージ
2012年01月03日 10:17
雪の露天風呂のほうが情緒がありますが、ここは屋久島、望むべくもありませんね、行き当たりばったりさん。
この孫がワイルドな男の子になるころ、果たして私の体は動くでしょうかね(笑)