アメリカデイゴ(カイコウズ)


今、屋久島南部では真紅で目立つ花をたまに見掛けます。
アメリカデイゴ(カイコウズ)です。マメ科の落葉樹で、一般的にはアメリカデイゴと呼ばれますが、この花は鹿児島県の花(県花)となっていて、鹿児島県では和名のカイコウズと呼ぶことが多いようです。
画像











これは我が家から農道に出たところに咲いているアメリカデイゴですが、本当に真っ赤な花です。
画像










咲き終わったアメリカデイゴの花弁が農道を落ちていました。
画像










調べたら沖縄の県花は「デイゴ」だそうです。鹿児島の県花が「アメリカデイゴ」ですから、南九州から沖縄はデイゴだらけなのでしょうね(笑)
そのわりに同じ鹿児島県の屋久島でアメリカデイゴは少ないような気がします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

スイミー
2013年05月23日 23:28
さすが南の方ですね。県花まで南国めいています。
富山県の県花はチューリップだそうです。
これもなんとなく西洋めいて、ピンときません。
和の花がいいです。
屋久島ジージ
2013年05月24日 05:08
「チューリップと言えば富山」と言われるほど富山のチューリップは有名ですからね、スイミーさん。他の花ではいけません(笑)
2013年05月24日 06:33
おはようございます。たしか、育つとかなりの大木になるはずですね。初めて見たときはビックリしました。
鹿児島県の花ということは、かなりの広い範囲で野生花として咲いているのでしょう。
やはり南国。
屋久島ジージ
2013年05月24日 21:07
そんなに大木になるんですね、知りませんでしたよ行き当たりばったりさん。
鹿児島県は離島が多いので、本当に広範囲になりますよね。