シャクナゲを求めて投石平へ(その2)


投石平(ナゲシダイラ)への道は続きます。
「淀川歩道橋」を渡ると、いよいよ本格的な登山道に入ります。いきなり急激な登り勾配です。
画像











面白い形をした杉の木が現れました。両手を高く挙げているようです。
画像











急勾配も終わりやや緩い登りに入りました。全員頑張っています。
画像

画像











白骨樹です。写っている葉は着生した他の植物の葉っぱです。
画像













そしてここまで1度も見られなかったシャクナゲの花をようやく見つけました。ここら辺りの標高はおそらく1400mほどかと思います。
3年前に来たときはあっちもこっちもシャクナゲの花だらけだったのですが、今年はどうしたことでしょうか。1週間早いだけでこんなに違うのでしょうか。いや、今年は開花が少し遅れているようですね。
画像

画像

画像

画像











もう少し歩きます。
途中、通称「豆腐岩」と呼ばれる高盤岳が見られる絶景スポットに寄ります。
画像











奇岩と言ってお仕舞いにしてしまうには余りにも可哀想な面白い岩です。
遠見からだんだんズームアップしてみました。どうしtらこんな岩が山の天辺に置かれるのでしょうかね。
画像

画像

画像

画像











かなり登ってきました。標高は1500m以上でしょうか。周りが開けてきました。
山の稜線が見渡せます。どの山にも奇岩があります。やはり屋久島の山は変わっています。
画像

画像

画像

画像












所々シャクナゲが見られるようになってきました。開けた場所のほうが日照時間が長いから高度が高くても先に咲くのでしょうかね。
画像

画像












さて、今日はここまで。
次回は日本最南端の泥炭湿原である花之江河(ハナノエゴウ)などをご紹介します。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2013年05月27日 06:42
おはようございます。最初の急なのぼり、こういうところは辛いです。はぁはぁゆっくり、キリがあると思って登るしかないです。
実際は、他にも登るグル-プは沢山あるのでしょうか?
時期だから、シャクナゲを見たい人も多いでしょう??
屋久島ジージ
2013年05月27日 08:13
時期がちょっと早かったのと、平日だったこともあって登山者の数は比較的少なかったですよ、行き当たりばったりさん。途中で行き交った人はそれほど多くありませんでしたからね。
でも、土曜、日曜はもっと混雑するでしょうね。