海中温泉の秋は夕日


久しぶりに平内海中温泉に行く。9月の後半から今まで、台風の影響で波やウネリが高く、温泉に入れない日が暫く続いていた。
秋に入ってからの海中温泉の楽しみの一つは海に沈む夕日を眺めることである。夏は日が長く、夕日は山側まで入ってから沈むが、秋から冬は日が短くなり、夕日は海に沈む。
何度見ても飽きない光景である。
画像

画像











特に秋は空気が乾燥していて、夕日が美しく映る。海中温泉にゆっくりと浸かりながら夕日を眺める時間は至宝のひと時である。屋久島に住んで良かったなとつくずく思える時でもある。
画像

画像











少しずつ沈んでいるように見える夕日が、最後は一気に海に落ちていく。
画像











やがて、西の空は真っ赤に燃えるのである。
画像











夕方の時間帯に海中温泉に入れないときは、他の温泉に行くが、やっぱりこの温泉が最高である。
お湯の熱さ加減と周りの景色、どれをとってもこの上ない温泉である。
ここの温泉にゆっくりと入れた日、夜中にトイレに起きないのは温泉効果で体中が温まっているせいであろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年10月31日 07:49
おはようございます。しばらくぶりの海中温泉の登場ですね。体が温まる、しかも海、空を眺めながら--。ある意味、これも贅沢ですね(笑)
確かに、芯まで温まり、ぐっすり眠れるのが夜起きなくて済む効果になるのでしょうね。
屋久島ジージ
2012年10月31日 12:53
やっぱり温泉はのんびり、ゆっくりと浸かりたいものですよね、行き当たりばったりさん。
秋の海中温泉はまさにこの条件を100%満たしてくれます。