ドラゴンフルーツの実が出来た


庭のパッションフルーツの木の下でドラゴンフルーツの実が1個だけだが結実した。
7月18日の記事に書いたドラゴンフルーツの花、あれからほぼ1ヶ月上手く受粉出来て結実したのだ。
花の下がだんだん膨らんできて実らしくなってきた。
写真左下に先っぽがピンク色になった実が見える。
画像








ここまでくればもう落ちてしまうことはないだろう。
これから少しずつ膨らみを増し、色ももっともっと赤くなるはずだ。
画像

画像








見ると他にも3個ほど蕾が出来ていた。これもまた上手く受粉できれば実を生らせることが出来る。
画像

画像








中に一つだけ非常に小さな蕾がある。残念だがこれはおそらく花がさく前に落花してしまうことだろう。
画像








屋久島ではこれからドラゴンフルーツが市場に出回る。一般には割ったときに真っ赤なものと白いものの2種類がある。特別に美味しいものではないかもしれないが、珍しくて南国らしい食べ物なので贈り物として珍重されている。

この記事へのコメント

2013年08月12日 07:31
おはようございます。いよいよ実りの時期。ぐんぐん大きくなって収穫まで、がんばってほしいです。しかし、ここまで来るのに1か月もかかるのですね。
屋久島ジージ
2013年08月12日 08:56
そうですね、ドラゴンフルーツは約1ヶ月かかります。でもちゃんと管理していれば次々と花が咲き実を生らせてくれますから、1ヶ月間は収穫が楽しめるんですよ、行き当たりばったりさん。