サラダの友、ナスタチウム


庭の端っこでナスタチウムの花が咲いています。屋久島南部の地元の方に頂いたものを植え込んだら、増えて毎年芽を出して花を咲かせてくれます。
我が家で咲いているのは橙色のナスタチウムのみです。園芸種ではないのであまりカラフルではありません。
丸い葉っぱと、花は我が家では朝食時サラダに入れて食べたりします。
画像












庭の隅で他の草花と一緒に咲いています。
いつの間にか芽を出し、いつの間にか花を咲かせます。冬には全く姿を消しどこにあるのかさえ分からなくなります。
画像

画像

画像












そんなナスタチウムですが、食べても全くくせがありません。だからサラダに混ぜても違和感はありませんね。ドレッシングの味そのままで食べられます。
ナスタチウムもかあさん得意のハーブの一種ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年04月03日 21:17
今晩は。こちらでナスタチウムといえば、すぐに虫や病気にやられて、サラダに使うなんてのは、夢のまた夢、ということになってます。いくらでも収穫できるとはうらやましい限りです。そちらに住めば、ベジタリアンに、なれるかもしれません。
屋久島ジージ
2013年04月04日 06:44
そうですか、それは残念ですね、行き当たりばったりさん。
最近私は毎朝サラダを食べています。でもベジタリアンではありませんよ(笑)