奇跡的に見られた金環食

5月21日は日本中が金環食一色、日本列島の太平洋側ではほとんどの地域で金環食が見られたようだ。
南九州地域は日本で金環食が最初(午前7時20分)に見られるということで、屋久島でも期待している人が多かった。
そんな中で、南九州方面は朝から厚い雲が覆い、東風も強い最悪の条件となってしまった。
私が住む屋久島南部でも朝6時ごろは雨が拭き付ける悪天候で「こりゃ、金環食は無理だな」と判断せざるを得なかった。
ところが7時を過ぎたあたり、それまで真っ黒だった東の空にところどころ青い空が見られるようになった。
そして、金環食が起こる7時20分ごろ、東の空に太陽が出てきた。そう、奇跡が起きた!
慌てて2階に登る。東側の窓を開けた。眩しい!
皆既日食と違い、太陽が完全に月で隠れず周りから光が漏れるのでまともに見られない。いや、見ては行けない。日食網膜症になってしまう。
日食グラスを用意するのを忘れてしまったので、そのままカメラを向け撮影した。
このタイミングは完全な金環食のはずなのだが、残念ながら輪は撮れていない。しかし、よく考えてみると、普通の状態の対湯であれば、このように丸い太陽の形が写真に写る事はないのだから、やっぱり金環食なのだろう。
肉眼では一瞬見て、金環食の残像を目に焼き付け、暫く休みまた一瞬見てはイメージを残した。確かに金環が見えた。
画像











この写真なんかよく見ると、太陽の周りがかすかに白く見えている。明らかに金環食なのだ。
画像

画像

画像












屋久島の金環食がほぼ終わり、下に降りてTVを付けたら、本土の金環食の模様を写していた。なるほど、フィルターを通すとこんなに風に見れるのだ。
画像











ちなみに、かあさんはこの時間豆太の散歩に出かけていたのだが、途中で金環食となり、ご近所さんから日食グラスをお借りしてバッチリ金環食を堪能したとのこと。大変嬉しそうであった。
2009年の皆既日食のとき、屋久島では期待されたのだが全く見る事が出来なかったが、今回の金環食は奇跡的にその時間帯だけ見られる事が出来た。まさに神のなせる業であったかのようだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2012年05月22日 07:43
おはようございます。フィルタ-なしの金環日食もいいものです。というか、不思議なものです(笑)
奇跡、おこるのですね。地域のみなさん全員が奇跡にあったようですね。
屋久島ジージ
2012年05月22日 10:33
いや~、本当に驚きましたよ行き当たりばったりさん。直前まで雨で、金環食が終わったらまた雨ですからね。奇跡としか言いようがありません。
この瞬間を見たということは、一生の思い出になるでしょうね。
さくら
2012年05月23日 23:46
私も金環日食を観測しました。

専用のメガネが売り切れて手に入らなかったのですが雲がかかったお陰で肉眼での観測が行えました。

綺麗でしたね!
屋久島ジージ
2012年05月24日 06:30
そうですか、金環日食が見られて良かったですね、さくらさん。