タンカンの第一陣が届く


2月に入り屋久島南部では通称「タンカン千切り(チギリ)」と呼ばれるタンカンの収穫が始まった。今年は通年より早めである。
毎年2月には家族、友人、知人にタンカンを箱詰めにして送るのが私たち夫婦の習慣となっている。以前は我が家の畑でもタンカンの木がたくさんあり、そこで千切ったタンカンを送っていたのだが、今はタンカンの木も3本になってしまい、新たに植えた苗木はまだ幼木で多くの実は生らない。とても全員に送る量は我が家のタンカンだけでは確保できない。そこでここ何年かはタンカン農家の方から分けてもらっている。
その第一陣が届けられた。
今年のタンカンはやや小ぶりである。聞くと昨年の10月~12月あたり、タンカンの実が成長する時に雨量が少なかったのが原因らしい。
画像







今回届いたのは全部で11キャリー。キャリーとはタンカンを収穫して入れて運ぶための黄色い箱のことで、一つのキャリーで通常20kgのタンカンを運ぶ。
11キャリーなので有に200kg以上はある。
画像

画像







タンカンの実を見ると小ぶりだが艶もあって美味しそう(^^)
画像

画像







この第一陣に加えて我が家のタンカンも追加しなければならない。近日中に我が家のタンカンも千切らなければならない。
ついこの前までは遅採りのポンカンをいただいていた。しかしこれからはやはりタンカンが主役になるのである。
タンカンはポンカンと違い皮を剥くのが難しく嫌がる人もいるが、外皮が付いたまま2つか4つに手で切り分けてから皮を剥くのがコツである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年02月11日 09:15
おはようございます。素敵な橙色です。かなりの量ですね。送られるそれぞれの方が、屋久島の香りを味わうことになるのですね。春そのものではないですか!!
屋久島ジージ
2014年02月11日 09:54
家族や友人たちにタンカンを送るのは恒例になってしまいましたので、屋久島に住んでいる間は止められないですね。楽しみの一つでもありますがね。
年に一度の大仕事になりますよ、行き当たりばったりさん。
nenek
2014年02月11日 11:40
おはようございます。
タンカンは昔から何度か食べていましたが、タンカンは多分食べたこと無いと思います(^.^)
去年屋久島に行った時に泊まった『森のフェアリー』でジュースと朝食のジャムで食べました。
やはり生のタンカンが、食べてみたいです。
またまた、やっさんにお願いしてしまいました(^^)/
屋久島ジージ
2014年02月11日 15:06
屋久島のタンカンは甘くて濃くて美味しいですよ、nenekさん。やっさんが扱っているのは在来種と言って昔から屋久島で育てられているタンカンで小ぶりですがとっても甘いですよ。皮を剥くのがちょっと大変かもしれませんね。タンカンを外から手で2つに裂いてから皮を剥くと良いですよ。
nenek
2014年02月11日 15:22
あっ!
タンカン×タンカンになっていました。
ポンカンの間違いでした(^^;)
タンカン楽しみです。
じいさん99
2014年02月18日 21:33
夜型人間はこの時間帯は元気です。その代り朝は起きれません。この暮らしは死ぬまで変わりません。

たんかんの記事に触発され、屋久島のたんかんを注文しました。ネットでいろいろ比較し、懐具合(最大の都合)で“それなり”のものにしました。
どんなものが届くのやら・・・

先月下旬に、沖縄の海の駅/道の駅で売られているものを見ましたが、小さくて色が薄いので手を出しませんでした。
帰って来てから、しまった、味見くらいすればよかったと。


屋久島ジージ
2014年02月19日 06:30
タンカンは沖縄や奄美そして鹿児島でもつくられているようですね。
”それなり”のものが美味しいと良いですね、じいさん。
きっと沖縄で売られていたものよりは屋久島産の方が美味しいと思いますよ。