入道雲の形


ここのところの屋久島の天気は、晴れたり、曇ったり、雨が降ったりと何でも有りの天気が続いています。まあ、これが一番屋久島らしい天気とも言えますがね。
気温的にも本土や北海道が35℃などと報道されているのに比べると、30℃そこそこですから凌ぎやすいです。温度が32℃程度に上がることもありますが、雨が降ると直ぐに下がってくれます。特に夜中に雨が降る事が多いので、寝やすいです。
家の前の空を眺めると、こんな天気を象徴するように巨大な入道雲(積乱雲)が広がっていることが多いです。地上と上空の温度差が激しいのでしょうね。
画像

画像











下の方ほど黒ずんでいて、今にも雨を降らしそうな様相です。
雷も度々あります。その度に停電の心配をしなければならないのが屋久島生活の困ったところです。
画像













屋久島は風も強いため、雲の形も刻々と変化していく。
じーっと見ていると、何かの形に見えてくるから不思議だ。何に見えるかはきっと個人によって違うと思う。
この雲私にはゴジラが火を吹いているところに見えました(笑)
画像

画像

画像










昔、子供のころ天井にいっぱいある節穴を見ていて、勝手に色々なものに想像して怖がったりしたことありませんか。
雲の形も色々想像できますが、不思議と怖くはなりませんよね。やっぱり、室内と屋外の違いでしょうかね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年08月24日 08:14
おはようございます。見上げる空一面が雲あり晴れ間あり。--。それに吸い込まれそうですね・あの黒くもの上に乗ってみたいと持ったことも一度ではありませんでしたね。
科学の本などで、しっかり解説してあるので気象についても、興味が惹かれます。
やっさん
2012年08月24日 09:50
八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣作る その八重垣を  の歌を思い出し、じーじさんの心境の歌かなと思いました。
屋久島ジージ
2012年08月24日 16:48
そうですね、雲に乗ってみたいという思いは子供心に持っていましたよね、行き当たりばったりさん。
不可能分かっていても、じーっと見ていると可能なように思えてくるから不思議ですね。
屋久島ジージ
2012年08月24日 16:55
やっさん、古事記にも詳しいのですね、感心、感心
(笑)
出雲の国に行くと、こんな何重にも重なった雲がいつも見られるのでしょうかね。屋久島のほうが多いのではないでしょうか。