学童保育の遠足

3月26日(月)、尾之間の「ぱからさん」に学童保育の子供たちが遠足にやってきた。娯楽の少ないこの島では、遠足と言っても電車に乗っていくような遠くに行くわけではない。「ぱからさん」はそんな屋久島の中で子供たちがお馬さんと遊べる楽しい場所なのだ。
この日は30人の小学校の子供たちがやってきた。そこで、私たち夫婦の他やっさん夫婦と南の島の素人大工さんがお手伝いをさせてもらった。
午前10時、子供たちが車に分乗してやってきた。
画像

画像












まずは全員でご挨拶。
画像












そしてこの後、子供たちは1人1人お馬さんに乗せてもらって、馬場を3周、みんな楽しそうだった。初めての子もいれば、もう5回目だと言う子もいた。毎年ここにやってきては、お馬さんと遊べるのだ。
画像












この日はお馬さんのご機嫌がイマイチで、引き手も一苦労でした。
やっさんも一生懸命に引くが、お馬さんがなかなか言う事を聞きません。
画像












もう一頭のお馬さんもこの日はなかなか動いてくれません。飼い主が引いても簡単には動きません。
画像

画像












それでも何とか全員を乗せ終わり、お馬さんも解放されました。子供たちがご褒美の餌を与えると、お馬さんのご機嫌も治り、柵の傍に寄ってきました。げんきんなものです(笑)
画像












この日は出番の無かったポニーのさくらちゃんも、餌につられて出てきました。小型だから、子供たちには大人気でした。
画像












こうして、無事に学童保育の遠足は終わりました。この「ぱからさん」には島中の保育園、幼稚園や小学校から子供たちが毎年遠足などでやってきます。
ここは、屋久島の子供たちの憧れの場所なのですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年04月01日 13:57
こんにちは。恒例の子供たちの遠足。お手伝いも慣れたものですね。そういえば、奥様の乗馬の練習は卒業でしたっけ?
馬さんも日によって機嫌に変化があるようで。
そして食べものにつられるのは人と同じですね(笑)
屋久島ジージ
2012年04月01日 20:50
そう言えば最近乗馬をやってないですね。行き当たりばったりさんのおっしゃるように卒業したのか、それとも怖くなって止めたのか定かではありませんがね(笑)