クレマチスがいっぱい


3月23日の記事で1輪だけ咲いたクレマチスをご紹介しましたが、その後どんどん花が増えました。植木鉢で育てている園芸種ですが、大きく分けて2色の花が咲いています。
花が大柄なので派手ですね。
低いところに咲いているピンクと青がクレマチス、垣根はハイビスカスそして向こうの空き地に咲いているピンクがワトソニア、まるで自分が一番だと競っているかのようです。
画像






近付いてみましょう。
赤と青の2色、見事な色です。
画像

画像

画像






まあ、このクレマチスはこれが全盛なので、この後は散るのみです。
心配なのは毎年この時期に垣根の下で咲いてくれる露地植えのクレマチス(テッセン)がまだ咲かないことです。何故でしょかね。
そのうちに咲くでしょうね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2014年04月24日 07:17
おはようございます。クレマチスらしいクレマチスです。元気いっぱいというところでしょうか。大きな蕾が膨らんで、そして開花する。たまりません(笑)季節に先行するように咲くお花、日本の季節を、先に引っ張っているようです。
屋久島ジージ
2014年04月24日 09:20
確かに豪華な花ですよね、行き当たりばったりさん。季節を引っ張っているとは面白い表現ですね(^^)
nenek
2014年04月24日 12:53
こんにちは
ギャ~源氏物語の紫の上が‥開き過ぎて怖い(^^;)
実際に見たらキレイなのでしょうね。
色んなお花を植えてみえるのですね(^.^)
屋久島ジージ
2014年04月24日 15:04
源氏物語ですか、nenekさんは想像力豊かですね(笑)