奇妙なモンステラの花


モンステラは屋久島ではポピュラーな植物で、大概の家には1本や2本は植えてある。
我が家でも庭の隅にモンステラを植えてある。そのモンステラに花が咲いた。花と言っても普通の形ではなく奇妙な形をしている。水芭蕉がこんな感じかもしれない。
写真中央白いものがモンステラの花である。下を向いてしまっている。
画像

画像








下を向いてしまっているので、手で持って中を見てみましょう。
中には長い棒状のものが見られます。
画像

画像








この棒状の部分がいずれ実になります。実になると緑色になります。
画像








これは昨年実になったものです。これで約10ヶ月程度経過していますがまだ熟してはいません。
画像








塾してくるとこのウロコのような部分がボロボロになってきて剥がし易くなり、中の果肉がチョー甘くなってきます。
画像








モンステラの実は熟すのに1年以上かかります。この実は年末から年明けあたりに熟すと思っています。
モンステラの実はあまり島の外に出ることはなく、島の中で食されているようです。観光客などに振る舞うと珍しいといって喜ばれたりします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2013年10月19日 07:14
おはようございます。モンステラ、年に数回登場する、不思議な実、甘いと。なるほど、ス-パ-などでは見られません。一年以上かかるのですから、商売になりませんね。屋久島の自家用果物?野菜?
屋久島ジージ
2013年10月19日 09:39
いや、野菜と言うよりはやっぱり果物でしょうかね。
私も屋久島に来てから生まれて初めて食した食べ物ですから、本土の方は食べたことが無いのが当たり前でしょうね、行き当たりばったりさん。