海中温泉に居付いたアオサギ

去年の暮れから海中温泉に行くとこのアオサギを見かけるようになった。その後、行くたびに毎回見かける。まるで海中温泉に居付いてしまったかのように。
こっちはたった1羽で寂しくないのかと思うのだが、よっぽどこの場所が気に入ってしまったようだ。
いつもは、温泉の先にある磯の岩に止まり、遠くを眺めている。
画像










実は海中温泉の傍には小さな川が流れだしているのだ。このアオサギはその川にいる小さな小魚が目当てのようだ。
夜になると、温泉から数十メートル先の川にかかった橋の下に移動して過ごしらしい。
画像









このアオサギ、当分はここを自分のテリトリーにするつもりらしい。
海中温泉にはもう1羽イソヒヨドリも住みついているのだが、最近見かけない。アオサギの方がはるかに大きいので恐れをなして姿を隠しているのだろう。
鳥の世界も生存競争は厳しそうだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年01月07日 22:09
今晩は。小川をめぐる争いですね。魚がいっぱいいればいいのでしょうが---。このサイズですから、たくさん食べるのでしょうね。人間はサイズに関係なくあれば食べられますが(笑)
スイミー
2012年01月08日 00:43
今年も宜しくお願いします。
このアオサギ、シルエットを見る限りでは何だか
寂しそうですね。
近くには仲間もいるのでしょうか?伴侶を見つけられると良いですね。
屋久島ジージ
2012年01月08日 07:29
まったく、人間ほど無駄に食べる動物はいませんよね、行き当たりばったりさん。正月といえば飲んだり食ったりの繰り返し、いけませんね(笑)
屋久島ジージ
2012年01月08日 07:31
スイミーさん、今年も宜しくお願いいたします。
そうですか、寂しそうですか。近くで仲間は見かけません。失恋でもして心の傷を癒やしているのかもしれませんね(笑)