紫式部(ムラサキシキブ)の実


紫式部といっても源氏物語の話ではない。私にそのような高尚な趣味はないのである(笑)
屋久島の我が家、家の東側、雑木林の斜面に今紫色の実をいっぱい生らせている木がある。
おそらくムラサキシキブの仲間であろう。
写真右側にその木が生えている。
画像










虫にやられたのか葉っぱは悲惨な状態、穴だらけである。もっとも、ムラサキシキブは落葉樹とのことなので、寒くなって葉は落ちる運命にあるようだ。
画像

画像











名前の通り実は綺麗な紫色である。屋久島の雑木林ではよく見られる。
画像










このムラサキシキブの実は食べられないが、色が鮮やかなので見るに値する。小鳥たちはこの実を食するのだろうか。所々実がとれているところが見受けられる。
食べた鳥は紫色になるのだろうか(笑)
画像









誰が名付けたかムラサキシキブ、かの紫式部とはまったく関係が無い。名前の由来は、きっとその実の色からきているのだろう。

この記事へのコメント