犬小屋に入る犬と入らない犬


ここのところ雨模様の日が多くなってきた屋久島、沖縄や奄美が既に梅雨入りしているので、屋久島の梅雨入りの近いことでしょう。
画像












我が家には2頭の犬がいます。
以前から居る柴犬の雑種でオス3才の「豆太」と、3月に千葉からやってきた甲斐犬の雑種でメス9才の「チョロ」である。
この2頭、かなり性格が違う。もちろん犬種が違うので風貌が違うのはもちろんだが、性質も全然違っています。
雨が降った日は芝生に降りられず、ベランダでじっとしていることが多い。ベランダの西側と南側に分けて繋いでいるのですが、その過ごし方が面白いのです。

「豆太」は本当にマイペース、ほぼ1日中ベランダの上で昼寝を貪ります。この広いベランダを独り占めです。
画像












一応犬小屋も用意してあるのですが入ることはまずありません。犬小屋に敷いてあげた毛布も引き出してしまい、外で寝ています。何故でしょかね。
もしかしたら閉所恐怖症?ですかね(笑)
画像












一方の「チョロ」は雨が降るとじーっと小屋の中にいてほとんど出てきません。晴れるとベランダで日向ぼっこをするのですが、雨の日は1日中ご覧のとおりです。色が黒いので居るのか居ないのか分かりませんね(笑)
「豆太」と違い、囲まれていたほうが安心するようですね。
この日は小屋の位置を西側から南側に移し、少しだけ「豆太」に近付けました。
画像

画像











メスの「チョロ」は人懐っこい性格で、散歩の途中などでも人に出会うと尻尾を振って近付いていきます。オスの「豆太」は常にマイペース、私から見ると自分勝手に思えてしまいます。
今のところどっちがボス権を握ったのかは不明です。何故かと言うと「チョロ」は滅多なことでは怒らないからです。大概のことは「豆太」に譲ります。それでも「豆太」があまりしつこいと、一声「ワン」と言って叱りつけます。やっぱり大人なんですね。
私とかあさんはどうしても9才にもなって屋久島に移住してきた「チョロ」が不憫で可愛がってしまいます。「豆太」にはそれが不満なのかもしれませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2013年05月20日 06:52
おはようございます。それぞれ性格が違うのは当然ですが、協調する必要はないのでしょうね。
やはり、紆余曲折があって遠く屋久島に来た「チョロ」ちゃんが気になるのでしょう。

屋久島ジージ
2013年05月20日 08:45
どうしても「チョロ」が気になってしまいます。
えこひいきなんですかね、行き当たりばったりさん。
でも、「豆太」も可愛いですよ(^^)